発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の人たちが本場ハリウッドの人から映画を学べる機会

time 2023/09/15

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の人たちが本場ハリウッドの人から映画を学べる機会

ハリウッドのプロフェッショナルたちが、米オクラホマ自閉症協会のメンバーに映画制作について教えています。

オクラホマの映画産業は包括性を推進し、夢を実現する手助けをしています。

「私は13歳くらいからいつも動画制作や編集、音楽ビデオ制作が大好きでした。
映画制作に興味と情熱を追求したいと思っていました」

そう、自閉症のアレックス・ウェディントンは言います。

blank

「ビデオカメラやレンズ、音について学びました。
音は特に重要です」

オクラホマ自閉症協会、オクラホマシティコミュニティカレッジ、そしてオクラホマ映画教育協会が映画制作について教えるために提携しました。
ウェディントンこの機会を逃しませんでした。

「映画制作が大好きです。
高価なカメラなどを使えることは夢のようです。
彼らには素晴らしい映画プログラムがあります」

blank

ハリウッドの経験豊富な人々と実地経験を積む機会を持っているは、ウェディントンだけではありません。

「彼らには監督や照明を担当させ、カメラの操作もしてもらいます。
アクティブな映画セットでどのような経験をするかを体験してもらいます」

そう、オクラホマ映画教育協会のエグゼクティブディレクターであるオースティン・テイラーは言います。
自閉症の彼らは誰もが役割を持つことを望んでいます。

「私が映画業界で働く上で一番好きなことは、その業界がどれだけ包括的であるかを知っていることです。
大きな高度な学位を持っている必要も、長い経歴を持っている必要もありません」

blank

大作映画の撮影をオクラホマで次に行うときには、どうなるでしょうか?

「今回の参加者、これらの子どもたちは、各部署の責任者と話す機会があります。

『あの映画で働いていますよね。私は仕事を探しています』

そう、伝えることができます。
この関係がそのように仕事関係を始めるきっかけとなることを願っています」

(出典・画像:米KOCO

ハリウッドの人たちから直に学べる。

すごくうれしくて、すごく学べる機会になるでしょうね。

アンソニー・ホプキンスが自閉症を公表。世界を豊かにする人たち

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。