発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

みんながつながった発達障害の娘のドラム演奏

time 2016/11/29

みんながつながった発達障害の娘のドラム演奏

クリスティーナ・ヨルダンは発達障害の7歳の娘のケリーと一緒に素敵な男性に出会いました。

クリスティーナの家族は、食事にきていました。そこでは演奏が行われていました。

ケリーはまっすぐ走っていて、ボンゴみたいなあの人のドラムを叩いてみたいと思いました。

母親は、近くにいった娘のケリーが呼ばれてしまうことに心配しました。

そんなことをよそに、ドラマーは一緒に演奏をしようと、もう1つのドラムスティックをケリーに手渡しました。

ケリーの演奏にまわりの人々は喜びました。

人だかりが出来てしまいました。

みんながつながった発達障害の娘のドラム演奏 m3-1-1024x768 みんながつながった発達障害の娘のドラム演奏 m4-1-1024x768

娘のケリーに素晴らしい夜をくれた親切なドラマーの名前を知りたいと、クリスティーナは、その時ケリーがドラムを叩いている姿を撮影した動画をアイルランドのドラマーたちのFacebookページに投稿しました。

その親切なドラマーは、ジェレミー・ハッキーだとすぐにわかりました。
RSAGというバンドでキルケニーという名前で活動をしています。

クリスティーナはただ、ケリーのお礼を言いたかったといいます。

そしてその演奏の時にあわててしまって、
「ごめんなさい。娘は発達障害なんです。」
と言ってしまいました。そんな必要はなかったと今は反省をしています。
みんなが、小さな女の子が演奏しているのを楽しんでいました。
みんながつながっていたんです。

「娘は、話もやりとりもできない小さな女の子ですが、

娘はどんどん、自分に自信を持てるようになりました。」

とFacebookページには書いてあります。

クリスティーナは、ドラマーのジェレミーと連絡を取り、お礼を伝えました。

家族は、たくさんの人の親切な書き込みや手助けに感動したと言います。

まだ家にドラムセットはありませんが、進めケリー!

みんながつながった発達障害の娘のドラム演奏 m1-1-1024x768

(出典・画像:THE DAILY EDGE

 

親子、そしてまわりの人も楽しくなって、そして子どもの自信がつく一歩もなって本当に素晴らしい機会になりました。

ドラマーの方が親切でいらして、そして出会えたからです。

そういう人や機会に出会えるかもしれません。

子どもと一緒にどんどん外に出て行きましょう。

外に出かけて素敵な出会いがここにもありました。

お店でふれた発達障害の娘への優しさ

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。