発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

電気大好き自閉症少年。手紙を書いたらヘリにまで乗せてくれた

time 2022/07/07

この記事は約 2 分で読めます。

電気大好き自閉症少年。手紙を書いたらヘリにまで乗せてくれた

自閉症の9歳の少年が、電力会社に手紙を書きました。
その結果、ヘリコプターに乗って上空から見ることまでできました。

ヘンリー・ラッセル少年は、電気について学ぶことに「無限の」情熱をもっています。
電力会社での仕事を詳しく知りたくて、英ナショナル・グリッド社に手紙を書きました。

その結果、ナショナル・グリッド社の業務用ヘリコプターへの搭乗に招待され、電力会社施設のプライベートツアーを楽しむことができました。

鉄塔の絵が描かれたお気に入りのジャンパーを着て飛行したヘンリーは、小さい頃から電気に興味がありました。

家ではよく糸で架線を再現し、最近では1000ピースの鉄塔のジグソーパズルを完成させました。

招待されたこの日はまず、再生可能な電力を国家間で共有できるようにした、イギリスとフランスの間で電気を結ぶ海底インターコネクター「IFA2」と、インターコネクターを通ってきた電力を英国に運び、送電網に乗せるための変電所を見学しました。

d5 電気大好き自閉症少年。手紙を書いたらヘリにまで乗せてくれた d3 電気大好き自閉症少年。手紙を書いたらヘリにまで乗せてくれた

その後、ナショナル・グリッド社の業務用ヘリコプターに乗り込み、20分間のフライトで送電網を上空から見学しました。

「ツアーはとても楽しかったし、ヘリコプターに乗るのも楽しかったです」

そう、ヘンリーは言います。

ナショナル・グリッド送電のチーフ・ヘリコプター・パイロット、ジョン・リグビーが、離陸前にヘンリーにヘリコプター機内の説明をしました。

d1 電気大好き自閉症少年。手紙を書いたらヘリにまで乗せてくれた d4 電気大好き自閉症少年。手紙を書いたらヘリにまで乗せてくれた

ヘンリーの父親、ダニエルはこう言います。

「今日はヘンリーが大好きなものを詳しく見る機会をいただきました。
電力と電気の仕組み、電力の未来の姿、家庭や企業への電力供給の仕組みなど、多くのことを学ぶことができました。
今日は私たちにとって忘れられない日になりました」

ナショナル・グリッド社のリグビーはこう言います。

「私たちと同じくらいに電気を愛している人に会えるのはめったにないことです。
今日はヘンリーと一緒にヘリコプターに乗って、無限の熱意を見ることができたことは光栄でした」

(出典・画像:英The News

「鉄塔」も好きなんですね。

わかります。

うちの近くには立派な「煙突」があるのですが、私はそれを見るのが大好きです。

ガソリンスタンドに夢中の発達障害の少年に贈られたプレゼント

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「けれどパパはうれしい、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。