発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の女性が語る。自閉症は感覚の問題、フィルターの問題

time 2022/04/03

この記事は約 6 分で読めます。

自閉症の女性が語る。自閉症は感覚の問題、フィルターの問題

自閉症の状況を説明するのが一番うまいのは自閉症の人たちです。
リッキー・ゼーラーがそうであるように、自閉症を彼ら自身の視点から見ています。

「自閉症は発達障害と定義されていますが、そうではありません。
生まれながらにして自閉症なのです。
自閉症でない人の脳とは異なる機能を持っているのです。
私にとっては、感覚の問題であり、フィルターにかけられない、方法の問題なのです」

そう、ゼーラーは言います。

多くの自閉症の人は、自分の感覚をフィルターにかけることができないか、その能力が未発達です。
脳は1秒間に約1100万回、感覚を処理します。
私たちはそのうちの約40回を意識します。
脳は、毎日毎分受け取るすべてのインパルスを処理するようにはできていません。
そのために、私たちは自分の感覚を選択し、フィルターにかけるのです。

しかし、自閉症スペクトラムの人たちは違います。

「私たちは、見るもの、感じるもの、経験するものすべてを、原液のまま受け取って、それに対処しなければならないのです」

この過剰な刺激が、永久的なストレスになるのです。

d3 自閉症の女性が語る。自閉症は感覚の問題、フィルターの問題

自閉症の人たちは、脳への過剰な刺激にさまざまな方法で対処しています。
例えば、単純に多すぎる状況を避けたり、そこから抜け出そうとします。
自閉症の人たちが一日を乗り切るためにできる初歩的なことです。

光は問題になりえます。

「私はいつもサングラスをかけていますし、車の中では眩しさ対策をしています。
私は光にとても敏感なんです。
でも、自閉症でない人は車のヘッドライトを直視することができる。
何であれ、何かがいつも違っているのです」

そう、44歳のゼーラーは言います。
他にも、音やノイズを扱うのが極端に苦手な自閉症の人たちもいます。
脳が過負荷にならないよう、音から身を守らなければなりません。
例えば、自閉症スペクトラムの人の中には、他の人と話すときに周囲の雑音を遮断することが難しい人がいます。うまくいかないと、脳がオーバードライブして、カオスになるのです。

雑音がひどくなったときには、対処方法があるとゼーラーは言います。
例えば、ノイズキャンセリングヘッドホンを使うなどです。
それでもダメなら、自閉症の人は「スティミング」(自己刺激)をよく使うそうです。
刺激は、過剰な刺激から身を守り、心をリラックスさせ、内なる圧力を解放するのに役立ちます。

刺激行動には、シーソーやジャンプなどの反復行動もありますが、大きな声で数を数えたり、指を鳴らしたりといった音を出すこともあります。
これは、不穏な衝動をかき消す方法です。
つまり、過剰な刺激をカバーし、状況をコントロールしやすくするのです。

d2 自閉症の女性が語る。自閉症は感覚の問題、フィルターの問題

「かゆみ」があると想像してみてください。
かゆみは、コントロールできない、非常に不快な刺激です。
かゆみがあれば、掻くことでそれをコントロールします。
コントロールできない刺激を、コントロールできる刺激で覆っているのです。
ゼーラーは、圧倒的な状況では頬を噛むことがあると言います。

人と一緒に外出すること、人混みに出ることは、自閉症の人にとってつらいことです。
ゼーラーはこう言います。

「私はそういう状況を洗面台に例えるのが好きなんです。
すべての衝動は、一滴の水のようなものです。
コップでも、バケツでもいいんです。
自閉症でない人にとっては、水は滴り続け、ただ流れ落ちるだけです。
でも、自閉症の人は、排水溝が詰まってしまうんです。
そして、彼らのストレスレベルは上昇し続けるのです」

ゼーラーは盲目の友人について、目を見る必要がないため、とても楽しいと言います。
しかし、目の見える人に会うとなると、アイコンタクトを求められます。

「私の脳は、フィルターを通さずにすべてを投げかけてくるので、相手の顔の動きや、目を細めたりひねったりするところまで見えてしまうのです。
それが高じて、何もかもに集中できなくなるのです」

よく自閉症の人は感情が乏しいと言われます。
ゼーラーはそのことについて説明します。

「少なすぎるというより、自閉症の人は通常、感情がありすぎるのです。
感情は刺激でもあるのです。
しかし、自分がどう感じているかがわからない人もいます。

感情が乏しいのではなく、混乱しているだけなのです。

自分の感情を整理し、秩序立てる時間がないのです。
それに加えて、多くの自閉症の人は、自閉症でない人のように振る舞おうとしてあまりにも気を使いすぎて、エネルギーと体力を大きく消耗してしまいます」

d1 自閉症の女性が語る。自閉症は感覚の問題、フィルターの問題

自閉症の人は、外的な衝動をできるだけ減らすように訓練しています。
そうすることで、一つのことに集中し、他のことを無視することができるのです。

ちょっとしたことで、その集中力は大きく乱されます。
それは、ランプがチカチカと光る程度かもしれません。
この過集中、つまり一つのことへの絶対的な集中は、悪影響を及ぼすことがあります。
外が寒かろうが暑かろうが、空腹感や喉の渇きも感じなくなることがあります。

それは、複雑な数学の問題を解くことであったり、コンピューターのソフトウェアを開発することに集中している結果であったりします。
自閉的な人は、何にも邪魔されなければ、IT企業でとても評判の社員になります。

自閉症の人の生き方には、標準的な方法や場所があるわけではありません。
彼らのストレスレベルを押し上げるのは、あらゆる種類の衝動や刺激である可能性があります。
しかし、すべての自閉症の人に合う共通の単位や物差しはありません。
ゼーラーはこう言います。

「スポーツウォッチは、血圧や脈拍をモニターすることで、ストレスレベルを簡単に把握することができるので、おすすめです」

ストレスは、リラックスするはずの場面でも発生することがあります。

「森の中を一人で歩いていても、突然光が射したり、匂いがきつかったり、鳥が鳴き始めたり、予定外のことで脳がオーバードライブになるかもしれません。
自閉症である私が、自閉症を意識せずにいられる環境は結局はありません」

(出典:独dw

こうして具体的に伝えてもらえると、困難なことがいくばくかでもイメージできます。

ただ、こうして違いを認識し伝えられるまでには時間がかかるはずです。

例えば、私は小学校に入る前の検診まで、右目が悪いことを知りませんでした。

それまで、左目に比べて右目は見えにくいことは認識していたのですが、世界中の人みんなが右目は見えづらいものだと思いこんでいました。

右目が見づらいことを疑問にも思っていませんでした。

生まれついてのことだと、問題をかかえていてもその原因に本人も気づかないことが多くあるように思います。

とくに子どもであれば。

注意してあげて頂きたいと思います。

自閉症、発達障害の人が見せる自己刺激行動はメリットがあるもの

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「べちゃべちゃねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。