発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子どもたちと一緒に体を動かす機会はみんなに恩恵

time 2022/02/23

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の子どもたちと一緒に体を動かす機会はみんなに恩恵

年間最優秀賞を2度も受賞しているバスケットボールのスター選手の高校生、ベン・ロイは、昨年秋に靭帯を損傷してから、試合には出ていませんが、「オーティズム・ムーブメント・プロジェクト」で、パフォーマンスを披露しました。

オーティズム・ムーブメント・プロジェクトは、発達障害などの人たちにフィットネスとスポーツのプログラムを提供することを目的としています。
専門家と地元のアスリートやボランティアがペアになって、フィットネス活動やスポーツ、ゲームを提供するものです。

「彼らは、あらゆる面で、私たちの知らないところで、とても素晴らしい存在です」
私はそれが大好きです。自分がここにいるとき、彼らがどんなに喜んでいるかを見ると、とてもいい気分になります」

そう、ロイは言います。
これから大学生になるハリソン・カンピは、4ヶ月前に体育館に入った瞬間から、この取り組みに参加することに夢中になりました。

「初日に、ある子が駆け寄ってきて私の手を握り、この子たちとのつながりを感じたんです。
彼らは私たちと同じようにプレーすることができ、私たちは彼らと一緒にプレーすることができるのです。
私はこのときが大好きなんです」

b1-1 発達障害の子どもたちと一緒に体を動かす機会はみんなに恩恵

ボランティアたちが、特別支援学校の生徒たちと一緒に体を動かし、全員がこの体験から恩恵を受けています。

オーティズム・ムーブメント・プロジェクトの創設者の一人であるニック・バレスティエリは、新型コロナウィルスによる影響があったことについてこう言います。

「私たちが最も重視しているのは社会性です。
なので、それを1年半も行えなかったのは、つらいことです。
どの子もそうですが、このこの子たちの場合は、より深い影響があります。
これが奪われてしまうのはつらいことだし、彼らやその家族にとってもつらいことでした」

b3-1 発達障害の子どもたちと一緒に体を動かす機会はみんなに恩恵

ロイは、秋にはボストン大学に進学する予定です。

「友だちのマイキーはダウン症です。
私たちはかなり親しくなりました。
少なくとも1日に1回は一緒に遊んで、一緒にお昼を食べます。
今日は一緒にジムに行くことになりました。
彼もチームの一員であると感じられるし、彼がどれだけ喜んでいるか分かります」

(出典・画像:米app

発達障害や知的障害、特別支援学校に通う子どもたちと、ますます交流し、友だちなれるこうした機会が世界中で増えるといいなと思います。

自閉症の子と友だちになることのススメ。親が手伝えること

(チャーリー)

 

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「安心したよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。