発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

チープ・トリックのロックミュージック療育

time 2017/02/27

この記事は約 3 分で読めます。

チープ・トリックのロックミュージック療育

ベース奏者のトム・ピーターソンと他のメンバーで、ロックバンドのチープ・トリックは1970年代に生まれました。

「ここまでになるなんて、考えていませんでした。大きなことなんて考えていませんでした。
できるだけ、よい音楽を作ろうと思ってきただけです。」

“I Want You to Want Me”(甘い罠)、”The Flame,”(永遠の愛の炎)のような名曲で、2016年にロックンロールの殿堂入りを果たしています。

ピーターソンは、2人の子ども、ライアーと2歳の時に自閉症と診断されたライアンと、いそがしくても多くの時間をもってきました。

ピーターソンと妻のアリソンは、今は9歳となったライアンやライアンのような子どもたちにロックミュージックが療育になることを見つけました。

わかりやすいテーマで、簡単な歌詞、それも口に出したくなるような言葉のロック・ミュージックをレコーディングしました。

ライアンは5歳になっても、話すことはできませんでした。

最初の曲は、2つの簡単な言葉だけのものでした。

“What’s your name?” そして、 “Hello.”

「ライアンは、その曲が大好きになりました。
みんなに、”What’s your name?” とたずねていました。
ロックの曲で、シンプルな言葉のパターンで、息子が言葉を出すようになっていったのです。」

ピーターソンたちは、ロック・ユア・スピーチという音楽のプロジェクトを始めました。
自閉症について知ってもらい、理解してもらうためです。

そして、
音楽が発達障害により言葉を話せない困難に対しての助けとなることを知ってもらうためにです。

「多くの親たちから、音楽療法についてよい評価をもらっています。
発達障害の子どもの親たちにとって、すぐに行えるもう一つの療育方法なのです。
子どもたちは、音楽に夢中になっていきます。」

「ロック・ユア・スピーチの活動が、どんなものになっていくかは私たちにもわかりません。」

とピーターソンは言います。
それは、ロック・バンドのチープ・トリックを始めた数十年前の時と同じです。

「ただ、続けていくだけです。幸せです。」

(出典:米Chicago Tribune) (画像:Wikimedia)

ノリのよい音楽と単純な歌詞。

頭に残って、口に出したくなるので、楽しい行動で発話につながっていくのはわかる気がします。

うちの子も話をすることはできませんが、音楽はとても大好きです。

音楽にあわせて大きく体を動かしているのを見ると、小さい頃から、大きくなった今でもうれしくなってしまいます。

家でも、ノリのよい音楽をよくかけてます。
最近は親子いっしょにMajor LazerのLean On がお気に入りでした。

宇宙飛行士で変わった子もいました。

宇宙飛行士が発達障害の息子を変えた

(チャーリー)

チープ・トリックのロックミュージック療育 q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B00005G3V8&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=hobeccshop-22 チープ・トリックのロックミュージック療育 ir?t=hobeccshop-22&l=am2&o=9&a=B00005G3V8

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ