発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の少年の母のお願いに応えた警察

time 2017/08/03

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の少年の母のお願いに応えた警察

ケリー・ゼトラーの11歳の息子のカルビンはパトカーが大好きです。

母親のケリーが車で警察署の前を通ると、カルビンはたびたび、中に入ってパトカーを見たいと言いました。
カルビンは車は大好きですが、特にパトカーのパトランプに惹かれています。

ケリーはSNSで質問してみました。

「私の11歳の発達障害の息子と一緒にパトカーで写真を撮らせてくれるような警察の方に心当たりがある方はいらっしゃいませんか?」

数時間のうちに反応がありました。

その投稿を見て、発達障害の子どものためにティナ・バーネルはすぐに行動しました。

「特別な支援が必要な子どもを育てることがどれだけたいへんなことか私は知っていました。
なので、喜んでもらえることができるのであれば、是非したいと思いました。」

そうバーネルは言います。

「ちょっとしたことでも、彼にとっては大きなことのはずですから。」

バーネルは、カルビンと弟のスカイラがぬいぐるみをもってパトカーにちょっと乗せてくれる警察官を見つけることができました。

 

発達障害の少年の母のお願いに応えた警察 p2-1024x768

「息子のカルビンは発達障害のために、あまり話すことができません。」

驚くカルビンの反応について母親のケリーはこう語ります。

「警察官の方はぬいぐるみと一緒にずっと付き合ってくれました。」

警察官のスカイラ・グローデックはパトカーを子どもたちに見せて、パトライトを点灯し、無線で交信を行いました。

警察官のグローデックはこう言います。

「私たち警察の目標は、地域社会の人たちを常に助け、奉仕することです。
ますます難しい仕事が多くなってきていますが、私たちが努力をしなければならないことです。
私たちの存在理由です。

誰かの人生にプラスになるように活動をします。」

母親のケリーは感謝しています。

「本当に感謝しています。
警察官の方がしなければならないことではありません。

しかし、こうして子どもにつきあってくれたのです。」

発達障害の少年の母のお願いに応えた警察 p3-1024x768

(出典・画像:米courier-journal

パトカーだけでなくて、警察官の方もきっと好きになったはずです。

こういった活動をしてくださる方々には感謝です。

 

捜査官は怖がった発達障害の子の友になった

(チャーリー)

 

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ