発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

ネット学校と音楽で発達障害の少女は輝いた

time 2017/05/02

ネット学校と音楽で発達障害の少女は輝いた

エンマ・パリスはあごに挟んだバイオリンの弦を弾くと、高い音が空に舞い上がっていきます。

パリスは演奏会に向けて、バイオリンの先生であるケイティー・バトラーとデュエット演奏の練習を数週間行っています。

眉間にしわを寄せて集中をして、楽譜から目を離すことなく演奏を終わりまで行うと、笑顔が現れました。

「音楽がなかったら、私は何をしていいのかわかりませんでした。」

自閉症スペクトラムのパリスはそう言います。

バイオリンを学ぶことは、12歳のパリスが不安と緊張へうまく対応していくための助けとなりました。
小学校3年生の時にレッスンを始めて、今はジュニアオーケストラの第一バイオリンです。

パリスは落ち着かなくなったり、ストレスの多い状況で緊張し始めると、バイオリンを手にするか、ヘッドホンで音楽を聴きます。
毎日、30分から一時間、バイオリンを練習しています。

歌を聞くと、バイオリンでそれを真似るようなこともときどきします。

「音楽のおかげで、私はリラックスできるんです。
ときどき、本当に緊張して、パニックになってしまうことがあるんです。」

ネット学校と音楽で発達障害の少女は輝いた e3

公立学校から、バーチャルの学校に移ったことも、パリスにはよいことでした。

昨年から、両親はパリスをネットで学べるN.C. Virtual Academyに在籍させることにしました。

パリスは強い不安を抱えているために悩んでいました。
成績はとても良いものでした。

パリスの母親、ブリジットはネットの学校に最初は不安を抱いていました。
しかし、ネットの学校に変えて、娘の人生が変わったといいます。
パリスの成績はオールAになりました。

「私たち、家族にとっても本当に素晴らしいことです。言葉では言い表せません。
娘は本当によくやっています。ネットの学校は娘には素晴らしいものでした。」

仮想のネットの学校である米国ノースカロライナ州コネクション・アカデミーは、法律で義務づけられている4年間の学習に沿ったものです。2015年から始まりました。

毎日午前8時30分ごろ、パリスはパソコンを開いて、先生の授業のネットライブ中継を見ます。
わからないことがあればその後、先生と個別の授業を受けます。

パリスのクラスでは、集まって博物館や教育施設への社会見学を行うこともあります。
最初、パリスはクラスメイトに実際に会うためにとても緊張をしていました。

「クラスメイトと会いたいけれど、不安がありました。
とても素晴らしい経験になりました。
この学校は本当に素晴らしいです。」

パリスは、公立学校にいる間は友だちをなかなか作ることができませんでした。
今は、このネット学校やバイオリンのオーケストラでの練習を通じて、クラスメイトやミュージシャン仲間が出来ました。今はたびたびテキストメッセージのやりとりをしています。

午後3時30分までには、いつも学校の授業と宿題を終えて、残りの時間はバイオリンの練習をしています。
そして、好きな音楽を聴きます。

ネット学校と音楽で発達障害の少女は輝いた e1
一週間に一度、バイオリンの先生のレッスンを受けます。

こう、パリスは語ります。

「もう、私は前の自分には戻りません。緊張をしたら、音楽のことを考えるようにしています。」

(出典・画像:米News&Observer

毎日、決まった時間に、たくさんのいろいろな人と過ごさなければならないところへ通う。

平気な顔をしてそうしていても、口に出さなくても、本当は平気ではない人はたくさんいます。

子どもの頃も、大人になっても、本当はそれは難しいこと。程度の違いはあれ、みんな我慢していると思います。

難しいことだけれど、ずっとそれを求められる、逃げられない。

だから、子どものうちから慣れよう、慣れなくてはいけないと考えてきたのはもっともだと思います。

しかし、通えないだけで、他のたくさんの学ぶことが出来なくなってしまうくらいなら、

通わなくてよい、無理に集まらなくてよい、こういう学校が義務教育期間のうちからふつうに選べるようになったらいいなと思います。または、今ある学校でも毎日来る必要はなくなるとか。

きっと遠くない未来にそうなると思います。

在宅勤務制度を採用する企業もは多くなってきていますしね。

(チャーリー)

 

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。