発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

素晴らしい歌声の話せない発達障害シンガー

time 2016/12/19

素晴らしい歌声の話せない発達障害シンガー

30歳のカイル・コールマンは3歳の時に発達障害と診断をされています。ほとんど話すことはできません。
しかし、2009年に母親のキャロラインは、音楽療法をカイルに始め、カイルは歌えるようになりました。すばらしい歌唱力があります。
カイルはこれまでに2枚のアルバムをリリースしています。

昨年のクリスマスは、ネットで人気になりました。
音楽療法の先生であるビッキ・レジャーが、カイルが歌っている動画をYoutubeに投稿したからです。
その動画は数千回再生されて、イギリスや北欧のメディアにもとりあげられました。

母親のキャロラインが言います。
「息子のカイルの歌声はとても綺麗です。
先生のビッキ・レジャーが、息子をよくしてくれたのです。

素晴らしい歌声の話せない発達障害シンガー s2-1-1024x768

カイルは、週に2回音楽療法を受けました。先生の考えで、親しみやすいクリスマスソングで行いました。
カイルはクリスマスが大好きです。ビッキ先生はカイルの大好きなことについて話をし、歌をつくっていきました。」

先週、カイルは特別支援学校で新しい歌を唄う機会がありました。
そのパフォーマンスに生徒たちは大喜びでした。

「クリスマスに、元気をくれるものでした。
カイルは歌が大好きです。クリスマスも大好きです。
そして、話すことに困難を抱えている人たちに向けて歌っている時には、本当に心がこもります。
発達障害がある人には、発達障害があっても、困難を乗り越えて、世界に届ける声があることが伝わります。」

キャロラインはそう語ります。

ビッキもカイルと一緒のパフォーマンスは素晴らしいと言います。

素晴らしい歌声の話せない発達障害シンガー s3-1-1024x768

「カイルは疲れ知らずで、心から歌います。
歌を通じてコミュケーションをします。
こんなにふうに歌を歌えるまでにどんな困難があったかわからないくらいです。
今でも、話をしようとするとうまくいきません。
時々、母親と私が会話をしようとすると、カイルは自分の気持ちを伝えようと、自分のCDの一部を再生して聴かせてくれます。

カイルと一緒に演奏をするのは本当に大好きです。
多くのミュージシャンがもっているエゴなどは全くありません。
カイルの純真な心が、歌を通じて、悲しみや恐れなどの感情を伝えてくれます。」

(出典・画像:英Cornwall LIVE

会話をすることと、歌を唄うのは異なるのですね。

たしかにミュージックビデオで歌う姿を見る限り、話すことができないなんて思えません。

伸びるところが見つかる、見つけられる、そして伸びていく。

親、子ども、人としてこれ以上素晴らしいことはないと思います。

 

こちらの少女も音楽で変わりました。

話すことができなかった少女が音楽で変わった。

(チャーリー)

 

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。