発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

学校に通い始めた自閉症の孫娘に贈られた、おばあちゃんの色鉛筆

time 2022/03/08

この記事は約 2 分で読めます。

学校に通い始めた自閉症の孫娘に贈られた、おばあちゃんの色鉛筆

ソフィアとビクターは、双子のきょうだいで、二人とも自閉症スペクトラムと診断されています。

家族たちは、他の家族とは少しちがったサポートを始めました。

子どもたちは小学1年生になって、別々の学校に通っています。

おばあちゃんが、独創的で素敵なアイデアを思いつきました。
それがネットで評判になっています。

おばあちゃんは、孫たちが使っている12色の色鉛筆に励ましのメッセージを書きました。

「孫娘が使っている12色の色鉛筆に励ましのメッセージを書いて、孫娘と一緒に教室に通うことを思いつきました。
色について考え、心のこもったフレーズを書きました。

孫たちはつねに困難をかかえています。

だからこそ、このメッセージは、周りの他の人にも孫の尊厳の重要性を理解させるだろう思います」

学用品にラベルを貼るように、おばあちゃんは時間をかけてソフィアの色鉛筆にそれぞれ言葉を彫り、書き込んだのです。

「あなたはできる!」
「みんなあなたを愛してる!」
「楽しんで」
「あなたを誇りに思ってる」

そんなメッセージが書き込まれています。

e1 学校に通い始めた自閉症の孫娘に贈られた、おばあちゃんの色鉛筆

おばあちゃんは孫たちについて、Facebookに投稿しました。

「ソフィアの学校生活が始まりました。
多くの課題を抱え、不平等で愛のない世界に立ち向かう彼女は、とても勇敢です。
私ができることは、彼女自身ができること、そして私たちが彼女とともにいることを感じてもらうことです。
彼女を無限に愛しています」

この投稿はたちまち評判となり、話題になりました。

ビクターは特別支援学校に入学しました。
一方、この鉛筆を贈ったソフィアは一般の学校に入学しました。

「この学校はとてもインクルーシブな学校だと聞いています。
私がしたこのアクションで、私の孫のような子どもをもつ親にも誇りをもってほしい」

(出典・画像:カナダoi canadian

こんなあたたかな勇気をあたえてくれる鉛筆なら、厳しく感じる学校の中で、本当に心の支えとなるはずです。

簡単なのにとても勇気をくれるものです。自分のお子さんに贈ってみてもいいかもしれません。

自閉症の弟が学校で過ごしやすいように。姉と母が作った動画

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「押すなよ、押すなよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。