発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害青年は得意なことでユーチューバー

time 2017/07/08

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害青年は得意なことでユーチューバー

ジェリー・バッカーは、発達障害のために就職していません。
しかし、信じられないほどジェリーが一生懸命に取り組んでいることがあります。
多くの時間を費やしてYoutubeに投稿する動画を作っています。
ジェリーが作成する、ビー玉の動画は本当に面白いものです。
最新のシリーズ、「ビー玉リンピックス」も例外ではありません。
ジェリーは、ビー玉リンピックスで細かなところも作り込んでいます。
大騒ぎしているビー玉によって表現された人々、オリンピックのようなロゴ、そしてジェリーの友人による実況で、それは素晴らしいものです。

ジェリーが動画を投稿すると、約20万人のユーザがYoutubeのチャンネル登録を行い、合計視聴回数は7200万回を超えています。
ビー玉リンピックスは、リレー競走、走り幅跳びなどの一連の競技を行う、16の参加チームでの闘いです。
開会式もきちんとあります。
m1 発達障害青年は得意なことでユーチューバー
「ビー玉で、ビー玉による競技を作るのは、私に最大の趣味です。
趣味は他にもあって、プールで泳いだり、ウォータースライダーで遊ぶこと、
ビー玉の動画を作るのに参考にもなる、ヨーロッパ各地への旅行です。」
ジェリーはそう言います。
ビー玉リンピックスの動画のパソコンでの編集作業には3日間かかりました。
先週は3つの動画を投稿しました。これから、まだ一ヶ月それが続きます。
「ビー玉リンピックスのシリーズは、8月中で終える予定ですが、
これからもビー玉の動画を作り続けていきます。」
(出典・画像:英THE IRISH NEWS
すでに立派なYoutuberじゃないですか。子どもたちに人気の憧れの職業ですね。
人気Youtuberとなれば、大人もうらやむ存在です。
動画はビー玉を単に人に置き換えているのではなくて、ビー玉だからこそできるものになっていますね。
その才能とスキルを活かして、このまま頑張って頂きたいです。
 
怖かったのにチャレンジして、すっかりユーチューバーになった人もいます。
発達障害の子がジェットコースターで変わる

(チャーリー)

 

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「生きててよかった、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。