発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の双子の少年はお互いを尊重して、バンドと人生を楽しむ

time 2017/11/26

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の双子の少年はお互いを尊重して、バンドと人生を楽しむ

ディーンとマインディ・ヘイン夫妻はこれまでに数十人の子どもを育てています。
18年前、発達障害の双子の赤ちゃんマイケルとコーディーの親となりました。
今二人はセンタービル高校に通っています。
「私たちはマイケルとコーディーを養子にしました。
ふたりが私たちを必要として、私たちもふたりが必要だったからです。」
高校生のマーチング・バンドのコンクールを行っている団体、バンド・オブ・アメリカはYoutubeでマイケルとコーディーを紹介しています。
t3-1 発達障害の双子の少年はお互いを尊重して、バンドと人生を楽しむ t6 発達障害の双子の少年はお互いを尊重して、バンドと人生を楽しむ
センタービル高校のマーチング・バンドの監督、ブランドン・バロメッティは、音楽がマイケルとコーディーの自分自身を伝えることに役立っていると言います。
「ふたりはバンドとダンスを通じて、伝えているのです。」
ブランドンは最初はふたりのことを心配していましたが、自然とそうなっていったそうです。
ヘイン夫妻はマイケルとコーディーが中学校で楽器に触れるまで、バンドをすることなど考えたこともありませんでした。
t9 発達障害の双子の少年はお互いを尊重して、バンドと人生を楽しむ
「バンドに参加するようになっておどろきました。
他の生徒たちも、ふたりを受け入れてくれています。
ふたりは人生を楽しんでいます。
ふたりはお互いを尊重し、そしてバンドが大好きです。」
ふたりはマーチング・バンドだけでなくジャズバンドにも参加しています。
マイケルはパーカッションを演奏し、コーディーはサクソフォンを演奏します。
t10 発達障害の双子の少年はお互いを尊重して、バンドと人生を楽しむ t1-1 発達障害の双子の少年はお互いを尊重して、バンドと人生を楽しむ
音楽に加えて、マイケルは手話を学び最近はサッカーの試合で手話で説明を行う機会がありました。
コーディーはダンスが大好きです。
昨年は高校の才能コンテストで、ダンスで優勝しました。
父親のディーンはこう語ります。
「マイケルとコーディーは多くの人を元気づけています。
ふたりの今を見ると、みんなが明るくなります。
私たちは、人の前に立って何かを行うことの重要性とそのために必要となることが日常生活にもよい影響をもたらすことを知りました。
ふたりがお互いを支え合う感情は、家族の重要性を思い知らせてくれます。
ふたりのことが大好きです。
ふたりには困難もありますが、素晴らしいこともたくさんあります。」
t8 発達障害の双子の少年はお互いを尊重して、バンドと人生を楽しむ
(出典:米my Dayton Daily News)(画像:Youtube
発達障害と呼ばれるものがあっても、そんなことを忘れさせてしまうほどこんなに仲良く、そして活躍をされている姿を見ると本当にうれしく思いますし元気になります。
笑顔っていいですよね。
発達障害とそうでない兄妹のそれぞれの心配

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「雨の日でもうれしいのよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。