発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の青年が大好きな場所を家族が守る

time 2017/05/05

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の青年が大好きな場所を家族が守る

数年に渡って、ヘクター・ズニガは米テキサス州ミッションにあるレンタルビデオ店に、毎週家族と一緒に通っていました。
発達障害をかかえる20歳のヘクターは、週に2回も、3回も来ることもありました。
本当にここに来るのが大好きです。
そのため、両親はレンタルビデオ店が4月に閉店になると聞かされて、とても悲しく困ることとなりました。
ヘクターの19歳の弟、ジャビエは言います。
「兄はレンタルビデオ店が大好きでした。行くのが本当に大好きな場所でした。」
ヘクターは話をすることはできませんが、感情を伝えることはできます。
しかし、パニックを起こしてしまうことがあります。
b1 発達障害の青年が大好きな場所を家族が守る
ヘクターがレンタルビデオ店がなくなってしまっても大丈夫なように、家族は行動を起こすことを決めました。
たくさんのお気に入りのDVDを注文しました。
レンタルビデオ店からは、黄色のロゴが入った青色の棚も購入して、家の本棚の隣に置きました。
棚の中には、映画とテレビがセットされています。
「兄がお店が閉店したことを理解するのは難しいと思ったので、家族でこうして作ったんです。」
レンタルビデオ店が閉まる日に、ヘクターはお店にさよならを言いに行きました。
そして、家の中にできたレンタルビデオ店で好きな映画を探しました。
b2 発達障害の青年が大好きな場所を家族が守る
「兄は驚いていました。そして手をたたいて笑って喜んでいました。本当に幸せそうでした。」
ヘクターがもうレンタルビデオ店にいけないことを理解するためには、まだ困難な日も続くはずですが、家の中にできた小さなレンタルビデオ店が助けてくれるはずだと弟のジャビエは言います。
「兄は驚いたり、楽しんだりして見ています。」
(出典・画像:米CBS
発達障害の青年の方だけでなく、家族全員うれしかったはずです。
お店と同じ棚を買って、家に設置して、DVDを並べて。
そんな作業からとても楽しかっただろうと、勝手に思ってしまいます。
そして、その結果とても喜んでくれたのですから。
私もうれしくなってしまいました。
 
こちらは毎朝見かけていた方が、応援しました。
発達障害のエアギタリストに本物が贈られる

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。