発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の方や子と家族に快適な空の旅を。米デルタ航空の取り組み

time 2022/11/02

この記事は約 5 分で読めます。

自閉症の方や子と家族に快適な空の旅を。米デルタ航空の取り組み

空の旅はお客様、とくに自閉症スペクトラムなどの障害をお持ちのお客様にとって、困難な経験となることがあります。
そのため、そのようなことがないように、さまざまなリソースが準備されています。

米デルタ航空が提供する多感覚ルームなどのツールに加え、空港や運輸保安局のパートナーは、どのようなニーズにも対応し、アクセシブルな旅を実現するお手伝いをします。

エリックとクリスティーナ・ハンソン夫妻は、10歳の娘のベラを連れて頻繁に旅行しており、自閉症の人たちに旅行を勧め、ソーシャルメディアに頻繁に旅の様子を投稿しています。
クリスティーナによると、ベラは過去2年間で40000マイル以上を飛行し、デルタ航空は素晴らしい旅行体験を提供しているとのことです。

「私たちが飛行機を利用するときはいつも、ベラを早めに搭乗させるように配慮してくれ、ベラが落ち着けるように配慮してくれました。
何か必要なものがないか、頻繁に様子を見に来てくれたり、追加のスナックを持ってきてくれたりします。
デルタ航空の人々は、より簡単に、よりリラックスできるよう、娘を受け入れてくれるのです」

「慣れるためのツアー」

デルタ航空は、アトランタとミネアポリスという最も忙しい2つのハブ空港と提携し、家族に実践的な環境で練習する機会を提供しています。
次の慣れるためのツアーでは、障害のあるご家族が空港に来られて、旅行前の準備として空港内の移動の流れを練習することができます。

■ アトランタ・ツアー
毎月開催されるこのツアーでは、デルタ航空のボランティアが参加者を案内し、TSAセキュリティ検査手続き、ターミナル内の探索、飛行機への搭乗などを体験します。
また、認知障害や身体障害のある方と交流のあるボランティアから、「空の旅の裏技」を聞くこともできます。

■ ナビゲーティングMSP
このプログラムは、飛行機を利用する際に不快感を感じる可能性のある子どもや大人に対して、空港内や機内での練習を無料で提供するものです。
デルタ航空は地元当局と協力し、実機が使用できない場合に使用できる模擬機内を作成しました。
このプログラムのボランティアは、障がいを持つ家族を持つデルタ航空の社員です。
彼らはツアー中、質問に答えたり、親切にアドバイスしたり、励ましたりしています。

「センサリールーム」

k1 自閉症の方や子と家族に快適な空の旅を。米デルタ航空の取り組み

感覚過敏の方とそのご家族がより楽しく旅行できるよう、安全な環境を整えたマルチセンサリールームでサポートします。
これらの部屋には、心を落ち着かせる色や音、アクティビティが用意されています。
デルタ航空では、アトランタとニューヨークにセンサリー・ルームを設置し、航空券をお持ちのお客様が個々のニーズに応じて利用できるようにしています。

米国内の他の多くの空港とアイルランドの1ヶ所で、すべてのお客様にマルチセンサリールームを提供しています。

  • ピッツバーグ国際空港 Aコンコース
  • ニューヨーク・ラガーディア国際空港 ターミナルC
  • ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港 Fコンコース
  • サンディエゴ国際空港 TSA入口と出口の間
  • シアトル-タコマ国際空港 列車側STレベルAゲート
  • バーミンガム-シャトルズワース国際空港 Bコンコース Chick-fil-A横
  • ポートランド国際空港 コンコースD、D11の向かい側
  • マートルビーチ国際空港 バゲージクレーム
  • ダブリン空港: 400ゲート横

「TSAケアーズ」

TSAケアーズは、お身体の不自由な方、健康状態の悪い方、その他特別な事情をお持ちの方に、セキュリティチェックの際に追加でサポートを提供するヘルプラインです。

特別な配慮が必要な方、空港でのセキュリティ検査に不安をお持ちの方は、TSA職員またはスーパーバイザーに、その場でサポートを提供する旅客サポートスペシャリストを依頼することができます。

k2 自閉症の方や子と家族に快適な空の旅を。米デルタ航空の取り組み

「搭乗前の準備」

片方の親は早めに搭乗し、座席に座り、すべての手荷物を座席の下に収納し、快適なアイテムを取り出して準備しておくことで、安心できるように「巣」を作ることができます。
もう一人の親は、子どもと一緒に搭乗待合室にいるか、混雑していない場所にいて、最後に搭乗するのを待ちます。
最後に搭乗することで、機内で座っている時間を最小限に抑えることができます。

「障害者諮問委員会からの学び」

デルタ航空は、心のこもった、信頼できる、革新的なサービスを通じて、すべてのお客様に選ばれる航空会社になることを目指しています。
デルタ航空は14年間、障害者委員会(Advisory Board on Disability)と協力し、すべての人が利用しやすい空の旅を推進してきました。
この委員会は、14名のフリークエント・フライヤーと障害の専門家から構成され、定期的に会合を開き、障害のある人たちの旅行体験に影響を与えるさまざまな項目についてデルタ航空に助言しています。
デルタ航空のチームは、理事会のメンバーである自閉症の専門家、キャロル・グレイと協力してLGAのセンサリー・ルームをデザインすることになりました。

娘のベラと頻繁に旅行しているエリックはこう言います。

「デルタ航空とそのパートナーが行うこれらすべてのことは、私の家族にとって重要であり、他の航空会社と違うところです。
ベラは旅行が大好きで、いつかデルタ航空の客室乗務員になりたいと考えています」

(出典・画像:米デルタ航空

ありがたいです。

日本の航空会社でも取り組みは始まっています。

チェックしてみるといいかもしれません。

将来はクルーとして働きたい。自閉症少年をエミレーツ航空が招待

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「べちゃべちゃねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。