発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の私が受容と友だちを手に入れたのはゲームのおかげ。

time 2019/12/15

この記事は約 4 分で読めます。

自閉症の私が受容と友だちを手に入れたのはゲームのおかげ。

私がまだ話すことができなかった小さかった頃、父といとこが、メガドライブをテレビにつけました。

父が、青い生きものをコントロールして、金のリングをたくさん集める音を聞きました。
テレビで鮮やかな世界を見せてくれました。私の好奇心がとても刺激されました。

私は話すことができませんでした。3歳のときに自閉症の診断をされました。

自閉症は社会的な困難、コニュニケーションが困難なことが特徴となる発達障害です。

おもちゃやゲームで遊ぶことで、私が話せるようにと父や母たちは努力したようです。

テレビゲームへの魅力は私の中に確かに生まれました。
g1-2 自閉症の私が受容と友だちを手に入れたのはゲームのおかげ。 g4-2 自閉症の私が受容と友だちを手に入れたのはゲームのおかげ。
4歳になるとゲームボーイカラーに夢中になりました。
スーパーマリオブラザースデラックスとポケモンクリスタルを何時間も遊びました。

トップのポケモントレーナーになるために戦略を考える時間は、私にとっては心地よい別の世界のようなものでした。
ゲームボーイカラーに夢中になっていたその頃に、私は話せるようになりましたが、特別支援クラスを出ました。しかし話せるといっても、多くはオウム返しで、他の人が言ったことを何度も繰り返していました。

そのために、ゲームが楽しくても喜びを説明することができませんでした。

自閉症の子どもたちは、そうでない子どもに比べて、ゲームに夢中になりやすいです。
なので、私がゲームに夢中になったことは驚くことではありません。

ゲームは私の成長を説明するのに重要なものです。

私が特別支援クラスを出たときに、私と家族は大きな一つの目標をもちました。
友だちをつくることでした。
私は学問的には優れていましたが、友だちを作るようなことはできませんでした。

新しい人に近づいて、がまんできるやりとりの範囲内で、共通の関心事を見つけることは簡単ではありません。
私にとっては、社会的スキルを学ぶことは第二外国語を覚えるようなことでした。

私の周りの小学生の女の子は人形で遊んでいました。
女の子たちは私が大好きなポケモンなどについて話すことはありませんでした。

私は友だちになりたいと思っていましたが、友だちになる方法はわかりませんでした。
g3-2 自閉症の私が受容と友だちを手に入れたのはゲームのおかげ。
女の子とおしゃべりをしたり、人形で遊んだりする代わりに、私はゲームの世界でお姫様を城から救出し、大好きなキャラクター、ソニックの絵を描きました。

ゲームで遊ぶことは、夕食後に自宅でできる落ち着く機会でした。
ゲームやキャラクターの絵が好きだった私を受け入れてくれた友だちは、男の子たちでした。

私のことをクールだと言ってくれました。
私は女の子のゲーマーでした。

自閉症スペクトラム障害の3人に一人が感じている、社会的な孤立を回避するために、ゲームがそのツールになってくれました。
私は男の子の友だちと、昼食のときにはスーパーマリオの攻略方法で盛り上がり、放課後も電話で話しました。

私の親友は、ゲームのキャラクターを何時間も描いていました。

自閉症は創造性の障害ではありません。
私は、自分の興味や才能のすべてが、友だちと共有できて社会に完全に受け入れられたと思いました。
私が成長するのにあわせて、テクノロジーも変わりました。

私はファッションとショッピングを楽しみながら、素晴らしいアクションゲームを愛し続けています。
私が大好きだったゲームボーイカラーが時代遅れになると、ニンテンドー3DSにハマりました。
25歳になった今でも使っています。
g5-1 自閉症の私が受容と友だちを手に入れたのはゲームのおかげ。
ポケモンを開発した人も自閉症であると書かれているのを私は見ました。

最初の頃のソニック・ザ・ヘッジホッグの画面とキャラクターたちが、20年前に私を夢中にさせ、私は描くようになりました。

10代の前半にはアーティストになっていました。
任天堂とセガのゲームについてたくさんのファンアートを描きました。

私の絵に対する情熱とインスピレーションは、ゲームの世界から生まれたものです。
今でも私はニンテンドー3DSでポケモンをプレイしたり、スマホでゲームをするカジュアルゲーマーです。

自閉症である私が手に入れた、社会から受容のことを考えると、ゲームのおかげだとうれしくなります。
ゲームにはまって、攻略法を考え、他の人とつながって、そして友だちができたことに感謝しています。

私たち一人ひとりは多様で違います。
そして、それを祝う時代です。

私はそうします。
そして結局、私の人生において、操作できるキャラクターは私なのです。

(出典:米Mic)(画像:Pixabay

ゲームは本当に素晴らしいものだと私は思っています。
今は全然していませんけれど。

私も振り返ればゲームに救われたように思うこともあります。

発達障害の子も親も安心して楽しめ交流できる「ゲームナイト」

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。