発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子が楽しく学べる。インタラクティブAR「箱庭」

time 2022/12/23

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の子が楽しく学べる。インタラクティブAR「箱庭」

自閉症スペクトラム(ASD)は、感覚過敏をはじめとするいくつかの特徴をもっています。
子どもたちは発達障害の有無にかかわらず、環境との相互作用や遊びを通して、運動、微細運動、社会的相互作用を発達させていきます。
遊びの活動によって、子どもたちはさまざまな感覚を学んで行きます。

iSandBOXは、伝統的な砂遊びをAR、拡張現実と一体化させた画期的なシステムです。
自閉症スペクトラムに悩む子どもたちへの働きかけに、広く活用されています。

iSandBOXは、保育園や学校のカリキュラムに組み込むことができるインタラクティブな砂場(サンドボックス)です。
ほとんどの感覚的な用途に適しています。
創造性を発揮するための優れたツールであり、外の世界とその地域の地形を視覚的に知ることができます。
インタラクティブ・サンドボックスの助けを借りて、野原、山、海、火山を作り、それらがどのように活動するのかを見ることができます。

インタラクティブ・サンド・ボックスは、中学校や幼稚園の教育機関での利用にとどまりません。
療育ツールとしても優れています。
「箱庭療法」は長い間行われてきましたが、iSandBOXで、新たなレベルのものとなりました。

感覚を刺激する遊びは、自閉症の子どもの発達に非常に効果的です。
砂遊びの原理は、スイスの有名な精神科医で心理療法家のカール・グスタフ・ユングが提唱し、1929年に小児科医のマーガレット・ローエンフィールドが初めて実践しました。

blank

砂遊びは、子どもにとって自然な活動です。
現代のコンピュータ技術を伝統的な砂遊びに融合させることで、「彼らの」世界に生きている子どもたちに関わり、管理された環境の中で創造性を発揮し、学習することができるようになりました。

自閉症の子どもたちは、テクノロジーとつながり、受ける刺激をコントロールできることで、テクノロジーとの関わりを楽しんでいます。

この革新的な製品は、子どもたちがスマートな環境で遊び、学ぶことを可能にします。
iSandboxの構造は、子どもたちの集中力を維持し、完全に孤立してしまうことを防ぎます。
サウンド機能のないiSandboxは、触覚と視覚の刺激のみに焦点を当てます。
プレイセラピストが落ち着いて遊びを指導しながら、感覚刺激を持続させる能力を養い、コミュニケーションや学習にも取り組むことができます。

資格を持った先生や心理学者の助けを得ながら、子どもたちは変わります。

  • 集中力を身につける
  • 運動能力、認知能力、コミュニケーション能力を高める
  • 感覚と視覚の認識力を向上させる
  • 感情のコントロールができるようになる

iSandBOXの幅広い学習・遊びのシナリオで、様々な年齢や状態に合わせた授業が可能です。

インタラクティブ・サンドボックスは、経験豊富な専門家の手にかかれば、貴重なツールとなります。
特別な保育の世界に入り込み、その子の可能性を引き出すのに役立ちます。
子どもたちは、新しいことを探検し、発見することに貪欲で、それが得意なのです。

(出典・画像:英TIMES LIFE STYLE

箱庭 + AR + プロジェクションマッピング

これは楽しく、いろいろ学べそうです。

ちょっと現実化したマインクラフト的な。

子どもたちが喜ぶのは間違いないです。

私もやってみたい。

ARとおもちゃで自閉症の子が長く遊べ、ことばの学習も進む

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「帰ってきたねっちさん」
ねっちさん2
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。