発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の娘は介助犬が来てから話すようになり、家族も変わった

time 2022/04/07

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の娘は介助犬が来てから話すようになり、家族も変わった

フェイデン・ホロウェイチュクは、生まれてから数年間、ほとんど言葉を発しない少女でした。

アスペン・サービス・ドッグを通じた介助犬訓練プログラムを修了し、エラと名付けた自分の犬を飼い始めると、9歳のフェイデンは自立心をより強く持つことができるようになりました。
エラの母親であるアシュリー・ホロウェイチュックはこう言います。

「娘は犬を飼うことで、食事やその他いろいろなことを自分でできるようになりました。
自閉症の人は、口にするものや触るものに制限があることが多く、娘も多くの恐怖心を抱いています」

これまでの3年間、介助犬のおかげで、娘のフェイデンは話すようになり、それまでは10分が限界だったのに2時間もショッピングモールにいることができるようになったと言います。

「いつも、犬のエラがそばにいます。
エラがいることで、フェイデンは自分自身を見失うことがなくなりました」

d2-1 自閉症の娘は介助犬が来てから話すようになり、家族も変わった

介助犬がいることのもうひとつの利点は、他の人がフェイデンをよりよく理解できるようになることです。

「目に見えない障害がある場合、人々は理解してくれません。
犬がいることで、人々は理解してくれるのです。
少し距離を置いてくれるようになりました。
失礼なコメントや視線を浴びることもありません」

d3-1 自閉症の娘は介助犬が来てから話すようになり、家族も変わった

フェイデンと犬のエラのトレーナーは、家族みんなにダンスも教えてくれました。
そのダンスはホロウェイチュク家のために作られたものです。

「とても素晴らしいことでした。
フェイデンとエラのつながりが変わり、言葉も通じ、会話もできるようになったのです。
フェイデンだけではありません。家族全員も変わりました。

エラがいないとフェイデンはしゃべらないし、いろいろできません。
でも、人とつながる方法を持ちました」

(出典・画像:米EDMONTON CTV NEWS

どれだけ、助けられているでしょうか。

本当にすばらしい存在です。

自閉症の子たちには犬よりも猫が良いペットになるという研究

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「寝てくれ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。