発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

「自閉症とともにレースする」自閉症ドライバーの願いは世界へ

time 2023/11/12

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

「自閉症とともにレースする」自閉症ドライバーの願いは世界へ
  • ライリーは何に情熱を持っていますか?
  • ライリーはどのように自閉症を乗り越え、人々に影響を与えていますか?
  • ライリーの家族は、彼がレースを続けるためにどんな困難を乗り越えていますか?

オースティン・ライリーはレーシングカーのドライバーです。
そして、もちろん、レーシングはスリリングなスポーツですが、ライリーはそれ以上の存在です。
彼は障害を乗り越え、世界中の人々に教育を提供し、家族に希望を与えているのです。

何年もの間、彼は人々をレーストラックに引き寄せてきました。
しかし、彼の名声はスピードウェイで速いことだけでなく、障害を抱える人たちのためにトラック上で壁を打破していることにあります。

ライリーは自閉症を抱えています。

彼にとっては、靴紐を結ぶといったことも簡単ではありませんが、レーシングカーに乗れば、人々を驚かせます。
あなたの心も打つでしょう。
それは複雑で繊細な機械の中で、彼があなたの心を爆発させるのです。

ゴーカートトラックがライリーのレーシングキャリアの始まりでした。
父であるジェイソンは、彼にエネルギーを集中させる何かを与えたかったのです。
ライリーはいつも車が好きでした。幼少期から夢中でした。
だからゴーカートを試してみたのです。

ライリーがアクセルを踏むやいなや、彼は夢中になりました。
しかし、ライリーとジェイソンはそのトラックを回ることが、彼らの人生を永遠に変えることになるとは思ってもみませんでした。

それはすべてライリーの2番目に愛する「スピード」に帰結しました。
もちろん、1番目に愛するのは「車」でした。
二つを組み合わせれば、ライリーは天国にいます。

「私の頭はそんな風に動く。私の頭は非常に速いペースで動く。
だから、レースカーでは、私の頭は通常の速さで動いている。
そして、レースカーにいないと、それほど速く動いていません」

そう、ライリーは言います。

彼の頭の中では、すべてが速く回転しています。
物事を遅くすると、難しくてイライラします。
しかし、ライリーはゴーカートに乗り込むと、すべてが調和しているように感じられました。
ライリーは自分の使命を見つけ、トロフィーを置くのには別の部屋が必要なほど何度も表彰台に立ちました。

ライリーのトラック上での旅はすぐに、速いゴーカートからもっと速い車へと進化しました。
彼はカナダで自閉症を抱える人として初めてレーシングカーライセンスを取得しました。
数年後、ライリーはすでに北アメリカ中を走り、ほぼすべてのレースで表彰台に立っていました。
彼はトラック上で印象的な力を持ちながら、トラック外でもさらに印象的な人物でした。

ライリーが一つ一つレースで勝ち始めると、人々は感動しました。
彼が誰なのか知りたくて、父親のジェイソンに声をかける人々が増えました。
ライリーが自閉症を抱えていることを知った多くの人は驚きました。
だから話しました。
父親のジェイソンはライリーについてどんな人にも話しました。

「自閉症とともにレースする」

は、ライリーのモットーとなり、トラックからトラックへ、そしてオンタリオ全土、カナダ全土、アメリカ、そして世界中の学校へと広がる教育キャンペーンの名前になりました。

自閉症を抱える子どもを持つ家族は、もしライリーがそんなことができるのなら、自分たちの子供たちにも可能性があると感じました。
ライリーと父のジェイソンは、数百回に及ぶプレゼンテーションを開催し、彼の物語を子どもたち、教師、親たちに伝えました。
ライリーはトラック上とトラック外の両方でゲームチェンジャーになりました。

「私は私がやっていることに非常に幸せで誇りに思っています。
そう、私はレーサーであり、そう、私はレースが好きですが、それを変えるためにやっています」

父のジェイソンは、ライリーがこれほど若い年齢で何を成し遂げたかに驚いています。

「息子が自閉症を抱える人がレーシングの世界で何ができるか、また障害を抱える人ができるかに対する認識を変えたことはおどろきです」

しかし、ライリーと家族にとって、このトラック上の旅は簡単なものではありませんでした。
父親のジェイソンと母親のジェニファーは、ライリーがレースを続けるために多くを犠牲にしました。
それはとてもお金がかかるからです。
週末のトーナメントは何万ドルもかかり、旅行、食事、ホテルの費用は含まれません。
彼らはいくつかのスポンサーからサポートを受けていますが、残りの資金は寄付、商品販売、表彰台の勝利から得られています。

しかし、ライリー家族にとって苦労は重要ではありません。彼らにとって重要なのは、息子を幸せにし、彼の将来を確保することです。
彼らの関係は父と息子の絆を超えています。

「父がいなければ、私は今このポジションにいないでしょう。
世界を変えてレースすることができるのは父のおかげです」

家族にとっての目標はシンプルです。
ライリーをトラックに乗せ、彼の夢を生かし続けることです。

(出典・画像:カナダCTVNEWS

ご家族もご苦労されての今があるのですね。

ますますのご活躍を。

自閉症の子と家族が安全快適に移動できる自動車。米クライスラー

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。