発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

音楽が生んだ発達障害の子とのうれしい機会

time 2017/04/13

この記事は約 2 分で読めます。

音楽が生んだ発達障害の子とのうれしい機会

ストリート・ミュージシャンが音楽で、発達障害の盲目の女の子とつながった素晴らしい瞬間について語ります。

クリフォード・ウッデージは、この出会いは本当に嬉しいもので、人をつなげる音楽の力を見たと言います。

彼はショッピングセンターのそばでギターを弾いていました。

すると、孫娘をつれた女性が近くにやってきました。
女の子はレイシーと呼ばれていて、車椅子に乗っていました。

音楽が生んだ発達障害の子とのうれしい機会 g1-2

演奏していたクリフォードに、その女性はレイシーが音楽を聞いて興奮しているので、
近くで聴きたいとお願いをしました。

「彼女は、女の子は目が見えないと言いました。私にはそうは思えませんでした。
彼女は、女の子は発達障害があると言いました。しかし、私には聡明な女の子が目の前にいるだけでした。」

そうクリフォードは言います。

クリフォードはレイシーの手を見て、手をギターにタッチさせました。

ギターにはじめて触って興奮しているのが、よくわかります。

音楽が生んだ発達障害の子とのうれしい機会 g2-2 音楽が生んだ発達障害の子とのうれしい機会 g3-1

音楽が生んだ発達障害の子とのうれしい機会 g0

大きな笑顔があふれます。
多くのひとたちがこの瞬間に感動をしています。

これを伝えた、グリムスビー・テレグラフ紙のFacebookページには、
「美しい」「素晴らしい」とコメントされています。涙を流した人もいます。

この女の子、レイシーは曲にあわせて、ついには歌い始めます。

ストリート・ミュージシャンのクリフォードは「本当に美しい歌声でした。」と語ります。

「彼女に、ハイタッチしようと言いました。彼女の手をとりましたが、避けられてしまいました。」

「彼女が離れる時になってハイタッチしようと言うと、今度は彼女はハイタッチをしてくれました。
ためらいもなく、ばっちりに。」

「本当に素晴らしい出来事でした。
音楽の力があって、つながったのです。
レイシーに感謝しています。そして、すばらしい出会いに。」

(出典:英Mirror)(画像:Youtube)

女の子が喜んでいる姿、あたらしいものに触れた姿、いっしょに楽しんでそういう機会をつくってくれた人。

本当にうれしくなる光景です。

そして、うれしいときのハイタッチ。

ハイタッチするときは、本当にうれしいものです。

うれしいからハイタッチをするだけでなく、ハイタッチをするからうれしいときもあります。

うれしいとき、ハイタッチできる機会、たくさん作っていきたいですね。

ここでもハイタッチがされています。

走ることで特別支援の子たちが成長していく

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ