発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

無人島で宝物をさがしているみたい!

time 2016/10/27

この記事は約 2 分で読めます。

無人島で宝物をさがしているみたい!

発達障害者のためのエラン・デボン・センターの収穫の時期となりました。
職業訓練のプログラムに参加している利用者が、深く掘っていもを収穫しています。
「ええ、これは2年間のプロジェクトです。200ポンド(90kg)のいもを収穫しました。」
コーディネーターのメーガン・マーシャルが言います。

無人島で宝物をさがしているみたい! d1fb8dbcfe56ed4ae980846c66e7ba61-1024x768

マーシャルは、木曜日にコミュニティ農園で農業の指導をしています。

「ここが大好き。まわりをみれば、すばらしい働く場であることがわかるはずです。
大事なことは、ご利用者の働く機会となることです。」

「見るもの全て、囲いなどもみんな、ここで仕事をしている人たちが作ったものです。」

このコミュニティ農園には40の畑があり、いもだけでなく、果物や野菜を育てています。

このエラン・デボン・センターの中にあるカフェで、いくつかは料理に使われています。
また、4つの畑で収穫されたいもはフードセンターに贈られています。

「園芸療法」
マーシャルはそう呼びます。

「社会にとけ込むことは簡単なことではありません。
私たちは、8エーカー(32000平方メートル)の土地を持ち、働く機会を作ろうとしています。

小さな土地から始まりました。
それから囲いを作って、果樹園を作って、毎年育てました。」

9月からプログラムに参加しているジェームス・キーツはロープの作り方を学んでいます。

「難しい。けれど、自分にあっている。」とキーツは言います。

マシュー・ウォルシュはいつも手袋をしていると言います。
というのも、手を汚すのが嫌いだからです。
しかし、今年の収穫に興奮しています。

「まるで、無人島で宝物を探しているみたい!」

無人島で宝物をさがしているみたい! 97b051a4ac11f328d59e4a7fa1622eb8-1024x768

(出典・画像:カナダCBC

 

陽の光を浴びて、毎日こつこつがんばって、作る仕事。

たいへんなこともたくさんあるはずで、天候や自然災害によって、収穫ができなくなることもあります。

難しい仕事ですが、少し憧れる仕事です。

まして、子どもと一緒にできたりしたら、本当にいいですよね。

 

こちらでも、宝もののような素敵なものをコラボして作られています。

コラボするチョコレート工場・ショコラボ

(チャーリー)

 

 

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ