発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

特別支援学校等で進められるレゴによる療育

time 2017/07/05

特別支援学校等で進められるレゴによる療育

イギリスのトーベイ郡の教職員たちは、レゴを療育に活用し、生徒たちに効果が現れてきています。

英スーパーマーケットチェーンのセインズベリーが、レゴの寄付やその他の費用の負担も行い、トーベイ郡の発達障害フレンドリースクールプロジェクトを通じて、発達障害の子どもたちの未来を支援しています。

トーベイ郡の27の小、中、特別支援学校で、レゴを使った療育を行います。

先生たちは、レゴによって自閉症スペクトラムの人たちが、他の人とのやりとりを行うようになり、人との関係ができることを学んできました。

「LEGOはみんな大好きです。
これまでの研究では、LEGOを使った、きちんと考えられたグループ活動によって、まわりの人とのやりとり、
人間関係の構築、言語能力について、特別支援を必要とする子どもたちにプラスの影響があることがわかっています。」

発達障害の子どもに対しては、特に効果的です。

特別支援学校等で進められるレゴによる療育 l1

特別支援学校で、先生を支援してきたメリー・ブルトンは、レゴによる療育によって、子どもたちに喜びと大きな結果を現れるのを支援してきました。

「私たちがサポートを行うことで、先生たちは自閉症スペクトラムの人たちが直面している問題をより深く理解し、生徒たちがうまくいくようになるために必要な支援ができています。
レゴによる療育はとても楽しいものです。
子どもたちも、それを楽しむことで成功しています。」

「レゴを手にしているときだけではありません。
多くの場面において、子どもたちのコミュニケーションが大きく改善されています。
子どもたちは、いっしょに遊んだり、学習をしている時間に、他の人とのやりとりを行うようになりました。
親たちからも、家にいる間もこれまでと違ってきたと、肯定的なコメントも頂いています。」

「レゴによる療育は、私たちの学校ではとても喜ばれています。
子どもたちは、大きな自信を持つこともできました。そしてそれを、家族や友だちと共有することができています。」

特別支援学校等で進められるレゴによる療育 l3

スーパーマーケットのセインズベリー社のエマ・スコットたちは学校を訪れて、こう述べています。

「この地域の人たちに役立ちたいと考えています。
私たちは、この取り組みを支援できることをうれしく思っています。
LEGOを楽しんでいる子どもたちを見ていると、それだけの価値があったと認識できます。
寄付金がこのように利用されているのは、本当に素晴らしいことです。」

(出典・画像:英devonlive.com

レゴ、そしてマインクラフトにも共通すると思いますが、作ることを通じて、人に伝えたり、一緒にできたりすることがいいのでしょうね。無理をして、目を合わせたり、言葉がなくてもかまいませんし。

うちの子どもは、レゴも難しいです。

ですが、何かとテーブルに並べ始めるので、いっしょになって並べたり、配置を変えたりしているだけで、一緒に何かしている気分になって楽しくなります。

 

マインクラフトで発達障害の息子は変わった

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。