発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

言葉を話せないが歌うことはできる自閉症の男性。音楽療法の効果

time 2022/11/04

この記事は約 2 分で読めます。

言葉を話せないが歌うことはできる自閉症の男性。音楽療法の効果

マイケル・フライは、話す前に歌うことができました。
30歳の言葉を発しない自閉症のマイケルは、コミュニケーション能力を高めるために、生涯を通じて音楽療法を利用してきました。

「マイケルは音楽が好きで、音楽を楽しんでいるので、一緒にするのはポジティブなことでした。
2歳頃から歌うことはできましたが、話すことはできませんでした。
ですから、脳の異なる部分が、歌う機能と話す機能を担っているのです」

そう母親のグレニスは言います。
マイケルは4歳の時に放課後の音楽療法クラスを受け始めました。

「音楽はコミュニケーションを教えるための手段です。
マイケルは長い間、言葉によるコミュニケーションはありませんでしたが、やがてコミュニケーションがとれるようになりました。

そして、順番を守ること、周りで起こっていることを観察すること、他の人と関わることを学ぶことなど、より多くのスキルも身につけていきました」

blank

マイケルが幼少の頃は、ニュージーランド音楽学校の非常勤教授ダフネ・リクソン博士が教えていました。

「私は、娘が生まれつき重度のろう者であったことから、音楽療法に興味を持ちました」

リクソン博士は研究を通じて、音楽療法が自閉症や障害を持つ人々のコミュニケーション能力の向上や健康増進に役立つことを発見しました。

「音楽が私たちの生活に与える影響について考えれば、理解しやすいはずです。
誰でも音楽を聴いたとき、つま先を動かしたり、体を動かしたりします。
日常生活の中で音楽が私たちに影響を与えることはたくさんあるのです」

音楽療法の効果を理解してもらうために、「ニュージーランドの自閉症児の音楽療法」という論文をリクソン博士は発表しています。

「音楽療法が、子どもたちの感情のコントロールやコミュニケーション、人との関わりをどのようにサポートしているかがわかりました。
一言で言えば、音楽療法は子どもたちが成長できるような、自閉症にやさしい環境を作るということです」

blank

マイケルは何百もの映画の主題歌を知っていると母親のグレニスは言います。

「祖母に会いに行くときには、CDを山ほど持っていくんです。
マイケルはそのCDで音楽を流し、歌っています」

(出典・画像:ニュージーランドStuff

うちの子も小さなころから大きくなった今でも、お気に入りの音楽がかかると笑顔になって、踊りだしたりします。

その姿を見ると、こちらも楽しくうれしくなります。

自閉症スペクトラム障害の子の脳変化も確認できた音楽療法の効果

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「けれどパパはうれしい、ねっちさん」
ねっちさん2
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。