発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症のストロングマンは言う。余分なハードルがあるだけだ

time 2022/01/03

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症のストロングマンは言う。余分なハードルがあるだけだ

世界最強の男、トム・ストルトマンが、自閉症との闘いについてオープンにしました。
6月にストロングマンのタイトルを獲得したこの巨漢は、5歳のときに自閉症と診断されました。

「私は恥ずかしがり屋でもなく、不器用でもなく、ただ、これが私の症状であり、これとどのように共存しているのかを知ってもらうために、もう少し声を出したいと思いました。

今でも時々苦労していますし、他の人よりも処理に時間がかかったり、新しいことに神経質になったりしています。

私は常に、発達障害などをかかえる人たちのために成功したいと願っています。

このことについてたくさん話してきたし、みんなに知ってもらいたいのは、頭にラベルが貼ってあるからといって、あなたが他の人と違うということではなく、私たちには乗り越えなければならない余分なハードルがあるだけだということです」

s3 自閉症のストロングマンは言う。余分なハードルがあるだけだ

兄のルークと一緒に出場しているこのスコットランド人は、今年の『英国最強の男』でも優勝しています。
そして彼は、自閉症であることが彼のストロングマンとしてのキャリアに役立っていると語ります。

「自閉症と診断される前、幼い頃は、私が特別な注意や助けを得ているのを、中学の同級生が見ていたので、私は多くのプレッシャーを感じていました。
私がストロングマンというスポーツを始めたときは、兄のルークが私のすべての話をしていたので、私は注目されました。

s4 自閉症のストロングマンは言う。余分なハードルがあるだけだ

そして、どの選手や団体も、私がどのように情報を処理するかを理解し始めたのです。
自閉症だと、強迫神経症のようなもので、ルーチンにこだわるからです。

食事、睡眠、トレーニング、毎日、繰り返し。
今は、脳が自分の体調をモニターしてくれるようになり、ずいぶん進歩したものです。

自閉症だと、強迫神経症のようなもので、日課を守ることができます。

2時にトレーニングしたくても4時までできない場合にも、私の脳はそれに対応することができるようになりました。
緊張したり、パニックになったりすることはもうありません。

s1 自閉症のストロングマンは言う。余分なハードルがあるだけだ

ストロングマンのようなスポーツでは、早く成長しなければなりません。
自分対12人の男、1万2千人の観客がいるわけですから、どこにも隠れることはできません

絞れ、絞れ、絞れ、絞れ と繰り返しています。
私の心が正しければ、誰も私を倒すことはできません」

出典・画像:英THE SUN

こだわりやすごい集中力は、大きな強みになるはずです。

いろいろな分野で、活躍する人がますます増えることを期待しています。

自閉症の息子は大好きなパン作りを徹底的に研究しビジネスにした

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「夜はつらいよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。