発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

将来はクルーとして働きたい。自閉症少年をエミレーツ航空が招待

time 2022/10/07

この記事は約 2 分で読めます。

将来はクルーとして働きたい。自閉症少年をエミレーツ航空が招待

12歳のカルム・マクギャリガンは、アラブ首長国連邦を拠点とする航空会社、エミレーツ航空のキャビンクルーとして、空高く飛ぶことを夢見ています。

カルムは2歳のときに自閉症と診断されました。
早期診断とサポートのおかげで、カルムは自閉症であることをものともせず、夢に向かって邁進する決意を固めました。

カラムの叔母は、カラムが9歳のときに録画した、機内での安全説明をする真似をしたビデオをエミレーツ航空に送りました。

e6 将来はクルーとして働きたい。自閉症少年をエミレーツ航空が招待 e8 将来はクルーとして働きたい。自閉症少年をエミレーツ航空が招待

すると、エミレーツ航空はカラムと両親をドバイのエミレーツ航空トレーニングアカデミーに招待しました。

そこで彼は、安全・救急処置から医療訓練、客室乗務員のイメージの完成度、乗客に提供する食事の完成度まで、あらゆる訓練を垣間見ることができました。

キャビンクルーの魅力についてカラムはこう言います。

「さまざまな場所や国を訪れることができること。そして、人々を助け、人々に奉仕できるからです」

e2 将来はクルーとして働きたい。自閉症少年をエミレーツ航空が招待 e1 将来はクルーとして働きたい。自閉症少年をエミレーツ航空が招待 e3 将来はクルーとして働きたい。自閉症少年をエミレーツ航空が招待 e7 将来はクルーとして働きたい。自閉症少年をエミレーツ航空が招待

e9 将来はクルーとして働きたい。自閉症少年をエミレーツ航空が招待 e10 将来はクルーとして働きたい。自閉症少年をエミレーツ航空が招待

ドバイではクルーについて学ぶばかりでなく、遊びこともできました。
バギーで砂丘を走ったり、ラクダに乗ったり、デザートバンケットを食べながらベリーダンサーの踊りを楽しんだり、UAEのサファリにも参加しました。

ドバイでの4日間を終えて、キャビンクルーになりたいという、カラムの気持ちはさらに強くなりました。
エミレーツ航空で働くには21歳以上でなければならないので、あと9年は待たなければなりません。

「21歳の誕生日になったら、すぐに応募するよ!」

そして、カルムの家族は、これ以上ないほど誇りに思っています。
父親はこう言います。

「私も、母親も、友人も、学校の先生も生徒も、みんなカルムのことを本当に、本当に誇りに思っています」

(出典・画像:英itv

なんと、太っ腹。

夢を応援する企業、すばらしいですね。

電気大好き自閉症少年。手紙を書いたらヘリにまで乗せてくれた

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「どっちなのよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。