発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

ADHDと自閉症の2人の子をもつ発達障害の母親が学んだこと

time 2021/11/29

この記事は約 6 分で読めます。

ADHDと自閉症の2人の子をもつ発達障害の母親が学んだこと

母親になるということは、それなりに困難が伴います。
そして、ある人にとっては、他の人よりも直面する課題が多くなります。

ニューロダイバーシティライフコーチのダニエル・サリバンは、ADHDの6歳の娘と自閉症の8歳の息子の母親です。
ダニエルは、うつ病、不安症、そして発達障害である自閉症もかかえています。

これらの問題が診断されるのが遅かったために、ダニエルは幼少期は困難を経験してきましたが、それは今になって振り返って気付いたことです。

「うつ病、不安障害、自閉症であることは、幼い頃の私に大きな影響を与えましたが、それは振り返ってみて初めてわかったことです。
大学を卒業して自立した生活を始めるまで、私の問題は何なのかわかりませんでした。
一人暮らしを始めた最初の年、私は燃え尽きることなく週40時間の仕事をすることに苦労しました。
友人を作ることも維持することもできませんでした。
食べるのを忘れることもしばしばありました。
無気力で、やる気もありませんでした。
自分が不幸だということはわかっていましたが、何が悪いのかわかりませんでした」

他の母親と同じように、ダニエルも良い日もあれば悪い日もありました。
しかし、自分は他の人よりも苦労していると感じました。
そうした自分の問題をやる気や向上心がないだけだと考えていました。
自分はただの怠け者だと思っていました。

m3-1 ADHDと自閉症の2人の子をもつ発達障害の母親が学んだこと

NYU Langone Healthの臨床助教授であり、児童思春期心理学者であるジル・セガール博士はこう言います。

「自閉症の母親が、そうでない母親よりも難しいと報告する子育ての側面は確かにあります。
自閉症の母親は、子育てのマルチタスク化、家庭内での責任、子どもの社会化の機会の創出などに困難を感じています。
また、自閉症の母親は、母親業を孤立した経験と感じる傾向がありました。
また、母乳育児などの感覚的な経験が困難であることも影響していると考えられます」

ダニエルは、30歳で2人目の子どもを迎えるまで、燃え尽きたような気持ちになっていました。
全身の疲労に加え、うつ病や不安神経症の症状をあわせてかかえていることに気づきました。

「私の娘はサポートがより必要な赤ちゃんでした。
さらに娘が生まれた後の数週間、私の第一子である息子は重大な医学的問題に悩まされ、最終的には短期的な難聴と自閉症の診断を受けました」

ダニエルは睡眠不足で、新たに確認された息子のニーズと、ニーズの高い娘の気質を満たすのに苦労しました。
この時点では、ダニエルは自閉症についての研究、息子の療育、娘のニーズに応えることに集中していたため、自分のことを気にかける余裕はありませんでした。

セガール博士は、自閉症の母親は、子どものニーズの方が緊急性が高いように思えるときでも、自分のために時間を取り、自分のニーズを満たすことを強く勧めています。

「母親が強いストレスを感じると、自分だけでなく、子どもや家族にも影響が及びます。
配偶者、親戚、友人、専門家など、自分の支えとなる人を見つけることをお勧めします」

自閉症の母親は、子どもに関わる専門家とのコミュニケーションが難しく、自分の子育てが他人に批判されているように感じると報告しています。

「母親が最も安心できる信頼できる人を見つけて、必要なサポートを受けられるようにすることが最も重要でしょう」

ダニエルの娘が生後6カ月になったとき、ダニエルは自分の問題が激化していることに気づき、さらなる支援を求める決意をしました。

m2-1 ADHDと自閉症の2人の子をもつ発達障害の母親が学んだこと

彼女の気性はますます短くなり、ほとんどの夜を寝室に隠れて過ごすようになっていました。
刺激が強すぎて、音や光にも敏感になっていました。
息子のために自閉症について調べることに集中していた彼女は、やがて自分も自閉症であることに気がつきました。
ダニエルは、同年代の女性の中で、子供の頃に自閉症と認識されなかった人の一人です。
このことは、彼女が大人になってからもずっと悩んでいた理由を明らかにしました。

「娘が日中に離乳食を食べられるようになると、私は娘をパートタイムのデイケアに預け、セラピストを見つけ、いくつかのサポートグループに参加し、新しい主治医に予約を入れました。
その結果、不安障害とうつ病と診断されました」

彼女は毎週、時には2回、セラピーに通うようにしましたが、それが大きな変化をもたらしました。
今では、自分の感情を識別し、悲観的な感情が状況に対する「妥当な」反応なのか、それとも昼寝や食事をすべきだという意味なのかを評価できるようになりました。

自閉症の人は、そうでない人に比べて精神的な問題を抱えるリスクが高いといわれています。

「最近の比較研究では、自閉症の母親は、そうでない母親に比べて、産前・産後のうつ病などの精神疾患を併発しやすく、不安も大きいと報告されています」

そうセガール博士は言います。
ダニエルの場合、治療を受けていないと、彼女の症状が子育てに悪影響を及ぼすことは明らかでした。

「子供たちの精神的な健康状態に共感し、気づくことができました。
セラピーで学んだ、自己認識、感情調整戦略、前もって誘因に気づくことなどのスキルは、子育てに大いに役立ちました。
よりつながりのある、調和のとれた母親になることができました」

セガール博士は、自閉症の親への一番のアドバイスとして、できる限りお子さんと有意義で楽しい時間を過ごすことを挙げています。

「貴重な時間を過ごす中で、お互いの気持ちを分かち合い、愛情や感謝の気持ちを伝え、子どもが困難な状況に陥ったときには励ましたり慰めたりすることを心がけることが大切です。
相手の気持ちを認め、一緒に問題を解決することは、親子関係を協力的にし、より強固なものにするための素晴らしい方法です」

m1-1 ADHDと自閉症の2人の子をもつ発達障害の母親が学んだこと

ダニエルは、医学用語を使わずに、自分の障害について子どもたちと話す方法を見つけました。
人はそれぞれ違った脳を持っていて、脳が混乱したり、圧倒されたりすることがあるので、一息ついて軌道修正することが大切だということを家の中で話し合っています。

「また、私たちの脳は私たちを助けようと最善を尽くしていますが、いつも完璧なわけではなく、忘れ物をしたり、集中できなかったりするようなミスを犯すこともあるということもよく話しています」

ダニエルは、自分の苦悩を非常に前向きに捉えており、障害が自分を定義するものの、自分のすべてではないと感じています。
精神障害や発達障害に悩む人の多くは、その障害によって自分が定義されることを望んでいません。
しかし、実際には、苦労したこと、勝ったこと、失敗したこと、良いことも悪いこともすべてが、たとえそれが私たちの一部であったとしても、私たちを定義するものなのです。
それらは私たちのすべてではないかもしれませんが、私たちを私たちたらしめているものであり、自分のものにするべきものなのです。

「私は常に不安や憂鬱を抱えています。
それを無視していたために悪化し、何年も傷つけられました。
私は今でも、自分を傷つけるセルフトークや行動を発見しています。
あなたの苦悩を無視しないでください。
あなたの人生にそれらを統合しましょう。
彼らの声に耳を傾け、そこから学びましょう。
ネットやサポートグループ、セラピーなどで、あなたのような人を見つけてください。
あなたは一人ではありません」

(出典:米cafemom)(画像:Pixabay

困難は多いと思います。

困難が多いことを誰かと共有できれば、まず最初の一歩になるはずです。

自閉症の母親はそうでない母親に比べ産後うつになることが多い

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「行かないで、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。