発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症スペクトラム障害と双極性障害の似ている点と異なる点

time 2021/11/06

この記事は約 7 分で読めます。

自閉症スペクトラム障害と双極性障害の似ている点と異なる点

双極性障害と自閉症スペクトラム障害は、いくつかの症状を共有しており、遺伝的原因も共有している可能性があります。
また、自閉症の人は双極性障害のリスクが高く、その逆もそうです。
しかし、この2つの障害は同じものではありません。

両者の関連性はよくわかっていませんが、医師は症状を調べて、双極性障害、自閉症、あるいはその両方であるかどうかを判断することができます。
米国では、人口の約2.8パーセントが双極性障害と診断されています。
また、自閉症スペクトラムの診断を受けている人は、アメリカ人の約1.85パーセントです。

双極性障害と自閉症は異なる診断です。
しかし、この2つは似ている点もあり、自閉症と双極性障害の両方と診断される可能性も十分にあります。

ある研究によると、自閉症の人の約7パーセントが双極性障害もかかえています。
これは一般人口の約3倍の割合です。

また、別の研究では、双極Ⅰ型障害と診断された若者の約30パーセントが、自閉症スペクトラム障害とも診断されていることがわかっています。
最近の研究では、自閉症と統合失調症や双極性障害を含むいくつかの精神疾患との間に遺伝子的なつながりがあることがわかってきており、これが症状のクロスオーバーの一部を説明していると思われます。

実際に症状がクロスオーバーしていることに加えて、重度の自閉症の人にはまったく別の原因で双極性障害の症状が現れることが多くあります。
例えば、多動性、睡眠障害、衝動性、焦燥感、イライラ感などです。
これらの症状の一部を双極性障害とすることは妥当ですが、双極性障害と自閉症の症状を区別することは非常に困難です。
自閉症の人と双極性障害の人は、時に似たような行動をとることもあるために、見分けがつかないことがあります。

s3-1 自閉症スペクトラム障害と双極性障害の似ている点と異なる点

この2つの障害の類似点と相違点は次のようになります。

  • 双極性障害は精神疾患であるのに対し、自閉症は発達障害である。
  • 自閉症と診断されるためには、早期発達期(3歳以前)に症状が現れている必要があります。
    一方、双極性障害は、いつでも症状が現れる可能性があります。(最も現れやすいのは25歳前後です)
  • 双極性障害の基準には、躁状態やうつ状態などの気分に関する問題が特に含まれていますが、自閉症の基準は気分とは関係ありません。
  • 双極性障害の人は躁と鬱の極端な気分の切り替えをすることがありますが、自閉症の人は同じようなサイクルをすることはほとんどありません。
  • 自閉症ではない双極性障害の人が、言葉の遅れや乱れ、深刻な社会的コミュニケーションの問題など、自閉症の症状を示すことはまずありません。

そして、これらの原因は次のとおりです。

・遺伝

自閉症と双極性障害は、どちらも遺伝的な関係があり、家族内で発症する可能性があります。
しかし、片方の双子が自閉症や双極性障害で、もう片方の双子がそうでないということもあります。
研究によると、同じ遺伝子のいくつかが、自閉症と双極性障害(およびその他の精神障害や発達障害)の両方に関係している可能性があります。

・妊娠中の問題

自閉症は、妊娠中に母親が特定の薬剤(バルプロ酸など)にさらされることで発症する可能性があります。
また、早産や両親の年齢が高い場合にも自閉症の可能性が高くなります(ただし、なぜこれらが危険因子になるのかは明らかではありません)。
双極性障害は、これらの問題が原因ではないようです。

・環境問題
双極性障害は、死や離婚などのストレスのかかる出来事によって引き起こされることがあります。
自閉症ではこのようなことはありません。

・脳の構造と機能
いくつかの証拠によると、自閉症や双極性障害の人の脳は、典型的な人の脳とは若干異なりますが、自閉症や双極性障害の人の間でも若干異なります。

個人差はありますが、自閉症と双極性障害の兆候や症状が似ていることがあります。
例えば、どちらの人にも次のような症状が見られます。

  • イライラする
  • 睡眠の乱れ
  • 反復行動
  • 注意力散漫、衝動性
  • 大声で、早口で、ほとんど止まらない会話
  • 攻撃的になりうる衝動性

しかし、これらの行動は、まったく異なる理由で起こるものであり、自閉症と双極性障害だけに存在する明確な症状があります。

s1-1 自閉症スペクトラム障害と双極性障害の似ている点と異なる点

自閉症のお子さんが双極性障害ではないかと懸念される場合は、医師に相談されることをお勧めしますが、次の点について留意してください。

・自閉症は周期的な障害ではありません。
自閉症は周期的な疾患ではなく、明らかな理由もなく、突然激しい気分の変化が起こることはありません。

・自閉症は、何かのきっかけで発症するものではありません。
自閉症の症状は3歳以前に現れなければならず、自閉症の症状は改善することはあっても、「消える」ということはありません。

・自閉症は、それだけで重度のうつ病や自殺願望を引き起こすことはありません。
ただし、自閉症の人も他の人と同じように、状況が憂鬱なときには憂鬱な気分になることがあります。

・自閉症の人は、発話、社会的コミュニケーション、他者のニーズや感情への気づきが中程度から極端に困難である可能性が高く、感覚的にも大きな問題を抱えていることがあります。
これらは必ずしも双極性障害の症状ではありません。

・自閉症では、”スティミング”(体を揺らす、歩き回る、つぶやくなど)がよく見られ、自己を落ち着かせるための手段となっています。
長期間一貫して見られている場合は、双極性障害とは関係ないと思われます。

自閉症は、一般的に幼児期に診断されますが、非常に高機能な人は10代や大人になってから診断されることもあります。
自閉症は、生物学的なマーカーがないため、一般的には観察や特定のテストやアンケートによって診断されます。診断の際には次のことがポイントとなります。

  • 自閉症に典型的な行動上の違い(動揺、目を合わせない、など
  • 言葉の遅れ、またはエコーラリア(同じフレーズを繰り返す、テレビや映画を「エコー」する)などの特異性
  • 感覚障害
  • 社会性やコミュニケーションの遅れや障害

双極性障害が幼児に診断されることはほとんどありません。
診断のプロセスは、身体検査と、気分の落ち込みの原因となる甲状腺の問題など、他の問題を除外するための臨床検査から始まることが多いです。
自閉症のように、双極性障害には生物学的マーカーがないため、身体検査では他の問題を除外することしかできません。

自閉症の治療には、医薬品を使用する場合と使用しない場合があります。
一般的に、自閉症の治療には、応用行動分析法、発達療法、遊戯療法、言語療法、社会技能訓練などの治療法が用いられます。
医薬品を使用する場合は、抗不安薬や第二世代の抗精神病薬などがよく使われます。

双極性障害の治療には、リチウムなどの特定の気分安定薬が使われることが多くなっています。
また、第二世代の抗精神病薬や抗うつ薬が用いられることもあります。
双極性障害の人さんには、認知療法(トークセラピー)が有効な場合もあります。

s4-1 自閉症スペクトラム障害と双極性障害の似ている点と異なる点

幼い子どもが自閉症や双極性障害ではないかと心配している場合は、まず小児科を受診してください。
お子さんの症状を説明し、これらの障害の診断を受けるようにお願いしてください。
一方を他方と間違えたり、自閉症の子供の精神疾患の兆候を見逃したりしがちなので、評価を行う担当者やチームが両方の障害についてしっかりとした経験を持っていることを確認してください。

診断や治療を受けようとする成人は、以下の質問に特に注意して、症状を注意深く記録する必要があります。

  • これらの症状はいつからあるのか?
    (これらの症状はどのくらいの期間続いていますか。突然現れたのであれば、ほぼ間違いなく自閉症とは関係ありません)
  • 躁と鬱の周期的なエピソードがあったか。いつ、どのくらいの頻度で、どのくらいの期間ですか?
    (これは双極性障害を示唆しているかもしれません)。
  • 自殺願望はありますか?
    (そのような考えはどちらの障害にもありますが、双極性障害の人に現れる可能性が高いです)
  • 社会的コミュニケーションの障害、感覚障害の症状(明るい場所や大きな音が苦手など)、言葉の遅れがありますか?
    (これらの症状のいくつかは両方の障害で発生しますが、すべての症状がある場合は自閉症を示唆しているかもしれません)

まとめると、双極性障害と自閉症スペクトラム障害は同じものではありません。
双極性障害と自閉症スペクトラムは同じものではありませんが、共通する症状があり、また、遺伝的なリスク要因を共有している可能性があります。
自閉症の人は双極性障害のリスクが高く、その逆もそうです。

自閉症と双極性障害では、症状、発症年齢、診断基準、治療法などが異なります。
子どもの場合は、気になる点があれば小児科医に相談し、自閉症について適切な診断を受けてください。
大人は専門家の診断を受けてください。

(出典:米verywell health)(画像:Pixabay

うちの子のように話すことができない人はますます診断は難しいと思います。

簡単ではありませんが、適切な支援を得られるように適切な診断がされることを願います。

自閉症の診断時期が遅いほど他の障害を併発している可能性が高い

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「すごく揺れてるぞ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。