発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の子が見せるマスキングに気づいたら。親ができること

time 2022/03/30

この記事は約 5 分で読めます。

自閉症の子が見せるマスキングに気づいたら。親ができること

自分の大部分を隠さなければならないと感じることは、疲れて、イライラし、意気消沈することもあります。
しかし、多くの自閉症の人は、差別やその他の虐待を避けるために自閉症などでない人の行動を真似するマスキング(またはカモフラージュ)の必要性を感じて、意識してそうしています。

一部の人にとって、溶け込むためにマスキングすることは、それほど悪いことではないと思われるかもしれません。
過去には、自閉症の子どもたちに、人前で自己刺激行動をしたり、特別なこだわりを見せることを避けて、自閉症の人をターゲットにしたいじめや差別、偏見を避けるように勧める親もいました。

m3 自閉症の子が見せるマスキングに気づいたら。親ができること

しかし、自閉症の人が自分の重要な部分を常に隠さなければならないように感じるとき、それは代償を伴うことを研究は示唆しています。

「成人では高いレベルのマスキングは、うつ病や不安、深刻な一般的な不安と社会不安の両方に関係しています」

そう、英ブリストル大学で自閉症の研究を行っているローラ ・ ハル博士は言います。

また、燃え尽き症候群や疲労困憊との関連も指摘されています。

「ある研究では、マスキングの程度が高いほど、自殺願望や自殺の考えが高いという予測が出ています」

マスキングは、さまざまなネガティブな精神衛生上の結果の全種類 に関連しています。

しかし、自閉症の人たちのマスキングの研究は最近始まったばかりだとハル博士は言います。
そして、これまでのところ、それは成人のみで行われています。

「私たちはまだ子どもや若者のマスキングやカモフラージュがもたらす結果はわかっていません」

しかし、ハル博士の研究に参加した自閉症の成人の中には、もっと以前から、マスキングをしていたと語る人がいます。

m4 自閉症の子が見せるマスキングに気づいたら。親ができること

マスキングには、さまざまな種類の行動が含まれます。

「古典的なものは、他人の期待に応えるために、たとえ自分がそれを非常に不快に思っていても、他人と話すときに無理に目を合わせようとすることでしょう」

多くの自閉症の女性は、他人の真似をしてマスキングをしていると述べています。
なお、このマスキングは男性も行っているとハル博士は指摘します。

「幼い頃、学校で他の子どもたちに受け入れられていないと感じると、人気のある女の子や友達がたくさんいるような女の子を見つけます。
そして、その子の話し方や服装、興味のあることを真似して、より社会的に成功したように見せようとします。
たとえそれが、自分自身の興味や自然な行動を隠すことであったとしても」

例えば、ある子どもがクジラについて学ぶことに特別な興味を持っていて、機会があればクジラのことを話題にするとします。
しかし、同級生がポップミュージックの話に夢中になっていることに気づくと、コククジラへの興奮を抑え、代わりに自分があまり興味のないミュージシャンについて話すかもしれません。
また、着心地のよい服装や折衷的な服装を楽しんでいたのに、その服装をからかわれたり疎外されたりすれば、自分独自の服装を捨て、流行の服を着るようになるかもしれません。

自閉症の人の中には、「自己刺激」(手をばたつかせる、手の中で何かを回す、声を出すなどの反復行動)を止めて、自己調節をしようとする人もいます。
これは、家族や教師から「自己刺激はしないように、変だから」と勧められることが原因であることが多いとハル博士は言います。

「その対処法を取り去ったり、より社会的に受け入れられやすいものに置き換えたりしても、自閉症の子どもたちが、いつも対応している圧倒的な感覚を取り除くことはできません
。ただ、その子の対処法がなくなるだけです」

マスキングの研究はまだ新しいため、あなたの子どもがマスキングしているかもしれないことを知る明確な兆候はありません。
また、自分が自閉症でありマスキングをしていることを知ることで、子どもや十代の若者がどう影響を受けるかどうかは不明です。

m1 自閉症の子が見せるマスキングに気づいたら。親ができること

しかし、一つだけはっきりしていることは、家庭や学校で「仮面」を脱げる安全な空間を持つことは、自閉症の人たちの精神的健康と幸福にとって非常に重要であるということです。

あなたの自閉症の子どもがマスキングのように見える行動で自分を変えているようだと気づいた場合には、話をする価値があります。

「子どもは受け入れられていると感じ、自分が本物であると感じられます」

自閉症の子どもがマスキングをしていると気づいたときには、自分が心地よいと感じる、自分らしくいられる時間と空間を自分に与えてあげることが大切だということを伝えてください。

また、誰からかマスキングをすることを求められたときには、どのように対応するかを一緒に考えるのも良いことです。
例えばアイコンタクトを求められたりするときです。
また、人前で声を出したくないときにどうするか、自分の発達障害について他の人とどう話すか、などの計画を立てるのもよいでしょう。
特定の友人や仲間の前では、どの程度マスクを外せるのかを決める手助けを欲しいかどうかを尋ねることも重要かもしれません。
そして、社会的な状況に圧倒され、休憩を取ったり、その場を離れたりする方法を見つけるのを手伝ってほしいときに使う、決め言葉も作っておくと良いでしょう。

(出典:米Fatherly)(画像:Pixabay

誰しも程度は違えど、時と場所に従い「マスキング」をしているように思います。

なので、0にすることはできないかと思いますが、代償を伴うようなマスキングは極力しなくてよい、社会になることを望みます。

発達障害の人の「マスキング」大きな代償が必要なマスクはとろう

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「たーたんとねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。