発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の息子を私は外の世界に連れていく

time 2017/10/24

この記事は約 4 分で読めます。

発達障害の息子を私は外の世界に連れていく

発達障害の息子を再び世界に連れ出します。
楽だからといって自宅に閉じこもっているのを、もうやめました。
9歳のジョバンニは、2015年に自閉症スペクトラムと診断されています。
それまで私は、発達障害について知っていませんでした。
ジョバンニは、一人で遊ぶのが大好きです。
ジョバンニは、サンドイッチの三角形が大好きです。
ジョバンニはテレビばかり見ています。
ジョバンニの他にも、幼い子どもを抱えていたので、難しいと言い訳をして外にでることをせずに家にずっといました。
実際に、ジョバンニを世話することはとても難しいことでした。
ジョバンニはいつも走り回っていました。
私はわかっていませんでした。ただ、走り回るのが好きなんだと思っていました。
実際には、ジョバンニはまわりの状況に耐えられなくて、逃げていたんです。
ジョバンニは感覚に問題を抱えていたのです。
まぶしすぎる光、騒がしい音、一度にたくさん入ってくる情報、それらから逃げていたのです。
発達障害と診断をされてから、私は発達障害について学びました。
そして、家の中でも、外でもジョバンニを助けられる方法を知りました。
家の中で過ごすことは難しくありませんでした。
これまでの2年間、他の子どもたちが参加する活動に、ほとんど参加させていませんでした。
息子は行きたくないのではありません、困難なのです。
私は、息子を守る必要があると考えていました。
なので、私は息子が安心していられるように家に残して、他の子どもたちを連れて参加していました。
それは、今はとても後悔していることです。
家族全員でも出かけることはありました。
どんなところに行っても、息子は泥だらけになっていました。
私は、最近今まで息子にしていたことが正しくないと思うようになりました。

そして、私は変わりました。私の息子も変わりました。
数年もの長い間、世界から孤立していましたが、今はたくさんの人たちと出会い、交流をしています。
人だけではありません。動物、そして世界と。
息子は、家に来る人に挨拶ができるようになりました。
息子は、友だちとペットの話をしています。
息子は、これからしたいことを話してくれました。
もう息子には準備ができました。
今度は、私が息子を世界に連れて行きます。これから、息子がなりたいようになる方法を教えます。
教えるのが必要なのは、世界が息子を理解できていないからです。
家の中では、もう息子は自分らしく生きています。
家の外の世界では、これから息子は自分が配慮される必要があることを学んでいく必要がありますが、息子にはできるはずです。
それは、発達障害の子どもたちが大きく成長し、世界へ飛び立つことに人生を捧げてきた、家族と知り合うことができたからです。その家族たちは買い物に出かけたり、旅行したり、映画を観たり、楽しんでいます。
私は、息子のジョバンニを再び海辺に連れて行きたいと考えました。
小さかった頃は、水に足をつけることができました。
大きくなってからは、砂の感触さえ我慢できない状況でした。
私は悲しくなって、あきらめていました。

しかし、オーストラリアのシドニー、ボンダイビーチで発達障害の子ども向けのイベントをオーシャン・ヒーローズが行っていることを知りました。
オーシャン・ヒーローズはサーフィンで、発達障害の人の生活を向上することを目的に地元のサーファーが設立した慈善団体です。
オーシャン・ヒーローズのサーファーたちは、私の息子の砂への恐怖をなくしてくれそうでした。
「サーフィンを拒む子どもたちもいます。めずらしくありません。
私たちは時間をかけて、少しずつ、ゆっくりと慣れるようにしていきます。
ウェットスーツ、ライフジャケット、ボードのに触れるようになることからです。」
そう、オーシャン・ヒーローズのルーク・ホールマンは言いました。
「そうして子どもたちが慣れてきて、水に飛び込み、大好きになっていくのを見てきました。
最初の回では海に入ることさえできなかったのに、次の回にはもうサーフィンをしている子もいます。」
出来ないと思っていた発達障害の子どもがサーフィンが出来たのを見て、親たちは喜んでいるといいます。
「子どもたちが、サーフィンをするとリラックスができてストレスが減ったり、新しいことができると自信がついたと親たちから聞きます。
親も、出来ないと思っていた自分の子どもが出来たことを見て、本当にうれしいと言っています。」

私は最近、息子のジョバンニをロッククライミングができる所へ連れていきました。行きたがっていたのです。
そこに着くと、息子は恐怖を感じてしまってしばらくの間、床に座り込んで泣き出してしまいました。
挑戦しようとしたのですが、無理で私たちはすぐに出ていきました。
しかし、次の日にまた行きたいというので、私は連れていきました。
重要なのは、私と息子で何でも挑戦してみることなんです。
今、自転車に乗る練習もしています。
子どもたちを世界に連れ出すこと以上に大事なことが親にあるでしょうか?
私は、息子を世界に連れ出すことが出来て、とても幸せに思っています。
(出典・画像:豪9Honey

簡単ではないこともありますが、一緒に外に出かけましょう。
嫌になってしまうこともありますが、楽しくなることもあります、思い出になります。
発達障害の子どもたちと一緒にサーフィン

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。