発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

バス運転手も頼りにする天気に夢中の自閉症女性。天気予報も放送

time 2023/01/01

この記事は約 2 分で読めます。

バス運転手も頼りにする天気に夢中の自閉症女性。天気予報も放送

カナダのハリファックスに住む29歳のミケリーナ・ディバコは自閉症です。

ミケリーナは知的発達障害のある大人のためのグループ施設に毎週専用のバスに乗って通っています。

そのバスの乗車中にミケリーナはスマホで確認しながら、週間天気予報を読み上げ運転手にいつも伝えています。

運転手たちも、それを頼りにするようになりました。
ミケリーナはこう言います。

「バスに乗っているときに天気を伝えることで、運転手さんはそれに応じて一日、一週間の計画を立て、安全に過ごすことができるはずです」

blank blank

運転手のナイジェル・スミスは、ミケリーナの希少知識の詳しさと熱意にはいつも感心していると言います。

「もし彼女が明日は雨だと言ったら、濡れないようにコートを着ます」

ミケリーナは中学生の頃から、気象について夢中になりました。

毎週月曜日に、ミケリーナはグループ施設に着くと、天気予報を放送します。
興奮で顔をほころばせています。

「天気予報を伝えることが誇らしく、自尊心を高めてくれます」

blank blank blank blank

ミケリーナは、自閉症のために気象予報士になるという夢は手の届かないものかもしれないと言います。

「それは私の障害による障壁です。
私は大学に行くことができないので、天気予報の仕事ができないのです」

そして、自閉症であることは心にも負担がかかると言います。
自身の神経多様性と不安は、時に他人とつながることを難しくすると。

「この世界は、私たちのためには作られていません」

しかし、バックグラウンドに関係なくすべての人に関係する「天気」についておしゃべりすることが、ミケリーナに穏やかさと団結の感覚をもたらしています。

(出典・画像:カナダGlobal NEWS

情熱を失わずに、ますます発信されてください。

応援しています。

プロレスが大好きな自閉症の青年はそのこだわりで社員になった

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「安心したよ、ねっちさん」
ねっちさん3
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。