発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の子にやさしい図書館のとりくみ

time 2017/01/16

この記事は約 3 分で読めます。

記事下にFacebookコメントが付きました。
発達障害の子にやさしい図書館のとりくみ

5歳のウィリー・マッカーサーは米セントルイス郡の図書館で、お話会を好きなようにして楽しみました。
並んでいるいすのまわりを入りまわったり、母親のひざの上に寝転がったりして。
この新しい「おだやかなお話会」はこのウィーバーロード図書館に設けられました。
発達障害やその他感覚に障害がある子どもたち向けに考えられたものです。
ウィリーの母親は、以前ウィリーを通常のお話会に連れてきたときに、まわりから静かにするように言われたため、このおだやかなお話会に参加することにしました。

発達障害のウィリーは人混みの中にいること、そこで静かにすること、つまり図書館で行われる通常のお話の時間での状況はとてもつらいものです。

「じっとしていることは不可能です。配慮していただける機会が必要でした。」
ウィリーの母が言います。

すべての子どもたちが、通常のお話会を楽しめるとは限りません。
お話会では子どもたちは座って、グループになって静かにしなければなりません。
図書館のコーディネーターのサンディー・アンダーソンはそう言います。

しかし、この新しく作られた「おだやかなお話会」では、子どもたちは動き回ったり、騒いでもかまいません。

発達障害の子にやさしい図書館のとりくみ l1-1-1024x768

「発達障害の子どもたちにリラックスして、好きなようにして図書館を楽しんでほしいのです。」

おだやかなお話会は、3歳から9歳の子とその家族が参加することができます。
10人程度が参加できるもので、毎週、2箇所の図書館で行われています。

図書館では、子どもたちがパニックを起こしたりしないように、特別な設備、器具を購入しています。
光がギラギラ、強くならないようにする、青色光フィルターが照明にはつけられています。
子どもたちは、耳障りな音をカットするヘッドフォンや、じっとして話を聞きやすくことがしやすくなる、いじれるおもちゃを利用することができます。

おだやかなお話会はこのようになっています。

最初の20分間は、お話を聞かせる時間です。歌ったり、お話にあわせて動いたりします。

残りの25分は、遊び時間です。子どもたちは、親や介護者と一緒になって、工作をしたり、クレヨンで絵を書いたり、いじれるおもちゃで遊びます。

発達障害の子にやさしい図書館のとりくみ l2-1-1024x768

図書館では、この「おだやかなお話会」を始めた理由は、求められているからだといいます。

発達障害の子は増えていて、68人に一人の子が発達障害と診断をされています。
2000年には、150人に一人の子でした。

「私たちはもっと共生、インクルーシブが進むことを望んでいます。もっと多くのみんなが歓迎されてほしいのです。」
図書館のアンダーソンは言います。

セントルイス郡の図書館では、幼稚園に入るまえの幼児に、1000の本のお話を聞かせようとする取り組みを行っていて、赤ちゃんが生まれると本と図書館カードを贈っています。

(出典・画像:米ST.LOUIS POST-DISPATCH

少し離れたところに立派な図書館があり、そこには子ども図書室という隔たれたスペースがあります。

はじめてそこに入った時に、「子ども図書室」ということから許されるかと、子どもと一緒に本を選んだり、読んだりして少々さわいでいました。

すると、すぐに静かにしてくださいと注意。

だったら、子ども図書室とわざわざしなくてよいんじゃないかと思った記憶がよみがえりました。

配慮した活動を行う美術館もあります。

発達障害児と家族向けの美術館プログラム

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ