発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

聴こえない犬が話せない息子のパートナーに

time 2017/01/08

この記事は約 2 分で読めます。

聴こえない犬が話せない息子のパートナーに

6歳のコーナー・ギレットは、完璧なパートナーを見つけました。
エリーという耳の聴こえない3歳の犬です。

コーナーの母親、ブランディは、奇跡の組み合わせだといいます。

生まれてからたった4週間で、コーナーは養子に出されました。

母親となったブランディは、薬物中毒の影響を受けて産まれたコーナーが、困難を抱えることを知っていました。

「コーナーは、精神的にも肉体的にも、そして感情表現にも遅れがあります。
コーナーは話すことができないため、言語の療育を受けています。
限られた語彙であるため、話せるかどうかはわかりません。」

コーナーには運動機能全般にも問題をかかえています。そのため、手話を使うのも簡単ではありません。
養子になった時点で、コーナーはDiGeorge症候群と診断をされていました。
脳や神経に問題が起こり、発達障害になります。
しかし、母親のブランディは、コーナーと生きることを決めました。
そしてそれは、ボクサー犬のエリーの助けがなければ難しかったかもしれません。

フロリダ州の支援団体のジョン・ノーリンから、手話にだけ応えることができる耳の聴こえないボクサー犬をコーナーに譲ることができるとブランディに伝えられました。

「息子のコーナーが犬に手話をしてコミュニケーションができることを考えると、うれしくなりました。」

次の日には、母親のブランディとコーナーは、犬に会いました。それはもうぴったりでした。

「犬のエリーは息子のコーナーに興奮していました。
ボクサー犬は子どものよい相手になることはよく知られています。しかし、エリーにはそれ以上の何かがありました。」

ブランディは、犬のエリーと息子のコーナーがどう過ごせるかを家で見てみることにしました。
それはうまくいきました。

離れられない関係になりました。
ソファーでは一緒になって抱き合っています。
コーナーに友だちができました。

「心があたたかくなりました。」
母親のブランディがいいます。

ブランディは、正式に犬のエリーを譲り受けることを決めて、家族の一員になりました。

聴こえない犬が話せない息子のパートナーに d1-1024x768

(出典・画像:カナダCBS

お互い幸せな気分だと思います。

奇跡の出会いですね。

こちらのわんちゃんも発達障害の子を幸せにしています。

サーフィン犬との絆が発達障害児を変えた

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ