発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の子向けの感覚にやさしいジーンズ

time 2017/01/19

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の子向けの感覚にやさしいジーンズ

ステファニー・アルベスが、2011年にABLデニムの事業を始めました。
その目的は、障害がある人、車椅子を利用する人にとって心地よいジーンズパンツを作ることでした。

そして、ABLデニムは感覚に問題をかかえる発達障害の子どもたち向けのジーンズパンツの提供も開始しました。
「感覚に問題をかかえる発達障害の子ども向けのジーンズは作らないのかと、ずっと質問をされてきました。
親は、本物のジーンズを求めています。しかし、それは刺激に優しくなければなりません。
子どもが嫌がって脱いでしまうようなものではだめです。

私は、身体障害についてはよく知っていますが、それとは異なるため、その問題をかかえている子どもの親の多くの方と一緒になって解決方法を探りました。」

親たちに求められていることを知ると、25年以上もファッションデザイナーとして活動するアルベスは、感覚に問題をかかえる子どもたちが身に付けたくなるジーンズパンツのデザインに取り組みました。
デザインは、感覚に問題をかかえる子どもたちに試してもらい、意見をもらいながら進められました。

「みんな、それぞれ違います。

みんなが求めていることのすべてに応えることはできません。
私たちの会社は大きくないので、求められているものを作る場合には、多くの方の協力が必要でした。」

いくつかの変更を行い、ABLデニムは、感覚に問題をかかえる子どもたちに向けた初めてのジーンズパンツの販売を開始しました。

このジーンズパンツは、やわらかく、デニムであるのにスウェットのようで、男女兼用です。

ざらざらした縫い目は、パンツの内側にはありません。
ジッパーやリベットもなくしてあります。

そして、快適に身に着けられるように、ズボンには伸び縮みするウェストバンドがついています。
ズボンを履いたり、脱いだりするのも簡単です。

発達障害の子向けの感覚にやさしいジーンズ d3-1-1024x768

ABLデニムは、子供用ジーンズの提供の他に、ショーツ、ボードショーツ、デニムレギンス、そして大人用と車椅子を使用する子供向けのジーンズを提供しています。

子供用のジーンズの価格は32ドルから39ドル(約4000円)です。

ABLデニムの衣服が求められたこと、そしてその成功から、
アルベスは、他のデザイナーたちにも、もっと障害がある方が楽しめるファッションのデザインをしてほしいと願っています。

「もっと多くの種類のデザインが、求められているのです。

デザイナーは、対象とする人たちについて、よく考えるべきです。
それをしなければ、よく知られている既製ブランドの服との差別化をすることができません。」

発達障害の子向けの感覚にやさしいジーンズ d2-2-1024x768

米ABL DENIM のWebサイト

(出典:米THE MIGHTY)(画像:米ABL DENIM)

ジーンズではありませんが、うちの子もウェストのところがゴムになっているのを履いています。

ジッパーやボタン、ベルトだと自分で履いたり脱いだりできないからです。

小さな子どもの頃は、子供服はたいていそうなっていたので、年齢にあったかわいらしいズボンだったのですが、

大きくなってくると、その年頃の子の服でゴムになっているものはなく、履くものは中高年の方むけのズボンやジャージになってしまい、その年頃の子のおしゃれなズボンとは随分ちがう感じになってしまいました。

こういった、服が国内でも出てくるといいです。

うちの子にも、その年頃にあった、おしゃれなものを履かせてやりたいです。

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ