発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

睡眠時間の少なさと発達障害の程度との関係

time 2017/05/10

睡眠時間の少なさと発達障害の程度との関係

発達障害の症状が重いほど、睡眠時間が短くなることが2700人以上の子どもを対象にした研究でわかりました。

十分でない睡眠は子どもが友だちを作ることに大きな影響を与えそうです。

Autism Researchに掲載された研究論文では、睡眠に関わる問題で、発達障害に関わる問題も悪くなることを証拠をもって示されています。

米テネシー州ナッシュビルのバンデルブルト大学メディカルセンターの睡眠研究のディレクター、ベス・マローは次のように語っています。

「子どもたちはよく眠れないと、日中の行動に影響を与えることがあります。
パニックを起こすことが多くなったりします。」

研究によれば、睡眠障害は発達障害の子が共通してかかえるものであり、社会的な困難、コミュニケーション障害、常同行動に関連していることが示されています。

この新しい研究は、発達障害の子の睡眠が少なすぎる場合の影響についてもっとも研究したものといえます。

睡眠不足と発達障害の症状の程度、「睡眠量と症状」の関係において、多くのことが確認できました。

この研究は、睡眠時間と発達障害との関係を理解するための「良い第一歩」だと、米カリフォルニア州スタンフォード大学の精神医学と行動科学の准教授のフィリップ・モーレンが言います。
そして、長い睡眠が必ずしも良いことであるとは限らないことに注意もしています。

睡眠時間の少なさと発達障害の程度との関係 s2-1

今回の新しい研究でマローは、発達障害の子とその家族の医療、及び遺伝情報のデータベースであるサイモン・シンプレックス・コレクションのデータを分析しました。
このデータベースには、発達障害の重症度、知能、および平均睡眠期間に関する情報について、保護者から伝えられたものが含まれています。

マローの研究チームでは、昨年の研究で、発達障害の子の親からの睡眠についての報告は、医療機器で正確に測った睡眠の結果と同じであり、信頼性の高いものであることを示しています。

今回の研究の対象となった子どもたちの平均睡眠時間は9時間15分でした。

短い睡眠時間は、まわりとのやりとり、コミュニケーションでの問題、常同行動など症状の重さとの関連がみられました。そして、IQの低さとの関係も確認されました。

睡眠不足がもっとも影響を与える、発達障害の子の特徴は、他の子どもとのやりとりにかかえる困難でした。

睡眠不足は、発達障害でない子どもたちの友だちとの関係にも影響を与える可能性があります。
2013年の研究では、他の子どもとのやりとりが困難な子どもたちは、眠れていないことが示されています。

今回の研究では、夜の睡眠時間が7時間以下の子どもたちと11時間以上眠る子どもたちのと比較もされています。
睡眠時間が多い子どもに比べて、少ない子どもは、まわりとのやりとりの困難、常同行動がより重く、IQのスコアも低いことがわかりました。

そして、長く眠る子どもに比べて、睡眠が少ない子どもは、注意欠陥多動性障害、うつ病性障害または強迫性障害をもつ可能性も高くなっています。

睡眠時間の少なさと発達障害の程度との関係 s1

「すべての発達障害で、睡眠の問題が深刻なのは間違いのないことです。」
そう、カリフォルニア大学のモーレンは言います。

「睡眠の問題をコントロールすることができれば、行動や認知能力を向上させることができます。」

睡眠の問題が起きるのは、発達障害のためであるのかは依然として不明です。
ある行動やある種の物質が、子どもたちの眠るのを妨げている可能性があると、研究者たちは伝えています。

遺伝学的な研究も行われています。
発達障害の人たちは、睡眠や覚醒のサイクルを調節する遺伝子に変異が起こっている可能性が高くあります。
特に、睡眠にとって重要なホルモンであるメラトニンの生成に関わるところについてです。
睡眠障害と発達障害の両方に共通する可能性がある、遺伝的要因についての研究もさらに行われる予定です。

(出典:米SPECTRUM)(画像:Pixabay

うちの子どもも小さな頃から、本当に眠りません。

眠っても、長い時間ではありません。

午前3時くらいに寝て、朝7時に起きて学校に行く。よくあるパターンです。

学校がない日は、夕方から朝まで寝たり、明るくなってから寝て、昼ころに起きるということもあります。

ずっと心配な気持ちはあるのですが、自分の体がもたなくなってしまうので、自分はかまわずに寝ることにしています。

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。