発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の息子の得意を仕事に。両親が開店

time 2017/09/01

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の息子の得意を仕事に。両親が開店

スコット・フリンは自分の趣味にあった仕事に就くことができました。
少年時代は、レゴのセットでキャラクターを使って闘っている場面をたくさん作りました。
何時間も。
しかし、数千の小さなレゴのキャラクターについて詳しくても、それが仕事につながるチャンスは長い間ありませんでした。
「スコットはすごい記憶力を持っています。
うまくそれを言い表せないのですが、それを見たら、それは驚きますよ。」
そうスコットのおじのマーク・フリンが言います。
l2-1-1024x768 発達障害の息子の得意を仕事に。両親が開店 l5-1024x768 発達障害の息子の得意を仕事に。両親が開店
スコットは22歳。2年前に発達障害と診断を受けました。
診断後は療育センターで、作業プログラムなどを修了しました。そして、仕事を見つけることができるか心配していました。
スコットの両親は、ベンチャー企業のBricks&Minifigsを見つけ、フランチャイズでお店を出しました。
スコットはこれから、ここで仕事をして、長年の夢をかなえます。
「僕は仕事ができるとは思っていませんでした。
それなのに、できるようになったんです。それはすごい驚きでした。
もう、仕事を探す心配をしなくていいんです。」
父親のボブ・フリンはこのお店を開くために早期退職をしました。
このお店は、レゴのファンが集い、レゴのフィギュアの買取や販売をする店です。
「息子のスコットの人生のためにお店を開きました。
息子の社会的なスキル、自信を高めるためにです。
息子は成長していきます。」
l3-1024x768 発達障害の息子の得意を仕事に。両親が開店
多くの人はそれほど、仕事をする場所で受ける感覚に注意をする必要はありませんが、
スコットにとって、感覚への配慮は必要不可欠なことです。
発達障害の人の中には、雑音や照明、そして遠くはなれたところからの酢、にんにく、たまねぎのにおいなどにもとても敏感な人がいます。
「それらは、ミミズがいっぱいのバケツの中に手をつっこめと言っているようなものです。」
そう、スコットの母親のパティーが言います。
スコットが言います。
「レゴには、においがありません。だからいいんです。」
「こんなものに時間やお金をかけるなんて。そう言う人がいました。」
母親のパティーは、耳を貸さずに息子を応援してきました。
「レゴは、考える力、感情、創造力、すべてに良いのです。
そう信じて、希望をもってつきあってきました。」
そうして、スコットはたくさんのレゴの箱を並べて、たくさんの製品知識を身につけて、そして遠く離れた米国空軍医師のチャールズ・トンプソンとも友だちになっています。
トンプソンは、スコットのことを静かで繊細。そしてびっくりするようなユーモアも持っていると語ります。
「そして、我慢強い。私に忍耐力が人生の鍵となることを教えてくれています。」
l4-1024x768 発達障害の息子の得意を仕事に。両親が開店
(出典・画像:米EAST BAY TIMES
とても簡単なことではありませんが、ここまで実行したご両親の気持ち、決断よくわかります。
長く続いて、息子さんもどんどん成長して頂きたいと願います。
発達障害の息子だけでない働ける機会を創る

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「寝てくれ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。