発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の子と家族を助ける犬たち「家族全員に影響を与える」

time 2022/10/10

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の子と家族を助ける犬たち「家族全員に影響を与える」

この4匹の子犬たちは、将来それぞれ自閉症の子とその家族を助けることで、生活を一変させてくれるでしょう。
そのために、ベストを尽くすことができるよう、何ヶ月もの訓練を受けます。

アジー、アルフィー、クリフォード、クローバーは、リトルアイランドに拠点を置き、10年にわたりアイルランド中の家族を支援してきた慈善団体、自閉症補助犬アイルランド(AADI)で訓練を受けています。

スザンヌ・マホニーは2年前からAADIの補助犬インストラクターとして、自閉症の子とその家族の生活に犬がもたらす「違い」を目の当たりにしてきました。

「自閉症スペクトラムの子どもたちにとって、その恩恵はとても大きいです」

CEOのヌアラ・ゲラティーは、この団体の責任者としての12年間で、補助犬が「家族全員に影響を与える」ことを「本当に目の当たりにしてきた」と語っています。

「犬を飼うことで、自閉症の子と家族に積極性が生まれます。
家族が外出するようになると、一般の人々も笑顔になり、このサービスの必要性に対する認識も高まります」

blank

犬はジャケットを着用し、子どもはジャケットのハンドルにつかまるか、腰に安全ベルトを装着して犬と一緒に行動します。

「子どもの精神的な支えにもなりますが、最も重要なのは、逃亡の恐れがある子どもたちを安全に守ることです」

そうスザンヌは言います。
犬は、小さな飼い主の安全を守るために、左右の動きを含むコマンドを覚え、気が散るものを無視し、縁石で止まるように訓練されています。

訓練中は、夜間や週末に里親のもとに滞在し、毎日、訓練所にやってきて、トレーナーによって1日2回、外に連れ出されます。
公園、ビーチ、ショッピングセンター、カフェなど、あらゆる場所に連れて行き、新しい環境に慣れさせ、子どもの世話の仕方を学びます。

blank blank

この2年間、スザンヌは、小さな子犬の頃から一緒に訓練してきた犬たちが、「永遠の我が家」で元気に成長する姿を見ることは、とてもやりがいがあると言います。

「子犬は慎重に家族とマッチングされ、すべてがうまくいき、家族の生活が犬によって変わるのを見るのはとても心強いことです。
私たちはいつも、彼らの犬がどれだけ彼らの人生を変え、すべてを良くしたかについて、何年も家族から写真やメッセージをたくさん受け取っています」

犬は9歳くらいで補助犬を引退すると、多くはそのままペットとして家族のもとにとどまります。

(出典・画像:アイルランドCorkBeo

自閉症の子と家族が大きく助けられていることはたびたびお伝えしてきました。

本当に感謝されているはずです。

自閉症の娘は介助犬が来てから話すようになり、家族も変わった

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「成長ねっちさん」
ねっちさん3
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。