発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

新しい事業で発達障害者の雇用機会を作る

time 2016/12/05

この記事は約 3 分で読めます。

記事下にFacebookコメントが付きました。
新しい事業で発達障害者の雇用機会を作る

新しいゴミの収集会社が、新しいビジネスモデルでよいことをしたいと考えています。

ライアン・サンダーソンは新しい会社、スクラップス社を作りました。
その会社では発達障害の人の雇用に力を入れ、素晴らしいサービスを実現します。
スクラップス社のゴミ収集サービスでは、ゴミを道に置いて置く必要はありません。玄関までゴミを取りに行きます。

家から家へ何度も繰り返しゴミを取りに行くのは辛いことのように思えます。
しかし、自閉症スペクトラムの多くの人はそれを完璧にやりとげるとサンダーソンが言います。

「彼らがもつ細かいところへの注意がとてもよいのです。
大変な仕事にも関わらず、完璧にやってくれます。」

顧客500人毎に、2人をフルタイムで雇用することができると言います。

サンダーソンの長期の目標は、各道路を巡回するトラックの全てに、少なくとも一人フルタイムで発達障害の人を雇用し乗せることです。

「これは求められているビジネスです。
すでにここヨーク郡中にゴミがあふれています。」

月額約20〜40ドルで週に一回、ゴミを取りに行きます。
金額はゴミ箱の大きさによって変わります。
また、大きな家具や家電製品の運び出しも行います。

「少し高いと言われることもありますが、スターバックスと同じようなものです。
ちょっと贅沢なサービスですが、ものすごい高いものだとは思っていません。」

サンダーソンは特に富裕層が住む地域には、潜在的な顧客が多くいると考えています。
顧客ごとに個別に丁寧に対応するゴミ収集サービスに、お金を払う人は多くいるはずです。
また、発達障害の成人を多く雇用するこのサービスを支持する人も多いと考えています。

「私たちのやっていることを理解してもらえれば、OKです。そして少しだけお金を多く払ってもらえれば。
自分たちの出すゴミによって、就業することが難しかった人たちに就業機会が提供できていると知ってもらえたら、それはとてもうれしいことです。」
サンダーソは言います。

またスクラップス社では、サンダーソンが「車輪のついた汚染源」と呼ぶ、通常使われている18輪の大きなトレーラーのゴミ収集車を使わずに小さな車両を利用するために環境にもよいとうたっています。

新しい事業で発達障害者の雇用機会を作る g2-1024x768

米国議会のミック・ムルバニー議員は、スクラップ社設立の式典で、サンダーソンの包括的な雇用計画を賞賛しました。特別な支援を必要とする人たちに機会を提供するこの会社の取り組みは、地域によい影響をあたえるはずだと語りました。

「私はサンダーソンはうまくやると思っています。彼がたくさんの人を雇用することを願っています。」
議員は語りました。

(出典・画像:米The Herald

自立できるようになる、活躍できる、それを実現しようと今までにないこともふくめて考え、考えるだけでなく自らそれを実現しようと実行する方々を尊敬します。

学校を卒業した後の就業機会の場にしようとリゾートを運営している親もいました。

特別支援が必要な子の親が作ったリゾート

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ