発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

  • トグルスイッチのおもちゃ トグルスキー

sponsored link

発達障害青年の自立を両親がアイデアで支援

time 2017/02/10

この記事は約 4 分で読めます。

記事下にFacebookコメントが付きました。
発達障害青年の自立を両親がアイデアで支援

ウィル・クラークは起業家です。
20歳の彼は自分でビジネスを始めました。

大好きなことと、クリケットのバットでチャレンジをしました。

「息子は発達障害なんです。」

母親のアンジーが言います。

「読むこと、書くこと、時間を言うなどの基本的なこともできません。やりとりをすることもできません。」

ウィルの両親は、ウィルが年齢を重ねて行くに連れ、ウィルの人生や働くことに絶望的になっていきました。

そこで、考えました。
息子のウィルが自立できる道を探し始めました。

ウィルの家族が住んでいるのは、偶然にも、スポーツのクリケットにおいてオーストラリアでレジェンドになっているドナルド・ブラッドマンが子どもの頃に住んでいたところでした。

そこで、アイデアがひらめきました。
このクリケットと、息子のウィルが大好きなアートを結び付けようと。

古い、壊れたクリケットのバットに注目をしました。

ウィルは、パットの修理方法について学びました。

そして、ウィルの家族はこのバットに装飾をしてもらうアーティストを探しました。

ウィルの家族は手応えを感じました。
受賞歴のあるデザイナーやロックスター、そして元首相などがこのプロジェクトをサポートしてくれるまでになりました。

「広く、遠くからサポートをしてくれる人が現れました。
ジョン・ハワード元オーストラリア首相までが、バットをくれました。」

アーティストや、受賞歴のある人たちが、バットを装飾してくれました。

「若い人が起業をするのと同じです。私も子供の頃はいつもそんなことをしたいと思っていました。
なので、本当にこの出来事はうれしいことでした。
世界が変わりました。私もこれにかかわることが出来て本当に興奮します。」

母親はそう言います。

発達障害青年の自立を両親がアイデアで支援 c7-1024x768 発達障害青年の自立を両親がアイデアで支援 c6-1024x768 発達障害青年の自立を両親がアイデアで支援 c8-1024x768 発達障害青年の自立を両親がアイデアで支援 c3-1024x768

関わったアーティストたちは、ウィルが行うバットの修理は素晴らしいといいます。

「とてもきれいに、ヤスリで磨かれているんだ。
自分の大事な、スケートボードも磨いてほしいくらい。」

スティーブ・ハフは、バットの修理の方法を教えた先生です。
このプロジェクトが大きく、ウィルを変えたと言います。

「クリエイティブな出来映えのものを見せると、ウィルは自分にもそれができると信じ始めました。
そして、本当に出来るようになりました。」

本格的な事業にするために資金を集めることを考えています。

現在は、この地区にある書店にて、このクリケットのバットを展示しています。
その後、博物館やクリケットの国際ホールでも展示とオークションが予定されています。

発達障害青年の自立を両親がアイデアで支援 c4-1024x768 発達障害青年の自立を両親がアイデアで支援 c1-1024x768

「オークションで売れて、ウィルが小さな事業を始められるようにしたいと考えています。

ウィルは、アーティストの方たちと一緒に仕事ができるようになりました。
オークションに出したり、バットを一緒に作ったり。

それぞれのアーティスト毎に限定で10本の特別バージョンもつくりました。
いっしょにベンチャー企業をしているようです。」

母親はそう言います。

「これからは、スケートボードにも装飾を行うことを考えています。」

ウィルの家族は、このプロジェクトが必ずしも成功するとは思っていません。
まだ、支援が必要な段階です。

家族は将来的には、ウィルだけではなく障害のある他の人も働ける機会になることを願っています。
「私たちは、他の家族や他の若者たちにも、障害があっても可能性があることを教えたいのです。
息子のウィルから、ウィルが持つ可能性で、できることを見せられたのですから。」

発達障害青年の自立を両親がアイデアで支援 c5-1024x768

(出典・画像:豪abc

悲観ばかりしてもよいことはありません。

少しばかりでも、楽観的になる時間を作って、もっと広く考えて何ができるのか、どう手伝えるのかを考えたほうがよさそうです。

そしてひらめいたら、あまり考えすぎずに、無理のない範囲で試しにやってみる。

すると、きっと笑顔も増えて、変わっていくと思います。

心配することはずっとあるのです。悲観ばかりしてられません。

発達障害児の親が抱える自分亡き後の心配

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ