発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

ADHDや自閉症の人の職場の困難「全くお茶を飲まない方が楽」

time 2024/06/06

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

ADHDや自閉症の人の職場の困難「全くお茶を飲まない方が楽」
  • どのような職場環境や配慮がADHDや自閉症を持つ人に適しているのか?
  • ADHDや自閉症を持つ人が職場で直面する一般的な課題とは何ですか?
  • ADHDや自閉症を持つ人が職場で自分の特性を活かすための戦略や方法はありますか?

ADHDや自閉症を持ち働く人は、その能力と献身性を職場に持ち込む一方で、通常の雇用者が考慮しないかもしれない課題に直面しています。
しかし、いくつかの重要な調整で大きな変化をもたらすことができます。

カット・ブラウンは外部から見れば職業的に成功しているように見えました。
しかし、彼女の同僚たちが知らなかったのは、彼女がどれだけの努力をしているかでした。

「頭の中で常に『あなたは十分ではない、普通ではない、他の人の5倍努力しなければ』という声がしていました」

そう、ブラウンは言います。
彼女はアルコールやコーヒーを飲むことでその声を落ち着かせていました。
彼女は一日に最大9杯のアメリカーノを飲み、仕事後にはお酒でリラックスし、家に帰ると疲れ果てて涙を流すこともありました。
メディア業界を辞めてフリーランスになった37歳の時にADHDと診断されると、すべてが理解できるようになりました。
彼女は、ADHDを持つ人々の中には、カフェインが頭を安定させる助けになることがあると説明しています。
また、彼女は自分が異なっているという感覚と、何かが暴露される恐怖が不安を引き起こしていると考えています。

しかし4年後、ブラウンは自分の神経多様性の脳の利点を理解するようになりました。

「以前一緒に働いていた友人が『あなたは、多くの処理ができて、弦がたくさんついている弓のよう、まるでハープのようだ』と言っていました。
多くのADHDの人々が持っているのは、『この状況から、ここで何をする必要があるか』というマルチタスの考え方です」

彼女は複数のプロジェクトを同時にこなすことができ、非常に生産的であり、締め切りに強いです。

「いつも仕事があり、タスクをこなすことができればいいのですが、仕事がなくなると本当に困ります」

彼女は詳細な週間スケジュールを作成し、自分を動機づけるために空き時間にタスクを入れています。

ADHD、自閉症、そう診断される人が増加しています。
それが労働生活における神経多様性の隠れた役割を新たに理解する助けとなっています。

しかし、全員が同じように幸運なわけではありません。
ある研究によると、ADHDを持つ労働者は通常のスタッフよりも解雇される確率が60%高く、衝動的に退職する確率が3倍になると報告されています。
また、イギリスの研究では、就職を望んでいるにもかかわらず、就業年齢の自閉症を持つ英国人の30%しか仕事を持っていないと示唆されています。

自閉症の人たちは、一人でデータ処理の仕事をするのに最適であるという役に立たないステレオタイプがまだ残っていると、英国立自閉症協会(NAS)のリッチマル・メイバンク雇用エンゲージメントオフィサーは言います。
また、適切な調整を要求する法的権利を行使することや診断を公表することへの差別の恐れが、一部の人々を躊躇させています。

メイバンクが支援した自閉症のある医療専門家は、オフィスのお茶の順番の社会的規範を間違えることを非常に恐れていたため、職場で暖かい飲み物を飲むことができませんでした。

「彼女は仕事でいくつかクリニックを訪れる必要がありましたが、場所によって『お茶』のルールが異なりました。
一つは共同購入制度を使用し、もう一つはどのマグカップを使うか注意する必要がありました。
彼女は『隣に座っている人にお茶を入れるべきか、それとも部屋全体のために作るべきか?』と考えるのが非常にストレスだったので、結局は全くお茶を飲まない方が楽だったと言っています」

英国立自閉症協会は、このような「非公式」のエチケットを新入社員に説明するための「新入社員用チェックリスト」を企業が作成するのを支援します。

自閉症の人々やADHDのある人々は明るい光や騒音に敏感であるため、メイバンクはしばしば暖かいオフィスの照明を推奨し、静かなときに早めに仕事を始めることを許可したり、オフィスのラジオを消してスタッフがヘッドフォンで音楽を聴けるようにすることを提案しています。

しかし、神経多様性を持つ働く人の多くにとって、最大の障害はそもそも雇用されないことです。

ロバート・バックランド元内閣大臣が主導した政府委託の自閉症と雇用に関する最近のレビューでは、自閉症の卒業生が非自閉症の同僚の2倍の確率で15ヶ月後に仕事が見つからなかったことがわかりました。
多くの人が「成功するためには自閉症の特性を隠さなければならない」と感じています。

バックランド(自身の娘も自閉症です)は、彼の報告が誰かを仕事に就かせるために福祉から外すことについてではなく、仕事を持ち、他の人が当たり前と考える生活の質を楽しむチャンスを切望している人々を支援することについてであると強調しています。

バックランドは、それがサポートされた仕事を意味することもあれば(自閉症の人の約3分の1は知的障害を持っています)、他の人にとっては、採用において包括性を「通常の一部」とすることを意味すると言います。
バックランドの報告書は、候補者が事前に面接の質問を見て準備できるようにし、社会的に適合することよりも実際に応募者ができることに焦点を当てたより実践的な面接タスクを設定することを推奨しています。
バックランドの報告によれば、自閉症の人々が自分たちが就いている仕事に対して過剰に資格を持っている傾向があり、一度雇用されても、いくつかの微妙な昇進の障壁に直面していることが示唆されています。

成功している人々でさえ、自然には身につかない方法で仕事をすることが求められると、疲れ果てることがあります。

ジョー・デスボローは神経多様性コーチであり、雇用主と従業員の間のギャップを埋めるのを助けています。
デスボロー自身も自閉症であり、子供の頃に教室で話していたために罰されたことを今でも覚えています。

「先生が『誰が話しているの?』と聞いたので、手を挙げたら、私は叱られました。それに驚いていました」

なぜ正直に答えたのに罰されるのか混乱しました。

「そして突然、私は『問題児』とレッベル付けされました。私はただ何が間違っていたのかを理解しようとしただけです。
先生が『話すのをやめなさい』と言っていたら、私は理解できたでしょう」

職場では、管理者が聞きたいと思っていることを言うのではなく、文字通りの真実を言ってしまう傾向があるため、昇進の見込みを損なうこともありますが、正直さは雇用主にとって非常に貴重である可能性があるとデスボローは指摘しています。

クレア・マクナマラは、ジョー・デスボローと頻繁に協力する神経多様性コーチで、50代でADHDと自閉症の特徴の一部が診断されました。
マクナマラは、コーチングが人々を「修正」することではなく、彼らの強みを伸ばすことについてだと強調しています。

「誰かに『あなたは物事をどのように経験するか、あなたの強みは何か、このような状況で何をするか、それからどんな能力をこれに適用できるか』と言えることができれば、彼らが本来の自分であることを許可されたようなものです」

マクナマラは、自身の神経多様性のおかげで、シニアエグゼクティブをコーチングし、同僚の反応にもかかわらず成功しています。

「神経多様性のある人たちは大局を見るのが非常に上手で、戦略的な思考も得意です。
人々を引き込むのが上手で、非常に献身的です。
そして、一生懸命で革新的に働きます」

しかし、高い成果を上げる人々でさえ、自然には身につかないことを仕事で求められると、疲れ果てることがあります。
彼女とデスボローは、圧倒される感じを避けるために、しっかりとした境界を設定し、仕事のペースを調整しています。

自分の時間をあまりコントロールできない従業員で、神経多様性があることを公表することを心配している人々に対して、デスボローは、なぜそのような調整が必要なのか、その理由を具体的には言わずに、調整を要求することを提案しています。
(例えば、ノイズキャンセリングヘッドフォンを使用することや部分的に在宅勤務すること)

ブラウンにとって、在宅勤務は運動の時間を許可し、仕事への集中を助けるだけでなく、不規則なエネルギーの低下を管理することも可能にします。
フリーランスになる前に診断されていても、ブラウンは雇用主に伝える自信があったかどうかわからないと言います。
しかし、多くの点で、もっと早く知っていたら良かったと彼女は願っています。

「もう少し幸せだっただろうと思います」

(出典:英The Guardian)(画像:たーとるうぃず)

「考えるのが非常にストレスだったので、結局は全くお茶を飲まない方が楽だった」

これは、お茶だけでなく、私もわかります。

暗黙のルール、職場での常識、への対応からの逃避。

たとえば、私は職場とプライベートは完全に分けるタイプなので、プライベートな旅行で職場の人たちにお土産を買うことはありませんでした。(仕事の出張では買いました)

なので、プライペートな旅行でもどこかに行くたびにお土産を買って職場で配る人がいると、渡されたときに拒否するのも気まずく、かといって私がお土産を渡すこともないので、もらうのもどうかと思い、そんなときはよく席を外したものです。

自閉症の人たちは金融業界においてアドバイザーなどで活躍。英国

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。