発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の人の「燃え尽き症候群(バーン・アウト)」への対処

time 2023/12/30

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

自閉症の人の「燃え尽き症候群(バーン・アウト)」への対処
  • 自閉症の人が燃え尽き症候群になる理由は何でしょうか?
  • 自閉症の人が燃え尽き症候群になったとき、どのような兆候が見られるのでしょうか?
  • 燃え尽き症候群に対処するためには、どんな支援やアプローチが有効でしょうか?

神経多様性とメンタルヘルスの交差点に特化したセラピストとして、私は自閉症の人たちがある種の生気のなさを共有していることに気づきました。

この状態では、話すスピードが遅く、気分が低く、混乱が生じやすく、普段の強い関心事も鈍くなります。
私はこれをとくに学期末、厄介な官僚的作業の後、または家族の不和のクライアントに多く見ました。

これにはうつ病の要素もありますが、何かそれ以上のものがあるようです。
自閉症の「燃え尽き症候群(バーンアウト)」について知ると、全てが理解できました。

自閉症の燃え尽き症候群は、DSM-V(米精神医学会発酵の「精神障害の診断と統計の手引き第5版」)に記載されている医学用語ではありません。
これは、自分が肯定されにくい世界との交流を試みる多くの自閉症の人が経験する特定の現象を説明するために、経験者によって造られた言葉です。

マスキング、神経典型的な社会的期待への適応圧力、感覚過負荷、ルーティンの変更、他人からの不親切など、いくつかの要因が積み重なっています。
回路が多すぎてブレーカーが落ちるようなものです。

外から見ると、引きこもり、運命的な思考、疲労、イライラ、混乱などに見えることがあります。
内面的には、うつ病、不安、麻痺、維持困難の混乱した感情が感じられるかもしれません。
実行機能は大きな打撃を受けます。
深刻な問題となります。

ADHD、うつ病、全般性不安障害などの一般的な共存疾患が問題をさらに複雑にすることがあります。

自閉症の人たちは、定型発達の人たちが支配する社会の要求に適応するために絶えず努力しています。
その過程で、神経多様な人たちはしばしば誤解され、排除され、他の人たちによって拒絶されます。
これは膨大なストレスを引き起こすことがあります。

自閉症の人は情報を処理する方法が独特で、物事のパターンや規則性を見つけるのが得意ですが、その場で必要な情報を選ぶのが難しいことがあります。
とくに、目や耳から入ってくる多くの情報や、人とのやり取りのような社会的な情報に圧倒されやすくなります。

サポートがあれば、多くの人がこの処理スタイルに適応し、さらには繁栄することができます。

しかし、適応と理解が拒否されることが多い環境、特に自閉症が理解されていない環境では、繰り返しの圧倒と絶え間ない社会的期待が負担となります。
自閉症の燃え尽き症候群は、その最後の火花の消滅です。

若者における自閉症の燃え尽き症候群は、行動の問題と誤解されやすいものです。

子供や思春期の若者は、圧倒された反応として、説明なしで「いいえ」と言うことが増えたり、目を合わせなくなったり、電子機器の過剰使用、頭を下げる、一言で答える、または対話を避けるなどの行動に出るかもしれません。

思春期の若者は、何が起こっているのか説明できないかもしれませんし、周りの大人も彼らを怠惰だと見なしたり、悪い態度だと判断するなど、役に立たない説明をするかもしれません。
そして、これらからの判断は、思春期の若者の負担を増やし、燃え尽き症候群を悪化させるだけです。

自閉症の燃え尽き症候群は永続的な状態ではありませんが、回復にはしばしば調整が必要です。

自閉症の燃え尽き症候群がうつ病に似ているように見えることを認識することが重要ですが、二つはまったく異なる方法でのアプローチが必要です。

たとえば、通常のうつ病では、動かなくなる傾向に対抗して、活動を増やすことが推奨されることがあります。

しかし、自閉症の燃え尽き症候群では、無理に活動を増やすと、疲れを感じることが多くなります。
加えて、この活動に社会的な交流が含まれる場合、特に自閉症の人にとっては、社会的な要求がストレスの原因となり、燃え尽き症候群を引き起こすことがあります。

では、自閉症の燃え尽き症候群に対して何をすべきでしょうか?

初期の休息と回復的な習慣は、短期的な介入として論理的に思われます。
自閉症の燃え尽き症候群に即効的に有効なアプローチには以下のものが含まれます:

身体的自己ケア:
燃え尽き症候群が訪れると、最初に犠牲になるのは通常「必須ではない」と考えるものです。
シャワーを浴びなくなったり、ジムでの運動を欠かしたりするかもしれません。
時間が経つにつれて、ますます多くのことがそのリストに追加され、最終的には重要なものでさえ滑り落ちます。
衛生のタスク、十分な食事、睡眠、その他の重要な自己ケア形態が含まれることがあります。
基本的なニーズさえ満たされていないときには、気分を良くすることは不可能です。
これらは燃え尽き症候群からの回復において、最初に検討される対象とすることがあります。

減らす:
何をストレスフルと感じるかは人によって大きく異なります。
ある人は仕事をエネルギーに満ちたものと感じるかもしれませんが、頻繁な社交集会を疲れると感じるかもしれません。
別の人にとっては、職場が燃え尽き症候群の中心的な力かもしれません。
最も消耗するタスクを把握し、可能な限り休息を取ることが燃え尽き症候群を乗り越えるために必要です。

特別な関心事への再集中:
伝統的な行動活性化が自閉症の燃え尽き症候群には理想的ではないかもしれませんが、多くの自閉症者は、特に特化した関心事に集中することをリフレッシュすると感じます。
ほとんどの定型発達の人たちは一つのことに長く集中すると興味を失いますが、単一の焦点に集中することは多くの自閉症の人にとって心地よいものです。

彼らは、スタートレック、電子機器、犬など、特定の関心事に情熱を見出すかもしれません。
これらの関心事から離れることは、重大な燃え尽き症候群を示します。

たとえば、以前は週に数時間を嵐について読んだり話したりしていた自閉症の人が、もはやそれについての精神的な余裕を持っていない場合、彼らはおそらく非常に過負荷です。
ゆっくりと特別な関心事を再導入することが回復に役立つかもしれません。

自閉症の燃え尽き症候群の長期的な管理には、寄与する要因の評価とコミュニティ内の適応が必要になるかもしれません。
目標は、通常の生活に戻ることではなく、可能であれば私たちを燃やし尽くさない状況への変更を生み出すことです。

たとえば、多くの自閉症の人は自分を保つためにルーティンを利用しています。
変動する勤務スケジュールは要求が多いかもしれません。
より一貫したスケジュールへの適応は役立つかもしれません。

そして、一般的なストレス要因は「マスキング」です。

これは自閉症の人が適応し、溶け込むために使用する戦略です。
マスキングが重大な負担である場合、このマスクがどのように見えるか、そしてそれを外すためのより安全な場所があるかどうかについて検討が必要かもしれません。
そして、これはもっと多くの人に自分の神経多様性を開示すること、または自分が抑圧していた神経多様な対処スキル、たとえば手を動かすことや刺激することを許すことを意味するかもしれません。

研究によれば、多くの自閉症の大人は、髪をいじる、好きな言葉を繰り返す、回転するなどの自己刺激行為(スティミング)から幸せやエネルギーの維持、自己調整の手段を見出しています(Kapp et al., 2019)。

しかし、すべての健常者がスティミングを理解するわけではありません。
この繰り返し行動を「変」とか問題があると誤解することがあります。
このため、多くの自閉症の人たちはこれらの調整戦略を隠すことがあります。

しかし、自分らしく振る舞い、これらの行動に従事できれば、それは天然のレジリエンス(回復力)の要因となり得ます。
他の脳のタイプの人たちから理解を得ることはとても重要です。

これらの持続的なストレスに対処し、適応する計画は人それぞれ異なります。
燃え尽き症候群を管理するのに理想的な方法が、その人の環境で現実的かどうかは必ずしも確かではありません。

すべての人が自分の神経多様性を開示することに快適さを感じるわけではなく、残念ながら、すべての場所がそれを肯定するわけではありません。

それでも、職場での支援、アクセシビリティ機関、心理療法、他の神経多様性の人たちとの繋がりを通じてサポートを得ることは役立ちます。

(出典:豪Psychology Today)(画像:たーとるうぃず)

それが難しいから、そうなってしまうのですが、

自分を隠さない、自分らしく過ごす。

そうできる時間が増えるよう、願います。

自閉症の人がよくはまる「思考のループ」から脱出するために

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。