発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の少年はBMXで数々のトロフィーと社会性も獲得した

time 2022/02/11

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の少年はBMXで数々のトロフィーと社会性も獲得した

BMX(バイシクルモトクロス)で、子どもたちは元気活発になるはずです。
しかし、ある子どもにとっては、コミュニケーションや社会性を身につけるのにも役立ちました。

9歳と6歳のフィリップス家の兄弟は、BMXで数々のトロフィーを獲得しています。

「たくさんあるので、一部は返しています」

そう、ジェイク・フィリップスは言います。
ルーク・フィリップスは、こう言います。

「外に置かなければならないものもあるんだ」

b6 自閉症の少年はBMXで数々のトロフィーと社会性も獲得した b1 自閉症の少年はBMXで数々のトロフィーと社会性も獲得した b3 自閉症の少年はBMXで数々のトロフィーと社会性も獲得した

ジェイクとルークは、数年前から自転車に乗っています。
ジェイクがおじいちゃんと散歩をしているときに、BMXのレースコースを見て立ち寄ったことが、始まりでした。

「初めて乗ったんだ。
本当にこれがやりたい!と思ったんだ。
最初の練習では自転車は壊れちゃった」

BMXとのつながりは、ジェイクにとっては少し他の子どもとは違うものでした。
ジェイクは自閉症です。

母親のジュリーによれば、行動や社会的な交流に困難をかかえていたジェイクが、BMXを始めるとすべてが変わったといいます。

BMXの競技に参加する前は難しかった、他の子どもたちとの会話や交流もできるようになったのです。

b7 自閉症の少年はBMXで数々のトロフィーと社会性も獲得した b2 自閉症の少年はBMXで数々のトロフィーと社会性も獲得した b5 自閉症の少年はBMXで数々のトロフィーと社会性も獲得した

「やりたいことをやって、今は本当に幸せ」

そうジェイクは言います。

「まずはやってみるといいよ」

そう言うルーク。

BMXは一年中楽しめるスポーツなので、少年たちはいつも競争しています。

(出典・画像:米ksnt

楽しんでいくなかで、他の人たちとも交流が始まる。

大好きなことを追求することで、こうしたメリットもあります。

こんな大好きなことを見つけられたらいいですね。

自閉症の私が受容と友だちを手に入れたのはゲームのおかげ。

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「雨の日でもうれしいのよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。