発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の原因と考えられること。米コロンビア大の自閉症研究

time 2022/03/16

この記事は約 9 分で読めます。

自閉症の原因と考えられること。米コロンビア大の自閉症研究

自閉症の原因は何でしょうか?
10万人の子どもたちの研究が新たな手がかりを示します。

自閉症は、ほとんどの場合、遺伝が関係しています。
科学者は、子どもが自閉症になるリスクの80パーセントはDNAによって決定されると見積もっています。

しかし、環境や行動の危険因子も関係している可能性があります。

米国では自閉症の発症率が過去最高となっています。
そのため、新しく子どもを持つ親やこれから子どもを持つ親のために、子どもが生涯続くこの複雑な症状を防ぐために何かできることはないかと、熱心に研究がされています。

過去20年間、コロンビア大学メイルマン公衆衛生大学院の疫学者兼医師であるメイディ・ホリンらの研究チームは、この疑問に対する答えを見出すために世界で最も意欲的な科学研究のひとつを主導してきました。

研究チームは、なぜ自閉症になる子どもとならない子どもがいるのかを説明する非遺伝的な手がかりを求めて、ノルウェー公衆衛生研究所や他のコロンビア大学の科学者と協力して、10万人以上の子どもとその両親の病歴を精査しています。
前例のないほどの膨大なデータをもとに、親の年齢、母親の感染症、ビタミン欠乏症など、自閉症の危険因子とされる数多くの仮説を検証しています。

自身も自閉症の息子の母親である、米コロンビア大学の精神科医で疫学者のマディ・ホーニッヒがこの研究について答えます。

■ 自閉症の主なリスク要因は何ですか?

父親の年齢は、数十年前に特定された最初の危険因子の1つですが、確かに影響があります。

私の同僚であるエズラ・スーザーが2006年にこのテーマで主要な研究を発表しました。
イスラエルで収集したデータを使って、40歳を超えてから父親になった男性は、30歳になる前に父親になった男性に比べて、自閉症の子どもを持つ可能性が6倍も高いことを示しました。

2016年、私はノルウェーのデータをイスラエルと他の3カ国の情報と合わせて分析しました。
そして、出産適齢期の始まりや終わりの女性、つまり10代や40代の女性も、自閉症の子どもを持つ可能性も高いことがわかりました。

そして、ここでリスクが最大になるのは、高齢の男性がかなり若い女性と子どもを持つ場合です。
年齢の大きなミスマッチが、子どもの神経発達を乱すということがあるのかもしれません。

blank

■ これは、特定のカップルが子どもを持つことを避けるべき理由なのでしょうか?

いいえ、そうとは限りません。

自閉症は非常に複雑な疾患で、おそらく何百もの遺伝的、環境的、行動的、食事的要因の影響を受け、そのうちのいくつかが同時に発生し、互いに強化し合うことで症状が発生する可能性があるということを心に留めておく必要があります。

ですから、親の年齢が最も影響力のある要因の一つであるとはいえ、おそらく子どもの全リスクの5%以下しか占めていないでしょう。

■ 他に重要なリスク要素はあるのでしょうか?

妊婦が妊娠中期に高熱を出すと、子どもが自閉症になる確率が43パーセント上昇することがわかりました。

その理由は不明ですが、中枢神経系の発達の重要な時期に、母体内の炎症が胎児の脳の血管形成の遅れに関係している可能性を示す分子的証拠が得られています。

■ その発熱の原因が自閉症に関係するのでしょうか?

ウイルスやバクテリアの感染がこのような効果をもたらすと思われがちですが、確かなことを知るためには、さらに大規模な調査を行う必要があります。

私たちの研究での対象となった自閉症と診断された子どもの多くの母親は、妊娠第2期に重いインフルエンザに罹患しており、インフルエンザが関与しているように思われます。

しかし、感染症の種類は、その重症度よりも重要ではないようです。
なぜなら、私たちが自閉症と強く関連していると認めたのは、全身的な炎症反応を示す発熱そのものだからです。

とはいえ、あまり心配しなくてよいです。
多くの女性が妊娠中に発熱を経験し、その後まったく健康な子どもを産んでいます。
繰り返しますが、これがもたらすリスクは非常に小さいのです。

■ では、妊娠中の女性、あるいは妊娠を計画している女性はどうしたらよいのでしょうか?

インフルエンザの予防接種を受ける。
COVID-19の予防接種を受ける。
マスクを着用し、社会的距離を置く練習をする。
運動と健康的な食事で、免疫力を維持する。

そして、もし病気にかかり高熱が出た場合は、イブプロフェンなどの抗炎症剤を服用する可能性があることを医師に相談してください。(アセトアミノフェンでは炎症に効きません)。
イブプロフェンは、特に妊娠初期には流産の危険性があり、また出産間近に服用すると赤ちゃんの心臓が変形する可能性があるため、従来は妊娠中の服用に注意が必要でした。
妊娠後期の発熱に対する抗炎症薬の投与は、主治医と相談したほうがよいです。

この時期、熱はできるだけ早く下げたほうがよいです。

blank

■ 食事は重要ですか?

ビタミンやミネラルの不足が自閉症に関係しているかどうかを調べるために、プロジェクトに参加したすべての女性と子どもの食事を分析しました。

その結果、妊娠初期に葉酸(ビタミンB9)のサプリメントを摂取した女性は、自閉症の子どもを持つ確率が40パーセント近く低いことがわかりました。
葉酸は葉物野菜や豆類、卵などに自然に含まれており、胎児の脳の発達に不可欠であることは以前から知られていましたので、これは衝撃的なことではありませんでした。

しかし、私たちの研究によって、葉酸サプリメントが自閉症から胎児を守るのは、妊娠の直前から妊娠の最初の2ヶ月間、つまり多くの女性が妊婦用ビタミンを飲み始めるよりも早い時期に摂取を始めた場合のみであることが明らかになりました。
ですから、妊娠を計画している女性は、妊娠前に妊婦用サプリメントを摂取することについて医師に相談することをお勧めします。

また、体内のビタミンD濃度を調節する方法の遺伝的な違いが、自閉症の人の中でも特定の人たちにおいて自閉症と関連しているかもしれないという予備的な証拠も見つかっていますが、それを確認するためにはさらに研究を進める必要があります。

■ グルテンや乳製品など潜在的なアレルゲンを除去するなどして、自閉症の子どもの食生活を変えることで自閉症の症状が改善される場合があるという主張があります。食事が自閉症に関係しているという証拠はあるのでしょうか?

いいえ。

しかし、食事がそのような役割を担っている可能性はあります。
それを特定するためには、より大規模で統計的な検出力がある研究が必要です。
なぜなら、自閉症の根源は脳の発達の初期段階である子宮の中にあると考えられ、その過程を理解することで、予防のための容易な経路を発見できる可能性があると考えるからです。

■ 今後、注目していることは何ですか?

自閉症の原因における発熱の役割に関する私たちの発見は、さまざまな疑問を投げかけています。

例えば、妊娠中の母親の心理社会的ストレスが、体内の低レベルの炎症を誘発し、それが子どもの神経発達のリスクにつながるかどうかを知りたいと考えています。

なお、妊婦の抗うつ剤の使用は自閉症の危険因子であるという仮説が以前ありましたが、他のデータから、抗うつ剤そのものが原因である可能性は低いと考えられています。

blank

■ 新型コロナウィルス感染拡大によって、自閉症の人が急増するということは考えられますか?

はい。

その可能性はあると思います。
また、多くの妊婦が新型コロナウィルスに感染してしまうからという理由だけでなく、妊婦も含めて多くの人が深刻な精神的ストレスをかかえるからです。

自閉症は通常3歳以降に診断されるので、それに応じて自閉症の人が急増したかどうかがわかるのは数年後でしょう。

ADHDを含む発達障害全般の割合が増加する可能性もあります。

■ 米国における自閉症の人は、2000年以降、3倍近くになっています。なぜでしょうか?

その理由のひとつは、医師が自閉症をより認識し、より頻繁に診断するようになったからにほかなりません。

しかし、私たちは、子どもを産む時期が遅くなったことや、環境の変化により感染症や免疫の問題が起きやすくなったことなど、他の要因も関係しているのではないかと考えています。

■あなたは自閉症の息子を育てた経験について、公に語っています。妊娠しているときに知っておきたかったことはありますか?

興味深いことに、私は葉酸の体内吸収を阻害する遺伝子変異を持っていることが、医学とは無関係の研究に参加したことで判明しました。

つまり、1980年代後半に妊娠していたとき、推奨されている1日400マイクログラムの葉酸を摂取していたにもかかわらず、十分な葉酸を摂取できていなかった可能性があるということです。

■ では、葉酸の不足が息子の自閉症の原因だったのでしょうか?

それだけではないでしょう。なぜなら、おそらく多くの遺伝的および環境的要因が関係しているからです。
しかし、そうかもしれません。
妊娠中に自分が葉酸不足になりやすいと知っていれば、産科医に相談して解決できたかもしれませんから。

blank

■あなたが持っている遺伝子変異は何ですか?また、現在では妊婦の検査は日常的に行われているのでしょうか?

アメリカ人の約15パーセントが持っているこの遺伝子変異は、MTHFRという遺伝子に存在します。
妊婦は日常的に検査を受けていませんし、医師も、最先端の自閉症研究に精通し、その結果の解釈の仕方を知らない限り、最初は検査を指示するのをためらうかもしれません。
しかし、もし女性がこの検査を有益だと考える医師を見つけ、良い保険に加入していれば、検査を受けることができるかもしれません。

■自閉症の子どもを産む可能性があるかどうかを知ることができるゲノム検査はありますか?

いいえ。
自閉症の遺伝学はまだ十分に理解されていないため、ありません。

科学者たちは、この症状に関連する100以上の遺伝子を特定しましたが、これらの遺伝子の多くが何をするのか、また、これらの遺伝子が個人のリスクをどの程度増加させるのかを正確に言うことはできません。

遺伝学者の中には、このリスクを推定するために、男女のDNAを分析し解釈する人もいます。
しかし、自閉症に関係するすべての突然変異をまだ特定できていないため、このような分析では決定的な予測はできません。

さらに、ある種の遺伝子変異が自閉症に及ぼす影響は、神経の初期発達の重要な時期に、その遺伝子変異の機能に影響を及ぼす可能性のある特定の環境に、その個人がさらにさらされているかどうかによっても決まります。
これは、遺伝子変異によって起こるめずらしい遺伝性疾患フェニルケトン尿症(PKU)が、子どもの食事からフェニルアラニンというアミノ酸を減らしたり除去したりして治療することができるのと、同じことです。

私たちは最終的には、親が持っている特定の突然変異の害を軽減するために、親が取るべきあらゆる予防措置を推奨できるようにしたいと考えています。

しかし、自閉症の原因を特定するという意味でも、さまざまな危険因子がどのように作用しているかを理解するという意味でも、まだやるべきことはたくさんあります。
今はまだ、そのようなオーダーメイドの臨床ケアのための科学的基盤を構築している段階なのです。

(出典:米コロンビア大学)(画像:Pixabay

名門大学の長年の大規模な研究からわかったことについての話なので、とても興味深いです。

具体的な例も出ていますが、しかし過剰に気にしないことも伝えています。

研究はまだまだ続いているのです。

自閉症の私が自閉症の研究に思うこと。私は原因には興味ない

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「押すなよ、押すなよ、ねっちさん」
ねっちさん2
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。