発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の子の親たちも助けてくれる。マインドフルネスのススメ

time 2022/08/03

この記事は約 6 分で読めます。

自閉症の子の親たちも助けてくれる。マインドフルネスのススメ

マインドフルネスは、言葉にするのが難しいものの1つでしょう。
瞑想やヨガ、静かなビーチなど、心を落ち着かせるテーマを連想させます。
しかし、それがすべてではありません。

一般的な意見とは裏腹に、マインドフルネスは単なるストレス対処法のシリーズでもなければ、平和と静寂に向かう直接的な道でもありません。
マインドフルネスは、心の在り方の一つです。
それは、私たちのさまざまな経験と向き合うことであり、それがどのような形であれ、正直なところ、時には厄介に感じることもあります。

私はマインドフルネスを学び実践する中で、最近では自閉症の子どもを持つ親のためのマインドフルネスグループを作り、ファシリテートする中で学びました。

これらのグループの親たちは、子育てで独特な課題と責任に直面しています。
多くは、孤独で、限られた方向性とサポートで疲れ果てていると感じています。
研究によれば、一般的に自閉症の子どもの親は、そうでない子どもの親よりも高いレベルのストレスと不健康に直面しています。
そして、マインドフルネスは、研究が明らかにしたように、これらの親の助けとなります。

m2 自閉症の子の親たちも助けてくれる。マインドフルネスのススメ

マインドフルネスは、ストレスそのものとの戦いに勝とうとするのではなく、ストレスそのものとそれがもたらすすべての感情を受け入れるように促します。
ストレスとの内なる戦いとのレッスンでは、親たちはより多くのエネルギー、集中力を得て、そして明晰さを手に入れることができます。

“Journal Autism”に掲載された研究では、子どもの問題行動、親の精神的健康問題、心理的受容、親のエンパワーメントとの関係について調べています。
その結果、心理的受容が、親のメンタルヘルスに最も大きな影響を与えることがわかりました。

自閉症の子どもを持つ親にとって、子どもの行動がコントロールしにくく、支援が得られない場合はとくに、自分の経験を変えたり避けたりすることは不可能かもしれません。

これに対して、この研究グループは、

「このような状況では、親は他の対処法が必要となります。
それは、現在の経験を変えようとせず、避けようとせず、認める対処法です」

そう述べています。
マインドフルネスは、まさにこの方法を教えてくれます。

たとえあなたが自閉症の子どもの親でなくても、あるいは親であっても、マインドフルネスは苦しみに対して、独自の方法を提供することができます。
それは人生のストレスを取り除くことができないかもしれませんが、それはそれから逃げたり避けたりすることなく、それを介して移動する私たちに力を与えることができます。
最終的に私たちは、人生のハードルに対応することができます。

私のマインドフルネスグループでは、「マインドフルネスに割く時間がない」というの声をよく聞きます。

しかし、マインドフルネスの素晴らしいところは、必ずしも時間を作る必要がないことです。
他のことをしながらでも、今いる場所から始められるのです。
今、自分の体の位置と、入ってくるさまざまな感覚(視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚)を意識してください。
何も変えようとせずに、自分の呼吸に意識を向けてください。
感覚に集中することは、私たちを反芻のサイクルから今この瞬間に引き戻すのに役立ちます。

m4 自閉症の子の親たちも助けてくれる。マインドフルネスのススメ

例えば、車を運転するとき、ハンドルを握っている感触や、エアコンの風が顔に当たる感触に注目してください。皿洗いをするときは、水の温度、蛇口の音、石鹸のにおいを気にしてください。
歩くときは、自分の体の動き、周りの景色、舗装された道路を歩く足音を観察してください。

頭にいろいろなことが浮かんでしまうのは当然です。
そうしたときに、今この瞬間の体験に注意を向けるとよいのです。

身体の感覚だけでなく、どのような感情や思考、情動が生じやすいですか?
あなたは、それらをどのように体で体験していますか?

マインドフルネスは、それがどんなに楽しいものであっても、不快なものであっても、私たちの内なる体験に意識を向けるよう促してくれます。
自分の考えや感情を変えようとせず、ありのままの自分でいるように誘われます。
これは、私たちの思考は単なる思考に過ぎないという事実を強化するのに役立ちます。
私たちは、すべての声に振り回されることなく、自分の思考に気づくことができます。

判断しない姿勢を保ちながら、自分の考えや感情にラベリングすることを考えましょう。

「恥の感情に気づいた」
「私は失敗しているという考えを持っていることに気づいた」

私たちは、つらい経験や考えを、それが何であるかを最初に認識しない限り、対処したり、過去に移動したりすることができません。
痛みを経験したとき、私たちの最初の本能は、しばしば出口を見つけようとします。
ネガティブな感情をすべて感じたくないので、逃げ道を考え、問題の解決策を思いつくのです。

熱いストーブから手を離すように、本能的に、動揺している考えや感情を頭から追い出そうとするのです。
このような反応は「経験的回避」と呼ばれ、つらいい考えや記憶、感情から逃れようとすることで、たとえそれに苦労したり、不必要であったりする場合であっても、そのような努力をしようとします。

マインドフルネスでは、そのように防御せずに、自分の経験を受け入れることを奨励します。

これは、私たちの状況についての私たちの思考、信念、または意見との闘争を手放す。
物事がそのままであることを許可するのです。

自分自身や私たちの生活について何かを受け入れるという意味は、それを好きになったり、望んだりするということを意味するものではありません。
また、変えることができないと考えることも意味しません。

自分の状況をありのままに受け入れるようになれば、私たちは、自分が望んでいたことと、現実との間の緊張から抜け出すことができます。

m3 自閉症の子の親たちも助けてくれる。マインドフルネスのススメ

自閉症の子どもを持つ親が、自分の子どもの診断を受け入れるのに苦労するのはよくあることです。
しかし、自分が思い描いていた育児生活と現実が異なることを受け入れるのです。

「妊娠したとき、こんな風に育ってほしいという夢があったのに、こんなことになるなんて」

ある母親はこう言いました。
しかし、この緊張感と戦うことは、物事を難しくするだけだと認めています。

「受け入れる方法を学んでから、私は子育てに自由を感じ、子どもが最高の人間になるのを助けたいと思うようになりました」

最後に、苦しみやストレス、痛みのある場所では、自分は一人ではないことを認識することです。

クリステン・ネフ博士などセルフ・コンパッションの研究者が指摘するように、私たちはみんな、この人生で苦しみを経験しているのです。
自閉症の親であろうとなかろうと、人生には困難がつきものです。
自分に完璧を求める必要はありませんし、「うまくいかない」と自分を責める必要もありません。

マインドフルネスの重要な役割は、偏見のない思いやりのあるアプローチで自分の経験を理解することです。
すべての判断を手放し、親しい友人や苦労している子どもに話すように、親切に自分自身に話しかけるのです。

(出典:米Psychology Today

積極的にはしていないものの、ふだんからそんな感じのようなことはしていたりします。

効果を実感したことはありませんが、穏やかな精神でいられることに役立っているのかもしれません。

学校のマインドフルネスで発達障害の子が衝動を制御できるように

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「消えたねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。