発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

ADHDの若者が作った発達障害などの方たち向けの旅行会社

time 2024/01/14

この記事は約 5 分で読めます。

ADHDの若者が作った発達障害などの方たち向けの旅行会社

ADHDをかかえながら成長したテッド・ケンプフは、学校で苦労しました。
頭が良く、注意が散りやすく、おしゃべりなケンプフは、従うことを求める教師たちとしばしば衝突しました。

この経験が後に、ケンプフをさまざまな環境で神経多様性を持つ若者や大人たちと働く道へと導き、最終的にはアクセシブルな旅行の世界で先駆者となるツアー会社、「ワンダーロック」の共同設立者となりました。

ケンプフは2019年末に共同設立者のダニー・ラエデと共にワンダーロックを立ち上げました。
チームは、20代から30代前半の発達障害などの神経多様性を持つ旅行者が彼らに最適な方法で目的地を体験できるよう、手作りの体験満載のツアーを作ることに焦点を当てました。
旅行コミュニティにおける未満足のニーズに対応する全く新しいものを開発しようと取り組みました。
ケンプフは笑ってこう言います。

「競争がないのは良いことだけど、完全にわからない領域でした」

blank

4年後、ワンダーロックは年間を通じてヨーロッパ、日本、ジンバブエ、モロッコへの旅行を主催し、神経多様性の人たちで盛り上がるDiscordコミュニティを維持しています。

ラエデによると、旅行業界も自閉症や神経多様性を持つ旅行者のニーズに対応するのが遅れています。

「自閉症の人たち向けの革新と新しい体験は、正直に言って氷河のように遅い。
それは大半の作業が学術研究者によって行われているからです。
それでも幸いに、自閉症スペクトラム上の人たち自身が、関心を持ち活動するようになってきました」

臨床心理療法士のADHDのクリスタル・ブリットは、何年もの間、神経多様性を持つ友人たちと一緒に旅行をしてきました。
しかし、いつも自分たち自身で旅行の計画しなければなりませんでした。

「私はそうした友だちと旅行するのは、無理をすることが少なく、マスキングをする必要がないからです」

マスキングとは、神経多様性のある個人が「神経典型的な人々のために設計された世界に適応する」ために取る努力を表す用語です。
同じような友人との旅行では、「神経特異的な人としてどのように振る舞うかという圧力はありません」とブリットは述べています。

臨床的な観点から、ブリットは旅行が神経多様性のある人々にとってしばしば難しいと言います。
なぜなら、それには多くの期待が関係しているからです。

「神経典型的な人々と旅行するとき、私は出発したときよりもさらに疲れてしまうので、その休暇から回復するために時間が必要になります。
自分のニーズに合わせてそれを設計することができるとき、それは本当に意味のあるものになり得ます」

blank

彼ら自身の経験と神経多様性を持つ旅行者からのフィードバックに基づいて、ワンダーロックのケンプフとラエデはまさにそれを行いました。

ワンダーロックは繰り返し同じところを訪れるため、地元の職人やガイドと関係を築き、ゲストに魅力的でキュレーションされた体験を提供できるようになりました。
また、ワンダーロックのツアーは、ほとんどの旅行者が観光と考えるようなことをあえてあまり行いません。

「私たちは大きな物を見に行ってバスに戻り、別の大きな物を見に行くことはしません。
そうではなく、私たちは行く場所に友達がいます。
私たちは地元の工芸品を作ったり、経験的学習の要素がそれには必要です」

モロッコでの織物、イタリアでのガラス作り、日本での木工など、旅行者は自宅に持ち帰るオブジェクトに自分の体験を入れ込むことができます。

「それを見ると、彼らの体験は実際に彼らがしたことに凝縮されています。
それははるかに具体的で、それらの思考や感情を思い出すのがはるかに簡単になります」

カトリーナ・カトゥラーが初めてワンダーロックと一緒にウォルト・ディズニー・ワールドへ旅行したとき、細部への注意深い配慮がその旅行を可能にしたと言います。

「ワンダーロックは事前に行列の長さや時間のパターンを研究し、私たちができるだけ多くのクールなことを体験できるよう準備してくれました」

ケンプフとラエデ、そして彼らの信頼できるツアーガイドのチームは、各旅行のあらゆる側面に注意深い考えを巡らせています。
たとえば、シンプルで予測可能な宿泊施設を選ぶことにより、旅行者が「充電」するための安全な場所を提供します。

「求められている情報を集めることがサポートです」

blank

ワンダーロックは、日本へのツアーを年に6回または7回行います。

それは最も人気のあるツアーです。
ケンプフは、日本文化が神経多様性のある大人にとって理解しやすいからだと考えています。

「日本文化には一定の尊重された相手との距離があります。
誰もあなたの個人的なことに踏み込もうとしません」

ワンダーロックの旅行者の75パーセントがその旅行に特に関心を持っています。
そのため、完璧な日本の旅程を作ることを最優先にしています。

「たとえば、私たちは東京の最も忙しい部分には滞在しません。
照明が適度に良い場所に滞在します。
すべてが旅行者のエネルギーを不必要に使わせないようにします」

混雑し騒がしい「侍」の博物館を見学するよりも、侍の家系の人に会い、実践的な体験を通じて学びます。

「私たちは、ゲストにはできるだけ、最小限のエネルギーを使ってもらうようにします。
そして、もっと複雑で意味のあることを体験するためのバッテリーを温存するのです」

blank

最初のワンダーロックの旅行中に、ラエデは夕食後のドリンクを楽しむツアーグループの写真をケンプフに送りました。

「この人たちは、夕食後にこんなに多くの人たちと一緒に座ることはおそらくこれまでになかったと思います。
楽しみのためのものではなく、ただ、食べるだけの機会だったはずです。
しかし、その写真を見て、私は鳥肌が立ちました。
これが私たちが実現したかったことだと」

(出典・画像:米thrillist

お台場ガンダム、かっこいいですね。

ユニコーンガンダムではなく、初代ガンダムだったころに、うちの子と見に行ったことを思い出しました。

自閉症の子と家族がまわりを気にせず楽しめる列車旅行イベント

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。