発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の人のスティミング。抑えるべき場合と尊重するべき場合

time 2023/01/10

この記事は約 5 分で読めます。

発達障害の人のスティミング。抑えるべき場合と尊重するべき場合

すべての自閉症の人が、同じ社会的機能、IQ、あるいは能力や興味をもっているわけではありません。
しかし、目立ち、理解されにくい、頻繁に起きる行動特徴もあります。

「スティミング」(自己刺激行動、常同行動)です。

明らかな目的のない反復的な行動です。
しかし、本人にとっては自己調節するのに役立っているものです。
自閉症に人に限ったものではありません。

感覚障害、ADHDなどの発達障害、そして何の障害がない人も行うことがあります。

blank

スティミングはなくそうとするべきか、理解し尊重するべきか。
議論があります。

スティミングは、個人が自己を内的に調節するために用いる、なんども行うリズミカルで反復的な行動のことを指します。
五感のいずれかに関与し、さまざまな形態をとることがあります。

たとえば、退屈なときや緊張したときに爪を噛んだり、髪の毛を指に巻いたりしても、見ている人はとくに気にしないかもしれません。
しかし、リズミカルに体を揺らしたり、手をばたつかせたり、頭をたたいたりすると、周りの人は驚きます。

ですが、その根本的な機能は同じです。
ただ、刺激の種類と強さが違うだけなのです。

周りの人がそれを見て、受け入れられるかどうかだけの違いです。
スティミングには次のようなものがあります。

  • 視覚的なもの:まばたきを繰り返す
  • 聴覚的なもの:甲高い声で鳴いたり、フレーズや単語を繰り返したりする
  • 触覚的なもの:皮膚をこすったり、または指をたたいたり
  • 嗅覚的、味覚的なもの:嗅いだり、なめたりする。
  • 運動的なもの:飛び跳ねたり、前後に揺さぶったりする。

blank

スティミングは一見何の目的もないように見えますが、自己刺激と自己満足の一種です。
行う人にとっては複雑で圧倒的な状況下で、利用する適応メカニズムです。
次の目的をもっています。

■ 刺激
刺激行動や自己刺激行動は、環境から得られない刺激を与える役割を果たします。
たとえば、退屈を感じているとき、環境が悪いとき、単調な活動をしているとき、このような行動に走ることがあります。

■ 感覚の調節
刺激が強すぎる環境から本人の気をそらす、あるいは「保護する」役割です。
極端に明るい光、大きな音、喧騒、人ごみなど、に感覚が過敏になります。
そのような刺激を処理することができないためです。
そこで自ら刺激を与えることで、感覚統合の問題をやわらげ、安心感、リラックス感、安全感、幸福感などの心地よい感覚を得ています。

■ 情緒の管理
感情が溢れ出ているときにもスティミングは有効です。
たとえば、他者から過剰な要求をされたとき、社会的状況がストレスや複雑であるとき、環境が不慣れで脅威的であるとき、どのように対処したらよいかわからないときです。
刺激を与えることで、そうした激しい感情を調整し、不安感を軽減することができます。

■ コミュニケーション、表現
スティミングはコミュニケーションや感情表現にも重要な役割を果たします。
それによって不快感を表現することで、周囲の環境がその人への要求を軽減したり、援助やサポートを提供したりすることができます。
一方で、幸せや喜びといった感情の表現にもなります。

blank

スティミングは抑えるべきでしょうか?

従来は、制御し矯正すべきと考えられていました。
そのため、療育もそうするものでした。
しかし,最近では,多くの専門家,専門家,成人の自閉症の人が、スティミングがそれを行う人に果たす機能を考慮し,理解し尊重しなければならないという考えをもち、スティミングを行うことを擁護します。
実際、それは実に有用で適切な対処方法になっているのです。

しかし一方で、抑えなければならないスティミングもあります。
たとえば、次のような場合です。

■ 自傷行為
たとえば、自分の頭をぶつけたりする。

■ 集中を妨げる場合
学習や正常な発達を困難にするためです。

■ スティミングをすることが楽しみとなっている場合
その行動を行うことに楽しみを感じていると、強化されていきます。
その結果、本人が過度に自己中心的になってしまうことがあります。
あるいは、行動の頻度と強度が高まりすぎて、正常な日常生活に支障をきたすこともあります。

■ まわりから非難されてしまう場合
ある種のステレオタイプな行動は、社会から理解されなかったり、好意的にとらえられたりします。
そのため、社会的な人間関係を築くことが難しくなり、社会に拒絶反応を起こしてしまうことがあります。

このような理由から、スティミングに対する療育介入をしようとする前に、それが何らかの害や干渉を与えているのか、逆に本人にとって有用な道具なのかを判断することが重要です。

そして、介入する必要がある場合は、何が刺激行動の出現の原因になっているのかを理解することが重要です。
感覚的、感情的な観点から、本人が対処できる、自分を調整するための他の方法を教える必要があります。

また、周りの人により受け入れられやすく邪魔にならない行為を行うよう指導することも良いでしょう。
同様に、特定の環境要素(刺激の程度や要求など)に配慮することも大きな助けになります。

(出典:米Exploring yourmind)(画像:Pixabay

うちの子の常同行動の一つは、歩き回ることです。

ぐるぐるぐるぐる、1日中部屋の中を歩き回っています。

うちでも、通う施設でも。

ニコニコしながら歩いていることが多いので、できるだけ歩かせたいと思っています。

しかし、下の階の方へ足音が迷惑になっていないかといつも心配しています。

そのため、歩くコースには敷物を置き、厚底のくつも履かせています。

大丈夫だろうと思いつつ、それでもいつも心配です。

自閉症の人が行うスティミング。私は人の前でも楽しくする。

(チャーリー)

【不安を感じたり、ソワソワしたときに】
いつでもどこでもイジイジできる たーとるうぃずのフィジェットリング

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「くっつけ!ねっちさん」
ねっちさん3
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。