発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の兄弟と育ってきた経験を伝える

time 2016/12/18

発達障害の兄弟と育ってきた経験を伝える

ナディア・ディアスは図書館から出て、学校の教室に向かっていました。

ナディアは自分の学校の授業が終わると、毎日、その小学校の教室でボランティア活動を行っています。
ナディアは18歳。
発達障害をかかえる小学生たちとのやりとりを、小学校の先生に招かれて行っています。
「ナディアにはとても助かっています。」

レイク・ビュー小学校の先生、ローリ・シーハンが言います。

「ナディアは、この教室の子どもたちと会話する技術を持っているんです。」

ナディアは、それぞれの生徒の好きなこと、興味、嫌いなもの、刺激を与えてしまうものを知っています。

ナディアは自分自身の言葉を持っているといっていいでしょう。
発達障害の人の振る舞いや話し方を、これまでに理解してきたのです。

ナディアは、自分の弟との生活で、発達障害を知ってきました。
ナディアの弟、ブランドンは16歳です。

以前、シーハンはナディアに、ナディアの弟をモデルにした動物のイラストを描いてほしいとお願いをしました。

ナディアは、カメレオンのイラストを描きました。
そのカメレオンの体は、色とりどりの自閉症を啓蒙するロゴのパズルピースが組み合わせられていました。

このイラストが、今は教室のロゴマークになっていて、教室の壁に飾られています。
そして、クラスのみんなのTシャツのロゴマークにもなっています。

発達障害の兄弟と育ってきた経験を伝える k1-1-1024x768

ナディアが教室に来ない日がありました。

その日は、幼稚園で集まった親たちに話をしていました。
親たちに自分の経験を話す最初の機会があったのは、学校の図書館で行われた親と先生との集まりでした。

ナディアは、発達障害の弟と一緒に育ってきたことが楽しかったことを語りました。

「発達障害がある子どもは、特別で、少し違ったパズルのピースです。
そういう子どもは輝くものを持っていて、発達障害は悪いものではなく、むしろ素晴らしいものとみんなに見せてくれます。」

ナディアの話は伝わりました。
10分ほどのスピーチでした。
親たちは、ナディアのした経験、一緒に笑ったり、泣いたり、祝ったり、成長したことがわかりました。
そして、勇気と安心を受け取ったようでした。

これに参加している親たちは一緒になって、親たちの家や学校などで、子どもが21歳を迎えるまで、こうやって学んでいきます。

ナディアは母親のローリ、そして祖母のトリシアと一緒に並んで座りました。
3人は、一人ひとりの親たちの話に耳を傾けて、会話をします。

このようなことをしているのは、子どもの発達障害についての理解を、家族ができるようになるためには、みんなで行うことが大事だとわかっているからです。

(出典・画像:米AUBURN REPORTER

発達障害の子をもつ親としては兄弟についての心配もあります。

こう、「悪いものではない」と言ってくれる人がいると、たしかに心強く励まされます。

 

お兄さんに対する態度に、学校へ訴えた妹さんもいます。

教育の重要性を訴える6歳の子の手紙

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。