発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の人が増加した理由。そしてもっと増える可能性も。米国

time 2024/06/05

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

自閉症の人が増加した理由。そしてもっと増える可能性も。米国
  • 自閉症スペクトラム障害の正確な有病率はどれくらいですか?
  • ASDの診断基準はどのように変わってきましたか?
  • 環境や遺伝的要因がASDにどれほど影響を与えるのでしょうか?

最新の研究によると、アメリカでは36人に1人の子供が自閉症スペクトラム障害(ASD)を持っているとされています。
しかし、実際にはもっと多い可能性があります。

自閉症スペクトラム障害とは、生まれながらにして持つ発達障害です。
脳の変化が原因で、自閉症を持つ人々は、一般的な人々とは異なる学び方や振る舞い、コミュニケーションの取り方、人との交流の仕方をします。
発達小児科医のキャリー・カフマン医師はこう言います。

「自閉症は本当にスペクトラム(範囲が広い)です。
自閉症の人々はそれぞれ違います。
自閉症の人の症状はほとんど気づかれない場合もあれば、非常に深刻な障害を持っている場合もあります。
その経験の多様性が、この状態の特定を困難にしています」

それにもかかわらず、ASDの診断は増加傾向にあります。カフマン医師がその理由を説明します。

過去20年間、アメリカ国内だけでなく全世界で自閉症の診断が着実に増加しています。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の最新のデータによると、自閉症は非常に一般的です。
彼らの報告によると、36人に1人の子供がASDを持っています。
また、男の子と女の子の割合についても言及しており、男の子の約4%、女の子の約1%が自閉症であると推定されています。

これは顕著な増加ですが、「自閉症の流行」というわけではありません。
条件の数が少し増えた可能性はありますが、その増加のほとんどはASDの診断と治療の変化によるものです。

過去数十年にわたるASD診断の増加は、多くの面で良いニュースです。
これは、その状態への認識が高まったことを示しています。

「自閉症とは何かを知っていれば、あなたはおそらく子供を連れて行って診断を求めるでしょう。
ですから、私たちはより多くの子供たちを診断し、以前よりも早く診断するようになりました」

子供たちだけでなく、成人になっても診断されないで過ごした多くの人々が、何十年も後にようやく診断を受けてもいます。

しかし、社会の認識や受け入れだけでなく、診断を受けるための動機も診断数の増加を促しています。
現代では、ASDの診断が以前の世代にはなかった方法で、今の子供たちを助けることができるからです。

「増加のもう一つの説明は、利用可能なサービスが増えたことです。
今、診断を受けることには価値があります。
なぜなら、利用できる治療オプションが多く、アクセスも可能になっているからです」

ここで話しているのは言語療法や社会スキルグループ、発達栄養や精神医学の専門家などです。
簡単に言うと、自閉症の子供たちが成長するのを助けるための幅広い支援サービスが存在します。
これらのサービスの多くは、以前の世代では存在しなかったか、アクセスできなかったものです。

また、2013年までは、自閉症スペクトラム障害(ASD)という診断は存在しませんでした。
代わりに、DSM(精神障害の診断と統計マニュアル)には、類似の特徴を持ついくつかの発達障害が記載されていました。

  • 自閉症
  • 広汎性発達障害
  • アスペルガー症候群
  • 小児期崩壊性障害

これらは一言で言えば、混乱を招くものでした。
これらの診断は互いに排他的で、ある子供がこれらの条件のいくつかに当てはまる症状を持っているが全てには当てはまらない場合、提供者はその子供に最も合った診断を選ばなければなりませんでした。
注意欠陥・多動性障害(ADHD)も同様で、以前はASDとADHDを同時に診断することはできませんでした。

その結果、多くの子供が誤診または未診断となりました。
診断基準は特に女の子や軽度の症状を持つ子供、他の顕著な知的障害を持つ子供に悪影響を及ぼしました。

2013年にAPA(アメリカ精神医学会)はその枠組みを変更しました。

「これらの条件は現在、自閉症スペクトラム障害の傘下にあります。
つまり、それらの四つの診断はもはや存在しません。
ASDの診断基準が広範囲にわたるため、子供たちが見過ごされることが少なくなりました。
また、自閉症と認定される人の数が一夜にして増加しました」

臨床基準の変化を考える際には、いくつかの点を念頭に置く必要があります。
古い診断で育った多くの人々は、その用語に依然として同一視しています。
例えば、元々アスペルガー症候群と診断された人々は、現在はASDと分類されていますが、自分たちを「アスピーズ」と呼ぶことがあります。

DSM-5はアメリカで実践する精神保健専門家のための参考文献ですが、世界中の提供者も使用しています(18の異なる言語で利用可能です)。
それでも、国によっては、同じ用語や診断基準を使用していないかもしれません。

ASDの症例数の大部分の増加は、診断の変化や状態への公衆の認識の高まりによって説明できますが、カフマン医師や他の研究者は、少なくともある程度の現実の増加があるかもしれないと認めています。
もしそうであれば、それは次のような要因の組み合わせが原因である可能性が高いと考えられます。

■遺伝的要因
ダウン症候群のような単一の特定の遺伝的差異による状態とは異なり、ASDを引き起こす可能性のある1,000以上の遺伝的変化があります。
自閉症は遺伝的なものとも考えられます。
これは重要です。なぜなら、これまで以上に多くの自閉症の人々が若い時から必要なサポートを受けているからです。
これらの早期介入は生活の質に大きな影響を与え、大人になってからの人間関係や子供を持つことが容易になるかもしれません。

■環境的要因
カフマン医師は、「胎児または新生児の健康に対する有毒な侵害は自閉症の大きなリスク要因です」と指摘しています。
その暴露は胎内または出生後すぐに起こる可能性があります。
以下はいくつかの例です。

  • 酸素供給の問題(胎児が十分な空気を得られない)
  • 出産する親が感染症を持っている
  • アルコール、オピオイド、サリドマイドなどの有毒物質への暴露
  • 汚染された空気、水、土壌との接触

■医学の進歩
研究者たちは、自閉症を持つ可能性を高める特定の変数を挙げています。
その多くは子供の出生の状況に関連しています。
次のいずれかが当てはまる場合、ASDはめずらしくありません。

  • 母親の年齢が35歳以上
  • 父親の年齢が40歳以上
  • 早産の赤ちゃん
  • 重大な合併症がある妊娠
  • 子供の出生体重が低い

医学の進歩により、過去には生存しなかったかもしれない子供たちが今日生きています。
その結果、神経発達障害の有病率が増加しています。

なお、ワクチンが自閉症スペクトラム障害(ASD)の増加を引き起こしているわけではないことは確実です。

1998年に、アンドリュー・ウェイクフィールドという医師で反ワクチン活動家が「ランセット」誌に発表した今では信用されていない論文で、MMRワクチンが自閉症を引き起こすと主張しました。
後に、その論文は捏造されており、ウェイクフィールドが財政的な利益のために研究結果を操作していたことが明らかになりました。
「ランセット」誌はその論文を撤回し、ウェイクフィールドは医師免許を剥奪されました。

カフマン医師は「ウェイクフィールドの研究は完全な嘘でしたが、公衆の目に触れることになりました」と嘆いています。
これは自閉症の有病率の増加に関するいくつかの誤解の一つです。

自閉症の有病率は過去数十年にわたって、診断基準の変更、症状への公衆の認識の向上、より公平な医療、検査、治療へのアクセスなど、多くの異なる理由で着実に増加しています。
しかし、現在我々が持っている数字が必ずしも正確であるわけではありません。

米国疾病予防管理センター(CDC)は、特定の地域に住む全ての子供の学校記録や医療記録を調べ、その数字を他の地域のデータと比較して、自閉症の有病率を決定します。
それは学校記録や医療記録を持たない子供たちを見逃すだけでなく、健康の社会的決定要因を考慮していません。

例えば、生のデータでは州によって自閉症率が大きく異なると示唆していますが、それは現実としてはおかしいでしょう。
これらの数字が実際に示しているのは、一部の州が自閉症の人口を過小評価(そして支援不足)しているという事実です。

これはつまり、現在我々が用いている36人に1人という統計よりも、自閉症の有病率が実際には高い可能性があることを示唆しています。

認識が続けて高まり、医療やサポートサービスがよりアクセスしやすくなるにつれて、数字は上向きのトレンドを続けると期待されます。

これは良いことです。
なぜなら、それはより多くの人々が彼らにふさわしいケアを受けていることを意味しているからです。

(出典:米クリーブランド・クリニック(非営利学術医療機関))(画像:たーとるうぃず)

今まで、困難をかかえていても見過ごされてしまった方が見過ごされないようになって「増加」したのであれば、それはまったく良いことです。

しかし、ノリで自称するような輩には危惧します。

自閉症の自己診断。多くは不正確で必要な支援の妨げにもなる

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。