発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の学生への支援、大学における新たな方向性。米国

time 2024/06/11

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

発達障害の学生への支援、大学における新たな方向性。米国
  • ADHDを持つ子供が学校で成功するためにはどうすれば良いですか?
  • 高校卒業後に進学を目指す神経多様な学生をサポートするプログラムはどのようなものがありますか?
  • 大学で神経多様性を持つ学生が成功するためにはどのような支援が求められますか?

ニキ・エリオットは、小学5年生を飛び級しましたが、母親が年上の男子生徒と一緒に授業を受けるのを望まなかったため、これ以上進級しませんでした。
そのため、学校で退屈し、勉強する方法を学ぶ機会がありませんでした。
彼女は「ほぼ写真のような」記憶力を持ち、宿題を5分で終えて他の生徒が追いつくのを待っていたといいます。大学に進学すると授業が難しくなり、「本当に大きな失敗を経験した」と語っています。

エリオットは「2E(twice exceptional)」と呼ばれる、特定の分野で優れた能力を持ちながらADHDなどの学習課題を抱える人です。
彼女は、注意欠陥・多動性障害(ADHD)により時間管理や集中力に課題があります。

特別支援教育の教師となり、自分のような若い黒人学生が学習の違いを活かし、自分の可能性を最大限に引き出せる環境を作ることを目指しています。

現在、米サンディエゴ大学でリーダーシップと教育科学学部の臨床教授を務め、「身体的平等と神経多様性センター」の設立を支援しています。
このセンターは、小学校から高校までの教師と教育支援スタッフの訓練、コミュニティカレッジの教育者の訓練、神経多様な学生に影響を与える政策問題の取り組み、そして神経多様な学生が大学や職場で成功するためのプログラムを提供します。
これらのトレーニングは学校や大学、その他の組織との契約によって資金提供され、追加の費用は慈善団体からの助成金でカバーされます。
エリオットはこう言います。

「教員の考え方を変え、授業内容の提供や開発を適応させることで、非常に明るく能力のある学生が高等教育で成功できるようにすることが重要です」

教師や教育支援スタッフが異なる方法で脳が機能する学生を支援する戦略を持てば、より多くの学生が大学進学を選択できるようになります。
高校を超えた移行を支援するプログラムへのアクセスがあれば、神経多様な学生は大学で成功するためのスキルを身につけることができます。

一部の大学では、神経多様な学生を支援するための新しい戦略を試みています。
米カリフォルニア大学バークレー校では、神経多様な大学院生のニーズを特定するためのタスクフォースが設置され、医療ケアやスクリーニング、障害者支援、カリキュラムの変更に焦点を当てています。

米サンディエゴ州立大学では、神経多様な学生や特別支援教育、心理学などの分野で働くことを考えている学生のために、実行機能と時間管理、社会的認知、文脈認識、他者の視点を理解する方法、コミュニケーションと関係スキル、自己主張を教える授業が提供されています。

エリオットは、新しいセンターが小学校から高校までの黒人学生(脳の違いの有無にかかわらず)をサポートするプログラムを提供し、彼らに自分の学習スタイルを理解させ、学校で成功するために必要なことを学ばせ、大学進学に向けて自己主張する方法を教えると述べています。
高校を卒業しサンディエゴ大学への入学資格を得た学生には、全額奨学金が提供されます。

エリオットはまた、神経多様な学生のためのサマーブリッジプログラムを開始し、学習者が自分を理解し成功に導く方法を学ぶことが重要であると述べています。

「学習者自身が自分を理解し、成功するための方法を学ぶことが、各人の才能を活かし、高等教育で成功する道を切り開く手助けになります」

エリオットの同僚であるキンバリー・ホワイト=スミスも、神経多様性に対する理解を深めるための取り組みに関わっています。
ホワイト=スミスは、言葉を話さない兄と一緒に里親家庭で育ちました。
彼女の兄は話さないため、社会福祉士から「教育不可能」とラベルを貼られましたが、里親の母親は彼の学習能力を信じ、可能性を引き出すために戦いました。
兄は最終的に話し始め、高校を卒業するまでに成績を上げました。
ホワイト=スミスはこう言います。

「兄が経験しているものの名前は知らなかったが、それが彼の持つ可能性と一致していないことは分かっていました。
私たちは40年前よりも今の方がずっと意識が高まっています」

彼女は、教育者や大学のリーダーが神経多様な学生をサポートするために変更を行う責任があると強調しています。

「神経多様であることには多くの課題が伴いますが、同時に多くの可能性もあります」

多くの神経多様な学生は、小学校から高校までの教育中に多くの課題に直面し、大学に進学しても課題は続きます。
彼らは時間管理、計画立て、優先順位付けなどの組織的スキルで苦労することが多く、大学の授業を難しく感じることがあります。

サンディエゴ州立大学のフィッシュマンは、脳の違いを持つ学生がノート取り、試験時間の延長、指示の繰り返しなどの支援を必要とすることがあると述べています。

大学はこれらの課題に対処するための適応を提供していますが、適格な診断を受ける必要があります。
多くの神経多様な学生は、状態を管理するために薬を服用していますが、授業の時間が薬のスケジュールに合わない場合があり、これが退学や成績不振につながることがあります。
教室の環境も、ちらつく蛍光灯や特定の音、大勢の人々がいることなどがストレスの原因となることがあります。

一部の神経多様な人々は、社会的な人間関係の動きや変化や手がかりを理解することに苦労し、社交不安を抱えることがあります。
グループでの活動や教室外での社交は、彼らにとって大きな挑戦となることがあります。
神経多様な大学生は、自分のニーズを理解し、自己主張する方法を学ぶ必要があります。


米ビーコン・カレッジの学習スペシャリスト、メリッサ・ボドゥックはこう言います。

「高校生が受けている支援は、彼らがそれを受けていることを知らず、ただ常にそれを利用しているだけです。
学生が自分に何が必要かを必ずしも知らない場合、何を求めればいいのかも分からないのです」

ビーコン・カレッジは、神経多様な学生のためのシステムを設計し、支援が構造に組み込まれています。
大きなプロジェクトは小さな部分に分けられ、課題について事前に知らせることでシラバスに追加時間が組み込まれています。
学生は学習スペシャリストと定期的に会い、自分の作業量を管理し、直面する課題を理解し、教授に対して自分を主張する方法を学びます。

神経多様性に対する理解が深まる中、教育者や大学のリーダーは、これらの学生をサポートするために必要な変更を行う責任があります。
エリオットとホワイト=スミスは、新しいセンターやプログラムを通じて、すべての学生が自分の才能を最大限に活かし、成功するための道を切り開く手助けを続けています。

(出典:米THE HECHINGER REPORT)(画像:たーとるうぃず)

スゴイ人が潰れてしまわないように、ますますスゴイ人になるように。

社会システムはなってほしいと思います。

人類にとっていいはずです。

発達障害や知的障害の学生が大学で学ぶ。米IPSEプログラム

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。