発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

自閉症の方向けにイギリスのスーパーがはじめたこと

time 2016/05/06

自閉症の方向けにイギリスのスーパーがはじめたこと

イギリスのスーパーAsdaのマンチェスターにあるお店で、自閉症のお客様向けにある取り組みが始まりました。
前にご紹介した動画でも示されていたとおり、自閉症の方には、他の人には普通な音や光が激しく我慢できないくらいになることがあります。

マネージャーのSimon Leaさんは、スーパーのフロアで自閉症の方がパニックになっている姿を見ました。

その後、
「自閉症の方のために何かできないか?」
「自閉症の方が気持よく買い物ができるように、ちょっと何か変えることはできないか?」
「それができたらきっと、このスーパーはみんなにとっても、よりよいお店になるはず。」
と同僚たちと話をしました。
彼自身も人の声や音楽が騒がしいお店に入ると不安になることがありました。

彼はアイデアを思いつきました。
それをFacebookに投稿すると、1000を超える「いいね!」。
そのアイデアは実行されることになりました。

そのアイデアは「静かな時間」。

毎週土曜日 朝8:00〜9:00の間 エスカレータを停止、店内の音楽もなし。
自閉症の方に不快なものをなくす。

彼いわく「ヘアピンを落とした音が聞こえるくらい」の静かな時間を毎週つくることでした。

自閉症の方向けにイギリスのスーパーがはじめたこと 286b2d1c79c0869d5fede17814f8dc37-1024x768

ちょっとしたことですが、こういったことが実行されたことが大きな反響を呼んでいるようです。
うれしいですね。

Asda launches ‘quiet hour’ to help autistic customers
INDEPENDENT紙(4/25)の情報から

自閉症の方向けの「静かな」環境はスーパーの他にも始められています。

「お静かにしないで。」英図書館の取り組み

(チャーリー)

自閉症の方向けにイギリスのスーパーがはじめたこと q?_encoding=UTF8&ASIN=B00I8H1CUY&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=hobeccshop-22 自閉症の方向けにイギリスのスーパーがはじめたこと ir?t=hobeccshop-22&l=as2&o=9&a=B00I8H1CUY

騒音だけをカットするデジタル耳せん

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。