発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害少年は毛糸を編んで母の誇りになる

time 2017/10/15

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害少年は毛糸を編んで母の誇りになる

米テキサス州が行っている博覧会には、多くの人を楽しませる数百もの展示物があります。
そのなかでとりわけ印象的なのは、編んで作られたブランケットです。
そのブランケットは、中学生のカーソン・スキッドモアが製作しました。

カーソンは発達障害です。
発達障害と診断をされて、母親のダスティには世界が終わったように感じたといいます。
「息子はもう楽しい人生を送ることができないと思いました。」
涙を流して語ります。
息子の将来はどうなってしまうのか、何も考えることができなくなってしまったそうです。
「それについて考え、答えるのは、難しいことでした。」
しかし、息子のカーソンが楽しい人生を送れることを教えてくれました。

「これは、1970年製のフォードマスタングです。」
好きな車を説明してくれました。
カーソンは、実際に車の中を点検したりします。将来はメカニックエンジニアになりたいと考えています。
そして、そのほかにもできることがあります。

学校の先生から教わると、カーソンは編み物に夢中になってしまいました。
クリスマスが近づくと、もうそれだけをしています。
学校で、自分の作品の販売も行っています。
「ずいぶん稼いでくれるんですよ。」
母親のダスティが言います。
そして、もっとすごいことは、テキサス州の展覧会にカーソンが作ったブランケットが展示されたことです。
障害のあるなしの区別なく、テキサス州中の子どもたちでのコンテンストの中で受賞したのです。

「有名人になった気がします!」
カーソンが大声で言います。
人生の中で、受賞できる機会はなかなかないことです。
今、母親のダスティは涙を流しながらこう語りました。
「今、息子は本当に私の誇りです。本当に。」
(出典・画像:米WFAA8

大好きなものがあって、それで受賞したなんて本当に、家族全員うれしいはずです。
うちの子どもも学校での行事があるたびに、紙でできたメダルをもらってきますが、そんなものでも本当にうれしく思います。
捨てられません。
自閉症デザイナーが伝える真に取り組める力

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。