発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

より幸せそう。大学で行われる親も一緒の自閉症の子の柔道教室

time 2022/05/09

この記事は約 2 分で読めます。

より幸せそう。大学で行われる親も一緒の自閉症の子の柔道教室

ブライアン・バーンズと彼の父親は柔道教室の準備をしています。

「私たちは、自閉症スペクトラムの子どもたちのために柔道プログラムを開発しました。
このプログラムは、家族で一緒に柔道をするものです」

そう、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の健康科学部ジャネット・ガルシア准教授が言います。
このプログラムは、カリフォルニア大学健康科学部の研究者によって作られたもので、自閉症の子どもたちがより活動的になるようにと考えられたものです。

「私たちは、彼らがより笑い、より外向的で、より社交的で、よりおしゃべりで、より自信があることを見てきました。
入ってくるなり、自分に自信をつけているのがわかります。
彼らはより幸せそうに見えるのです」

j8 より幸せそう。大学で行われる親も一緒の自閉症の子の柔道教室 j9 より幸せそう。大学で行われる親も一緒の自閉症の子の柔道教室 j4 より幸せそう。大学で行われる親も一緒の自閉症の子の柔道教室

ブライアンが、ストレッチを始めると、それは一目瞭然です。
歌い始めると、この週1回のクラスをいかに楽しんでいるかがすぐにわかります。
一歩一歩、自信をつけているのがわかります。

母親のデボラ・バーンズは、すぐそばの部屋でライブ中継を見ています。
レッスンの邪魔になることはありません。

「息子はここに来る日を指折り数えています。
息子の一週間のなかで、特別な時間です」

j3 より幸せそう。大学で行われる親も一緒の自閉症の子の柔道教室 j2 より幸せそう。大学で行われる親も一緒の自閉症の子の柔道教室 j1 より幸せそう。大学で行われる親も一緒の自閉症の子の柔道教室

ブライアンは16週間のプログラムの半分を終えたところです。
12歳のブライアンにはすでに良い影響が見られるといいいます。

「この8週間は、素晴らしいものでした」

j10 より幸せそう。大学で行われる親も一緒の自閉症の子の柔道教室

ブライアンは壁を打ち破ってきました。

「息子は今、自分がとても大きな何かに属している、どこかに所属していると感じています。
自分自身を誇りに思い、とても良い気分になっているようです。
これは、限界という壁を破るものだと思います。
できることは無限です。
息子は、まだなりたい自分になれていませんが、そこに到達するための扉を開いてくれたのだと思います」

(出典・画像:米SPECTRUM NEWS

親子で取り組めるのはいいですね。

一緒に踊ったりはよくしていますが、私もうちの子としてみたい。

柔道は自閉症の子どもの身体活動レベルを高めるのにとても良い

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「並べるねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。